2018年10月13日

射精管理

5年ほど休眠状態であった→魁監督のブログ 
どうやら眠りから覚めたようです。
いや、寝る間もなく忙しかった
というのが実情かもしれませんが。

最新の記事は
マドンナの「射精管理」シリーズ。
SM作品ではないので
監督名は古賀丈士となっています。
juy668pl











戦後アメリカから入ってきた手法で
クオリティ・コントロール(略してQC)がありました。
主に工業製品の品質安定を目的とするものですが
このQCを「品質管理」と翻訳したために
コントロール=管理、という意味付けがされました。

でもコントロールが良い野球の投手は
投げたボールを管理しているわけではありません。
野球で管理といえば
コントロールというよりマネジメントでしょう。
「管理野球」というような例ですね。

コントロールは制御という意味がピンときます。
良い投手はボールの行先を制御するんですね。

「制御」とは、自由気ままを押さえつけて
思うようにさせるイメージがあります。
一方、「管理」とは良い状態を
まさに維持管理するイメージです。

なので言葉の用例としては
「射精管理」より「射精制御」の方が
正しいのですが
ドラマのタイトルとしては
会社の「勤怠管理」や大切な「財産管理」
のような厳格さを感じさせる
「射精管理」の方が
かえってユーモアがあっていいのです。
これでいいのだ!(おっと、これはパクリだった)


yuufan at 14:39│Comments(0) 雑記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ