中京1800mダートG1として3年目のチャンピオンズカップ。

初年度はスローペースの上がり不要の前残り、2年目は超ハイペースから上がり不要(なだれ込んだだけ)の追い込み。全競馬場通じてもっとも前残りが顕著な競馬場にあって、ペース関係なく上がり不要が一つのキーワードだと思います。

一昨年は前走みやこS(勝ち時計1.50.2)ナムラビクター2着、エルムS(1.41.9)ローマンレジェンド3着、盛岡(1.49.3)サンビスタ4着。昨年は武蔵野S(1.34.7)ノンコノユメ2着、みやこS(1.47.8)ロワジャルダン4着。

サンプル数は少ないながら、超高速決着をステップにした馬たちが好走。過去2年の上がり不要決着とリンクしており、パワー型のコパノリッキーが凡走した要因でしょう。

◎本命はレコード決着武蔵野S2着ゴールドドリーム。

負けた3戦は、地方とレコード決着逃げ切りだけ。
前売り単勝2番人気は売れ過ぎも・・。

相手は中京の鬼○サウンドトゥルー。勝負どころで立ち遅れる欠点が中京では出にくいと予想します。

◎ゴールドドリーム
○サウンドトゥルー

馬券は◎単勝、◎○馬連&ワイド。

'

(22:30追記)

▲コパノリッキー△ノンコノユメ追加します。
馬券は◎単勝、◎→○▲△馬連。