もうすぐ4月になります。

4月になれば、学校も新体制になり、私たちが関心を寄せている部活動の顧問についての動きもいろいろとあることでしょう。

しかし、部活動の強制問題について考えると同時に考えねばならないことがあります。

それはPTAの強制加入問題。

部活動の顧問は任意で行われるはずなのに、「みんなやっているから」という理由で全員顧問制という理不尽な制度があるように、PTAの加入・役員決めもそれと同じ性質をもっていて、任意であるはずなのに家庭の事情に関係なく「みんながやっているから」という理由で、押し付けられたり、やむなく引き受けたりしている実態があることはご存知でしょうか。

大前提として、PTAの加入は任意なんです。加入するかどうかの選択だってあるはずなんです。


でも、実際のところは多くの学校では子供の入学と同時に保護者は自動的に加入されており、自動的に役員決めに参加させられて、運が悪ければ役員にまでなってしまうという事態が起こってしまう。

実際に私が勤めている学校も、前任校もそうでした。

入学式が終わり、体育館に保護者だけが集められて、クラスごとに役員を選出する。

「誰かやってもらえませんかね・・・?」

好きでやってくれる人がいればいいのですが、そうでなければ体育館の中で重たい空気が流れ、ひたすら我慢比べのような状態。そしてその空気に耐えきれなくなった人が、しぶしぶ「やります・・・」といって何とか決まる。決して珍しくない景色だと思います。


現在、これに対して、日本の各地で強制加入はおかしい!という声があがるようになり、ネット上では議論にもなっていたり、裁判も起こっています。

正直なところ、私も部活動の問題について関心を持つまではPTAの強制加入が問題になっているとは知りませんでした。それどころか、PTAの加入が任意であることさえも知りませんでした。

だから、新任の頃は自分がPTAの一員として加入していることさえも知らなかったし、PTAの年会費を払うように言われた時は「何で!?」と思いましたが、「仕方ないから払っておくか・・・」という程度で済ませていました。


教員の立場からしてみると、PTAというのは昔からあったものなので自分の勤務校にもあることは当たり前だと思っていると思います。そして、PTAは何かしらの学校行事に関わり、地域の活動に関わり、式典で祝辞を述べるのことも当たり前だと思っていると思います。

しかし、違うんですよね。任意なんですから当たり前じゃいけないんです。

教員がPTAの活動を当たり前だと思うことは、保護者が部活動の顧問をやることは当たり前だと思うことと同等だと思います。

だから、部活動の顧問が当たり前のように、強制的に課せられるようになってしまったことを訴えている私たちが、PTAの強制加入は自分たちに関係のないこととしてしまうのは無責任なことだと感じます。


部活動のあり方も、PTAのあり方も、昔からあった流れを考えなく踏襲しつづけた結果こんな状態になってしまいました。

そして、多くの人たちが部活動やPTAがどういった位置づけであるかも知らないまま、自分を犠牲にしながら仕方なく活動を続けています。

この状態を改善するためには、たくさんの人たちが知ること、関心を持つことが大切だと思います。

そして、教員や保護者など、学校に関わるすべての人たちが、正しい知識をもって正しく運営されるべきだと思います。

さらにいうならば、この問題を解決するためには保護者と教員の協力が必要だと思います。

部活動とPTAに深く関連のある両者が手を組んで、お互いの問題(特に任意であるのに強制される点)を訴えていくべきだと思います。


保護者のみなさん、どうでしょう、一緒に声をあげていきませんか?学校のおかしなところ、変えましょう!



★参考リンク  一部紹介ですが、ぜひ一度ご覧ください↓

PTAはガラパゴス!

PTA強制加入をストップする会

あるべき姿を求め『熊本市の強制加入PTA裁判を応援する会』


PTAは任意であることの徹底周知とPTAへの入会申込書の義務付け(change.org)



★Twitterでも議論になっています↓