中京記念 予想

新設4年間、特殊ぶりが目立つ重賞です。

2012年と13年の勝ち馬フラガラッハはその後全く重賞で勝負できず、このレースだけが馬券内。その後もミッキードリーム、サダムパテック、スマートオリオン、アルマディヴァン・・・とにかくこのレースだけしか走らない馬たちばかり。

レース上がり3Fとほとんど変わらない上がりで先行で粘る&差し込む。消耗戦、スタミナ勝負・・確かに他に例を見ないマイル重賞です。昨年1〜3着馬は、その後馬券内に一度も入らずに今年のこのレースを迎えています。

走破時計で例年より1秒近く速い、レース上がり3Fと先行粘りの上がり3Fが同一、上がり最速のアドバンテージが薄いのが土曜日の後半マイル3レース。1〜3月のタフな上がり競馬で好走実績のある馬が好走しています。

例年のように良くわからない部分は薄く、イメージはパワー系です。

◎本命はピークトラム。

阪神Aマイルの超スローペース快勝→阪神Aマイルハイラップ4着→新潟春マイル快勝。タフで力を要する馬場を一貫して選んでいます。新しい厩舎の水が合っているのか、以前とは一変のレースぶり。小牧太も仕掛けどころ自信あり、というレース内容です。

例年通りなら★マイネルアウラートなのですが、、、今年の速い馬場を考慮すると◎ピークトラム主軸です。いきなり馬場が変化すれば★マイネルアウラートから行きます。

馬券は◎単複一本予定です。


◎ピークトラム
★マイネルアウラート

函館記念 感想

これだけ荒れて、人気薄2〜4着すべてノーザンファーム。

先週までの今年の芝オープンと重賞98レース中、ノーザンファームが44勝2着33回を占めます。ノーザンファーム、社台ファーム、社台コーポレーション白老ファームで58勝と6割です。

これだけ偏ると、自分が競馬記者ならまずノーザンファーム生産馬の上位人気に本命打ちますね。騎手もノーザンファーム生産馬の奪い合いとなってきていますし、ある意味大変な年です。

さて、レース自体は47.7−47.9▼0.2△0.2±0の非上がり戦。立ち回りの上手な馬が上位に来た印象です。昨年七夕賞でうまく立ちまわったマデイラが、当時と同じ16番人気で4着に入ったことからも、上がりが問われないレースだったと思います。

そのため、人気薄で上位に入った馬は次走期待値が低そうです。

◎フェイマスエンドは15着。

休み明けプラス14キロのため、馬券は◯ネオリアリズムから。出負け気味でポジションが後ろだったのが痛く、外々を回った今回の展開では厳しかったと思います。

- - -

書き記し。。

個人的にノーザンファームがどれだけ勝ってもほとんど気にならないです。おそらく、今後2〜3年さらにノーザンファーム含めた社台が重賞を勝ちまくる(全体の生産数が少なくなればなるほど大手が勝つ)と思いますが、そういった理不尽さは気にならない。すべてのレースで社台関連が5割以上勝つことになったら、競馬止めると思いますが。。(^_^;)

今見ているのは競馬、サイクルロードレース(今はツール・ド・フランス!)、その他SUPER GT&スーパーフォーミュラ。ツール・ド・フランスを見ても、リッチー・ポートのカメラバイクとの激突など理不尽極まりない出来事が少なからずありますし、競馬も滅茶苦茶なことが多くある。競馬の場合は自分の知らない暗黙のルールが数多くあり、それを知らないからかもしれません。。
Myblog List
Archives
プロフィール
HN:yutanpo23(ゆたんぽ)

最強馬、その他好きな競馬場など競馬関連のことは、別記事競馬エイトのTM紹介のコーナーにアップしております。

eishinflash_with_uchipakuアットマークyahoo.co.jp