ブログ移転のお知らせ

お久しぶりです。Yutiです。

今回、SPYGEAとYutiのブログは統一されるとの事で

こちらに移転しました。

今後は二人で更新を続けていきますのでよろしくお願いします。

SteelSeries Ikari Laser

  • 秒間サンプル数(SPS): 40,000 SPS (SteelSeries XY2 テクノロジー)
  • 秒間読み取り長(IPS): 50 IPS
  • 1 インチあたりのカウント数 : 1 - 3,200 (1 CPI 毎に変更可能)
  • アクセラレーション : 20 G
  • センサーデータパス : True 16 bit
  • リフトオフディスタンス : 1,8 mm (0,07 inch)
  • ボタン数 : 5 個
  • コード : 2 m / 6.5 ft (耐久性を高めるために布巻きコードを採用)
  • ポーリングレート : 1000 Hz
  • 金メッキ加工 USB コネクター
  • サイズ : 130 x 83 高さ: 36 mm (5,1 x 3,3 x 1,4 in)
  • CPI high/low インディケーター
  • SteelSeries FreeMove テクノロジー
  • SteelSeries ExactSens テクノロジー
  • 大きいマウスソールが摩擦を軽減、快適な滑りを実現
  • ドライバーレス、プラグアンドプレイ対応
  • OS 対応 : Win XP/Vista/Win 2000/Win 98/Win ME/Mac OS


DSC_0140

私は今までIE3.0という左右対称ではないマウスを使っていたのでSteelSeriesで唯一IE3.0に近いIkari laserを使用しようと思いました。

このマウスの最大の特徴は、マウスの形だと思います。
右手で握った時に非常に持ちやすく、フィットします。特に、薬指を置く場所があるのは珍しいですね


大きさは、若干他のマウスに比べ大きいと思います。しかし、私はこの大きさがちょうど良く最高の形です。

横にサイドボタンが二つあります。私は使いませんが、使う方には良いですね。

Ikari Laserはドライバレスで動作し、本体にはビルインメモリーを完備、マウス設定を記憶し、どのPCで使用しても同じ設定を再現できます。


ドライバを入れることによって、直線補正の調節や、DPIを1~3200の値を2つまで自由に設定できます。

直線補正というのは直線補正はマウスの動きを予測、補正して、カーソルの動きをより直線的にする機能です。

その設定をマウスに保存する事によって、どこでもその設定で行う事が出来ます。

設定を保存する際に、アルファベットで名前をつけると マウスの底面のモニターにそのファイル名が表示されます。


DSC_0141

こんな感じで、自分の名前を入れればオフラインなどでマウスがばらばらになってしまっても見つけるのが楽ですし、愛着が沸きますね。


ドライバで設定した二つのDPIは側面にあるHighとLowと書いてあるランプでどちらになっているか分かります。

ただし、DPIは表示されないのでドライバの時点でどの値がHighでどの値がLowか覚えておきましょう。

HighとLowの切替はマウスホイール下のボタンで変更する事が出来ます。


色は、黒と白とピンクの3種類だったと思います。

ピンクは既に生産中止されているので、ほしい方はお早めに。

黒は何もついてきませんが、ピンクはリストバンドとQckのマウスパッドがついてきます。

恐らく、白もピンクと同じでQckのマウスパッドとリストバンドがついてくると思います。

機能的には変わらないので、是非興味がある方は好きな色を選んで購入してみてください。

このユニークな形のマウスは貴方の最高のパートナーになるかもしれません。

台湾遠征 Wayicarnival 後編



前回の日記の続きです。


DSC00365

まずは、前日と同様試合会場へ。

DSC00367

テレビに出演するため、メイクをしました。

DSC00389
DSC00382

これは2009年の時と一緒ですね。このような待遇は台湾だけでしょう。

DSC00413

そして会場には沢山のお客さん達。目の前に選手視点のモニターがあるのでそれを見るためにかなり前に来ている方もいました。



最初は、練習試合のような感じで 今回出場するTtApolos、ITBANK、WayiSpider、UHS Athleteと台湾のアマチュアチームが試合をしました。

勿論出場チームは全勝しましたが、アマチュアといってもSpiderの2軍だったりGamaの2軍だったりで苦戦した所もあったそうです。


私達は台湾の学生No1チームと試合をしてハンデとして相手側は赤グレなどを使っていましたが

MAPは神経ガスで5-2で勝利しました。

DSC00427


DSC00506

そして、大会本番。

テレビの生放送もここから始まり、カメラも回されます。

1試合目は、前日練習試合で圧倒的な強さを見せられたITBANK、MAPはミサイル

前日の作戦会議で対策なども考えたので 勝機はあると思っていました。

しかし、何をやっても全て読まれていて 結果は5-0 で完敗。

手も足も出ないとはまさにこのことですね。

とても悔しかった。次は絶対勝ちたい。

ここで落ち込んではいられず、すぐに2試合目、WayiSpiderとの試合。

2009年には決勝戦で破れ、惜しくも準優勝となった相手です。

オフラインの試合の成績は5戦5敗 オンラインでは引き分けにはなりましたが、一度も勝てていない相手です。

まさに、因縁の相手となりましたが MAPは神経ガス

CTを3-1で取り、私達は波に乗りました。が、Tを3本連続で取られラウンド取得数は4-3。

後1本とれば延長戦、取られれば負け という場面で1本取り返し 延長戦へ。

http://www.youtube.com/user/WayiSpiderDaily#p/u/24/DP3uaeqlGcs

Akirisがセンターで一人倒すが、WizのSRに撃たれ状況は4on4

指揮官が倒れ、皆が「ゆっちーに任せる!」という事で全員でBロングに行く作戦に。

正面に敵を発見し、私がM4で敵を撃破 ショートから敵が3人流れ込んできて 撃ち合いの末 残るWizを倒し 勝利!!!!!

この大舞台で初めてSpiderに勝利したのは本当に嬉しかった。今までで勝てて一番嬉しかったかもしれません。

その後、PCトラブルでTtApollos戦は勢いが止まってしまうかと思いましたが、

Spiderに勝った事により、UHS全員の勢いは止まらず MAPはミサイルでTを2-2のイーブンで取り CTは1R目を取られましたが

そこから3本連続で取り、5-3で勝利!!!

ここで、私達は2勝1敗で上位2Teamに入り 決勝へと進みました。

決勝戦は、先ほど延長戦で勝利したWayiSpider 彼らも2勝1敗で決勝へ進んできました。

MAPは先ほどと同じ神経ガスで 先ほどとは違い7R先取でした。

DSC00532
DSC00533
DSC05775


しかし、Spiderも意地を見せ 先ほどとはまったく別の動きに対応できず、結果は7-3で敗北。

結果は準優勝。世界相手に手ごたえを感じました。

台湾のプロチームとは言えど、同じ人間。 もっと練習を積み作戦を練ればきっと勝てる。

UHSとしては初の海外チームとのオフライン試合 まずまずのスタートではないでしょうか。

今年の日本代表決定戦に向けて 大きな収穫となりました。

DSC05833



その後、ITBANKのメンバーと台湾にある日本料理のお店でお食事

DSC05900

ITBANKは私達に完勝した後、台湾のプロチーム2チームに負け 惜しくも予選敗退となっていました。

しかし、私達が今回戦った相手の中では最も強く、理想とするチームです。

彼らはチームとして解散していましたが、思い出を作るために再結成

全員が社会人をしながら、SFをプレイしています。最年長は30歳を越え、メンバーの最年少は24歳

本来なら、反射神経が衰える年齢ですが それを感じさせないAIMと長年の経験から生まれる素晴らしい立ち回り、連携、投擲

練習時間なども私達と似ており それであのレベル。ありえません。

彼らを目指すために、お食事の最中に沢山の質問をさせていただきました。

嫌がる事もなく、ITBANKのリーダーは終始私達の質問に答えていただき 沢山の事を学びました。

DSC05919

そこから急激に私達のやる気がおき 再度ITBANKさんと試合をお願いしました。

急なお願いにも関わらず、彼らは明日帰国するまでの間 ネットカフェで試合を引き受けてくださいました。

台湾のネットカフェは充実しており、対戦ブースのようなものがありました。

左右の部屋に分かれ ガラス越しに相手の表情が見えます。 部屋の席は前に3人後ろに2人のような形です。
DSC00594

DSC00606
DSC00610

結果は正確には覚えていませんが、1勝3敗でした。

チームメンバーのAKiRisは、ITBANKのメンバーに「機械に撃たれているようだ。」と絶賛されていました。

今回、得た経験とITBANKから教わった知識を生かせば UHSは今後もっと成長していくでしょう。

DSC06003


次回、UHSが表舞台に立つのは 日本代表決定戦。

プロゲーマー、YutiとSpygeaは勿論ですが UHS Athleteを応援していただけると嬉しいです。

今大会の動画は全て http://www.youtube.com/user/lootowinds で見ることが出来ると思います。


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ