旧 ~青く透明な心はゲームを穿つ(意味不)~

新 ~マホウのKEYWORD ゲーム製作報告所~

ユウ(アクエディ名記[やしふぁん])です。ブログにようこそ!
ここではゲーム製作オンリーで日記を書いていこうと思います。
基本使用するツールはアクエディですが、他のツールももしかしたら使うかもしれません。多分ない(オイ
更新頻度は非常に低くなると思います。忙しいので。

アクエディとは… → http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BF%E3%83%BC

アクエディ製作者アントン様のHP… → http://omoshiro-game.com/

アクエディBBS… → http://hiyokko.sakura.ne.jp/fupbbs/bbs.cgi

ここで製作報告したゲームはDropbox等を使用して配布予定ですが、場合によっては著作権等を考慮して配布しない場合があります。ご了承を。
Dropboxについては後々アカウントを作成しておきます。

岩男の仕組みに迫る その1

どうもどうも。ここ最近お金不足に悩まされているユウでございます。
ここ最近昔以上にラブライブ!愛が暴発し出しまして、3DSとスマホにラバストをそれぞれ3つもつけてる始末…末期だなw
(と言っても3DSについてるラバストのうちひとつはSAOだけどw)
今度出る劇場版前売り券第三段のCDは何としてでも確保したいところだし、その後6月にはスクフェス感謝祭、それからしらばくすれば次のμ'sのライブがあるわけで…まぁ当たるとは思えませんがw
それにここ最近運をやたら使ってる状況なのです。ラブライブ!の限定ショップの入場券は当たるわ、スクフェス感謝祭の優先入場券は当たるわ、こないだパズドラで青おでん引くわ…これは運を使ってしまっているのか、それとも…
というわけで、所持しているいらないゲームやらカードやらを売り払ってなんとかお金を確保しています。夏休みはバイトだな。
そう、かくいう自分は高校生という身分に上昇しておきながらバイトをしていません。家族にさんざん言われるのが『成績が落ちるから。』

…なんでみんなそんなに成績に拘るのか僕にはよく分かりません。と言いつつも中の上程度の学力は確保はしていますがね…

という長い前置きはさておき、本題に移りマッション。

今回は前回の予告どおり、ほんの数日で案外簡単に仕上がってしまったロックマンのマイフローを紹介して行こうと思います~。
やはりここまで再現をしようとするともうアクエディでプログラミングまがいなことをしていて大変になるんですよねーw
ま、僕はプログラミングはHSPしか出来ないしあれでアクション作るの嫌だし(過去に作ろうとして挫折した経験アリ)、C言語やらVBやら今更学ぶのも面倒だし…
というわけで一番愛着があり長く使い続けているアクエディを使うのが一番かなぁと。これがわざわざアクエディを使用している理由になります。
え?また話が脱線した…?さっさとフロー見せろ?

…うん、ゴメンナサイ。製作中でありこれからも増えるでしょうが、今現在のフロー一覧はコチラになります↓
RMp1
今回重要なテクニックはやはり「フレーム単位ウエイト」でしょうね。これを要所要所で織り込んでいます。
アクエディの0.1ウエイトって結構長いので、それでどうしようもない状況で使用しています。
で、この一番上のフローですが、まずはここで初期化のようなものを行います。
各キャラクターの役割
・バスターグラフィック左右
これは言わずもがな、ロックバスターを使用する際のグラフィック補助です。
というのも初代ロックマンはバスター使用時に
RMp2
こんな感じに体を前に倒すんですよね。で、それを32×32グラフィックに収めようとするとどうしても足の位置をずらすしかなくなってしまう。
強引に32×32に収めてワープを駆使するという手もありましたがそれでは出来なさそうだったので、どうすればいいんだ…と悩んだ末に思いついた苦肉の策?なのかどうかは分かりませんがが、
ロックマンがバスターを撃つ動作をしている瞬間だけ透明化をOFFにし、終了したらONにする。キャラクター自身はロックマンの左右にワープで常駐させる。
というものなんですな。これが意外となんとかなったので今回はこの方法を採用してみました。
・スライディンググラフィック
これもやっていることはバスターグラフィックとほぼ同じです。スライディング中は透明をOFFにし、し終わったら透明をONにする。
初代ロックマンのスライディングは狭い隙間を通ることが出来るという利点を持っていました。もちろんそれも反映させなければならないんですね。
で、まぁ言わずともお分かりと思いますが、あのロックマンは4倍に巨大化してあります。というわけでスライディングは
キー入力→ロックマン本体は透明化し、1倍に縮小→代わりとなるグラフィックキャラの透明解除→スライディング動作→元に戻す
という方法を使用しているわけです。まぁこの程度ならほとんどのアクエディターはこなせるでしょうしそれほど珍しくも無い技術でしょう。
・HPバー表示
これはまぁ見ただけで何してるか分かるでしょう。文字のとおりHPを表示するバーを表示させるキャラです。
ただ、別に他キャラに仕事任せなくても本体にやらせればよくね?と思う人も多いと思います。
ただ、ロックマンというのは倒したボスキャラの武器を使用できるという特徴があり、他ボスの武器を装備した時にバーの色が変わるんですね。なのでグラフィックを全てロックマンに任せるとフローが星の数になってしまうのでやめましたw

余談ですが、これを見てください。
RMp3
これはロックマンのHPとSPです。
SPはロックバスター用だと分かりますが、HPは56もいらないだろうと思いませんか?
そもそもHPバーに表示されているロックマンのHPは28なんですよね。ではなんでこうしたのかと言うと…
RMp4
もはやロックマンの恒例。ティウンティウンティウン…
アクエディの仕様上、HPが0になって死亡してしまうとその後は何も出来ないんですよね。
ということはティウンティウンができないじゃないかオイコラー!!そこで思いついたのがコイツです。
HPが28以下になったらティウンティウンして5秒後くらいに自滅
まぁ誰でもやりそうな内容です。
HPを56にした理由ですが、喰らったら即死(=28ダメージ)な攻撃を残りHP1で喰らった時のことを考えてこうしました。まぁそんな状況絶対無いだろうけどw


とりあえず現在覚えている(もう作った内容忘れたのかというツッコミは無しで)段階ではこんな感じですね。
ちなみに現状報告ですが、はい。
そんなに進んでおりません!はい!
リアルはそれなりに忙しいし、何より最近すぐ疲れてしまうのです。夜更かし全然できなくなった。いや良いことなんだろうけどね?
あとはグラフィック。そしてBGM。主にこの2つのせいで進んでいない感が強いです。
BGMは自作(耳コピ)も考えましたが、それ用のツールいじってみてもなかなか上手に出来ないんですよね…コマッタモノデス。
とりあえずその辺をどうにかするのが今後の目標ですかね。では最後に現状報告動画を上げておきます。

…と言ったところで問題が発生したので今回はここまでにしておきます。
FreeStageの設定って1ステージ単位で読み込まれるから次ステージに行かせるのは無理なのね…知らなかったよorz

始動!岩男プロジェクト!…的な何か(予定)


久方ぶりに時間が取れたので、よーやっとブログを更新する日が来ましたヒャッホーイ!!!

ちなみに、前回の記事は封印しました。記事自体は残っていますが非公開に変更してあります。
後ろで起こした問題を全て無かったことにしてひたすら前を見ようとしてしまう、新たに見つかった僕の癖のようですが、今更矯正できそうもないのでもうこのまま突っ走ります。
今後アクエディ界に足を運ぶことは少なくなりそうです。色んな意味で。


さてさて、前置きはここまでにして、今回は前回の記事でもお話した内容の一つに触れてみましょう。
今回、GWということでそれなりに時間が取れましたので(普段は疲れ果ててすぐ寝るか、精神病を引き起こして歌とアニメの世界に逃げ込んでいるかの二択です)…
ニコ動でやってみようかなと思っているとある計画の基礎を作成してみました。
ちなみにいつの間にやら先駆者がいたようで二番煎じとなってしまいましたw決してパクったわけではありません…
さてその内容とはこちら。



ずばり、
ロックマン!!
僕の思いついた案、それは…
『ロックマンがアニメキャラ達に戦いを挑んだらどうなるんだ?』
というものです。アニオタ成分丸出しなのは気にしない
なんでこんなのを思いついたのかというと、実はこれについても先駆者?がいるのです。
それがこちらの動画↓




なんか面白そうじゃね?

グラフィック描くのは大変だけど、実際に作るのは面白そうだし、アニメはいくらでも出来るから永遠にプロジェクトが続く可能性も考えられる
そんなのほぼ無理ゲーではあるがww

オラワクワクすっぞ!

というわけで今後は機会があればこれをやっていこうと思います。

アクエディってこんなのも作れるんだぜ!という宣伝もできるしね!
(と言っても今の時代、2Dアクションそのものが衰退してきているから宣伝したところでどうなるんだという話かもしれませんが)
せっかくなのでこのカテゴリーはしばらく、この我ながら上手に再現できたと思うロックマンの構造やらフローやらを紹介していく方向になりそうです。
まぁ結構無駄な点もあることにはあるでしょうが…

最初に挑まれるのは…やっぱり『紅茶』で決まりかな?
最新コメント
アクセスカウンター

ギャラリー
  • 岩男の仕組みに迫る その1
  • 岩男の仕組みに迫る その1
  • 岩男の仕組みに迫る その1
  • 岩男の仕組みに迫る その1
  • 始動!岩男プロジェクト!…的な何か(予定)
  • 始動!岩男プロジェクト!…的な何か(予定)
  • 始動!岩男プロジェクト!…的な何か(予定)
  • ライブドアブログ