フェブラリーS回顧+予想プロセス。

1着  サンライズバッカス
2着 ◎ブルーコンコルド
3着  ビックグラス

サンライズバッカスは今までステップレースを好走→G1惜敗というレースを繰り返していたので外しました。今日のレースは「ドンピシャ!」という表現がぴったりの会心のレースで、ハイペースからうまく外に持ち出しそのまま差し切った内容は安藤勝騎手の好調さが伝わります。

◎ブルーコンコルドは体重オーバーが影響していたのか、仕掛けミスが響いたのかはよく分からない2着でした。ただ、今日のレース振りを見ていると左回りは1枚割り引いたほうがよさそうです。

○シーキングザベストは伸び切れませんでした。位置取りと仕掛けも問題なく見えましたし、目に見えない疲れがあったのかもしれません。しかし、、乗っていて難しい馬なんだろうなと思います。

▲メイショウバトラーはハイペースの3番手では仕方のない惨敗です。逃げ勢で上位に残った馬はゼロ。それだけ厳しいペースだったと思います。メイショウバトラーは逃げて惨敗したJCダートと今回、前走も出遅れとチグハグなレース振りが目立ちます。それだけに人気落ちの可能性が高い次走に注目します。

★カフェオリンポスは直線でもっとスムーズな競馬が出来れば3着は堅い内容でした。レース振りから復調した印象で、次走も57キロなら力を発揮してくれそうです。

メイショウトウコンは判断の難しい競馬。芝発走か左回りか・・。1番レース後コメントが聞きたい馬です。

週中の本命候補メイショウトウコンを外したのは、前売り単勝オッズが6倍台と人気過剰だったからです。結局8倍丁度に落ち着きましたが、個人的には買いにくいオッズではありました。

1着サンライズバッカス5.9倍も人気過剰だと思いましたが・・。

逆に人気がないと感じたのが◎ブルーコンコルドと★カフェオリンポスで、ブルーコンコルドは1番人気でしたが単勝4倍以上、カフェオリンポスは3桁倍率・・。ブルーコンコルドはプラス8キロと戦績から体重オーバーで馬券は外し、代わりにカフェオリンポスの複勝、○▲とシーキングザベストの3連複を少々買いました。

カフェオリンポスを買ったのは、魅力的なオッズとともに前々走の東京大章典の好走が印象に残っていたからです。前走の平安S惨敗は過去惨敗を繰り返していた斤量58キロでの競馬で参考外。今回は4着でしたが、満足のレース振りでした。