20170408_155821


こうじ集中クラスは、同じ素材を使用しておりますが、
都度、展開する内容がことごとく変わるので、
いつも新鮮に驚いています。

今回は、3/13開催のこうじクラスで発生した「青カビ」について、まとめました。

このクラスでは、
「青かびとこうじ菌」の関係性が話題に上りました。
自然採集をしていますと、青カビとこうじ菌のセットをつがいの様に見かけます。
「なぜなんだろうね~?」程度で話は終わりました。

いつも通りに、稲玉から種麹をおこし、お配りしたところ、
後日、数名の方から「青カビ湧きました」との報告が。

灰を追加したり、取り除いていただいたり、手を尽くしました。
様々なプロセスを経て、
何もせずそのまま放っておけば、こうじ菌優勢になることがわかりました。
(環境からの影響がありますので、例外はあります)

青カビがその他の菌の侵入を防ぎ、
こうじ菌の成長を助けているのでは?と、思いました。
そう思うくらい、遷移は季節の移り変わりの様にみごとでした。

その後2回ほど、こうじ集中クラスがありましたが、
種こうじ起こしの手法を変えたこともあり、発生はありませんでした。
旧来のやり方でやられた方々も問題ありませんでした。

はじめての青カビ発生でしたが、深く、学びがありました。


(*^-^*)
こうじ菌の自然採集 台所やお庭から天然のこうじ菌を集める
ゆたかな食堂
http://www.yutakana.tokyo/

(自然採集こうじ菌を使用した麹の食用は、 各自のご判断でお願い致します) (本文の、無断引用・転載はご遠慮ください)