共同通信杯予想、戸崎圭太

過去5年の勝ち馬ディーマジェスティ、イスラボニータ、ゴールドシップが皐月賞制覇、さらにリアルスティールも皐月賞2着。皐月賞へ向け、最重要ステップレースです。

レース上がり3F33秒台だった3年前より以前と違い、ここ2年のレース上がり3Fは34.5と35.6(やや重)。勝ち馬の上がりも以前より掛かっています。1800(D)の上がり3F11秒台が続くタフなレースラップが、超高速馬場の上位上がりが勝つ近年の皐月賞に合っているのでしょう。

今年は上位人気3頭が強いと見ます。◎本命はムーヴザワールド。

ディーププリランテ、リアルスティール、ワールドエースといったサンデーレーシングの素質馬は阪神1800m新馬を勝つとクラシックに乗る傾向にあります。ムーヴザワールドはディーププリランテと同じ、阪神1800m新馬→東京スポーツ杯2歳Sからのローテーション。

東京1800mでもDコースなら、加速の遅れは気にならない。あとは今年全く上位人気で勝てない戸崎圭太がポイントかなと。

他は順当に○スワーヴリチャード。

エアウィンザーは京都2000mを中心としたローテーション。軽い馬場の瞬発力戦というイメージで、◎○より適正落ちると予想します。

馬券は◎単勝、◎○馬連予定。

- - -

戸崎圭太が上位人気で全く勝てていません。先週までで単勝1番人気37戦3勝、2番人気25戦3勝、3番人気14戦3勝。4番人気以下未勝利です。

戸崎の一番の長所はレースマネジメントだと思っていますが、昨年のリーディングは目一杯長所が活かされた形です。戸崎が関西で見られる直線どん詰まりも殆どないのは、それだけ他の関東騎手が甘いから。

ただ、187勝されると他の騎手も考える部分があったのか・・今年はスタート直後厳し目に寄せたり、4コーナー&直線でも寄せが違う印象です。現状はルメール&デムーロ&外国人トップがいない限り、関東の一番手はダントツで戸崎。藤田菜七子は未だに今年単勝1〜3番人気に乗れていません。

昨年と違い、他の関東騎手が抵抗しているので、昨年のように関東1位戸崎と2位内田&3位田辺との差が100勝つくことはなさそうです。100勝差はやりすぎですよね・・・(^_^;)

東京新聞杯予想

2017年の武豊、絶好調ですね。サンデーレーシング、キャロットファームなどの一口馬主では乗れないものの、生産者ノーザンファームで4戦3勝(先週まで)。リーディングは厳しいと思いますが、2010年以降最高の数字を残せる勢いです。

その武豊が東京新聞杯で乗るエアスピネル。瞬発力決着が続く東京新聞杯・・上がり上位の瞬発力決着に実績がないので、1番人気でも厳しそうです。

東京新聞杯は良馬場とやや重・重馬場で傾向が全く違います。良馬場では高速上がりから先行勢が押し切り、やや重以下なら上がり上位の追い込み。走破タイム&馬場状態などバラツキはありますが、良馬場瞬発力馬場で上がり3Fすべて11秒台なら先行勢押し切れます。

明日の予報は午後から雨。タイミングと雨量によりますが、良馬場前提で◎ヤングマンパワー。

今後の安田記念、マイラーズカップ、京王杯スプリングカップは全く適正なさそう。想像するに、今回の勝負気配は高いかなと。昨年秋、富士Sの力量差があれば押し切れると予想します。


馬券は◎単勝。


- - -


今日は日本選手権カーリング女子を見ていました。
小笠原歩選手のファンなので、北海道銀行の負けに落胆・・(^_^;)
ファン歴はトリノ五輪から・・試合中の雰囲気、眼力、終盤の勝負強さ。戦う姿がとても好きです。

ただ、今回はLS北見と中部電力の試合内容が1枚上だったと思います。この2チームに対しては終始先行される展開でしたし、想像以上に強かった。五輪へ繋がる大一番LS北見 vs 中部電力と、男子決勝のSC軽井沢クラブ vs 札幌はテレビ観戦します。

女子はLS北見の試合運びが一枚抜けているかなと。男子は札幌の戦術的志向がハマれば逆転ありそうです。
Myblog List
Archives