アンタレスSはメンバーのレベルも高く面白いレースだと思いますが、本命予定のワンダーアキュートが出走回避したため日曜日の重賞予想はフローラSにしました。ただ、フローラSの本命予定馬ディアアレトゥーサも出走回避・・・。こちらは○対抗のベストクルーズをスライドで本命にしています。

2009年 2.02.2(48.1-49.0) 12.6-11.6-11.8-12.1-12.5-12.6-12.7-12.1-11.7-12.5
2008年 2.00.5(48.4-47.2) 12.7-11.7-11.7-12.3-12.7-12.2-12.1-11.3-11.3-12.5
2007年 2.00.8(48.4-47.7) 12.7-11.8-11.9-12.0-12.5-12.2-12.2-11.4-11.6-12.5

中間の緩みが無いためレース上がり3Fが遅く、過去5年フローラS上位馬オークス好走したのは最速上がりで勝ったディアデラノビアとベッラレイアだけです。開催が進んだ馬場状態なら別ですが、開幕週を考えると遅いレース上がり3Fとなっています。一昨年4着のメイショウベルーガもそうですが、最速上がりで上位に入った馬はその後活躍する傾向にあるようです。

◎本命はベストクルーズ。

桜花賞のオウケンサクラに対抗を付けたように、フラワーカップは瞬発力レースとして評価しています。

1.50.3(49.6-47.8) 12.3-11.5-12.7-13.1-12.9-12.7-12.1-11.7-11.3

レース上がり3F35.1自体は遅いですが、上がり3F12.1-11.7-11.3と尻上がりに上昇。坂のあるラスト1F11.3をオウケンサクラは叩き出しました。今年の3歳牝馬重賞戦線(桜花賞除く)で一番評価しているレースです。

展開面は有利不利が少なく、あるとすれば馬場のバイアスがインに偏ったくらいでしょうか。有利不利が少ない分、サンテミリオン、ベストクルーズ、ディアアレトゥーサの3頭の差はタイム差通りに少ないはずです。

ベストクルーズは今まで外枠ばかりの競馬。
今回初の内枠でどのような競馬をするか楽しみです。

◎ベストクルーズ
○サンテミリオン
ディアアレトゥーサの本命理由を残しておきます。

- - -

ディアアレトゥーサはフラワーカップと同じようなラップ推移となったミモザ賞をモーニングフェイスとタイム差なしの3着に入り、フラワーカップの6着がフロックではないことを証明しました。フラワーカップの連闘でミモザ賞を使う(勝ってもオークス確定にならない)など、ローテーションの意図は伝わりませんが、絶好枠の今回を狙います。

先行すると最後甘くなるレースが続いているので、控える可能性は高そう。
勝浦騎手の判断に注目しています。

- - -