フランスのエース格、ギュイヨン騎手が先週から乗っていますね。今回の京成杯でもラングレーに騎乗します。睦月賞のトウシンヤマトが典型的で、全体的に仕掛けが早いのが気になる所・・これは他の外国人ジョッキーが日本に来た当時も同じ感想を持ちますが。

さて、京成杯の予想です。

今年に入ってからの芝は馬連ベース(1、2着)で考えると堅い決着が続いています。ダートは先週激荒れが多かったものの、芝は3歳戦以外はペースや距離に関わらず堅い決着です。先週のフェアリーSは2着が人気薄でも、その他掲示板に入った馬はすべて上位人気。

ある程度日によって傾向は違えど、上位馬の道中ポジションも極端な隔たりはないことから、京成杯も堅い決着と予想します。

展開面はホルボッシュとアグネスドリームの主導権争いとなりそう。寒竹賞、ホープフルSともに締まった流れになっており、尚且つ展開不要の形だとすると・・・イメージ的には上がり勝負に対応できる馬。

中心はラングレー。

ハイレベルの新馬戦を勝ち、東京スポーツ杯2歳Sは走破タイムとペースに対応できず(?)4着。同じく対応できなかったサトノアラジンとワンアンドオンリーの次走ラジオNIKKEI杯2歳Sと、2着プレイアンドリアルの朝日杯FSからも、4着は悲観する内容ではないはず。

もしかしたら別格かもしれないラングレーが、単勝6倍台。

馬単1着ベースでも5倍前後なので、シンプルに単勝1本で買います。