作品レビュー

2013年12月17日

こみかる〜

天然のコミカルさは既に有名なゆうちゃんだが
演者としてのコメディセンスも才能豊かなものがあります。
まだその手の作品が多くないので知らないファンもいるかと思い
こちらの新作をご紹介します。
特に母親役のゆうちゃんと次男と担任教師の三人による
(ギャグとしての)カラミは笑えます。

作品紹介
venu386pl










ちょっと見、パケがごちゃごちゃした感じで
まるで総集編物のようですが
よく見るとこのパケもユーモラスでいい写真ですね。
同じスカートが川上ブログにも写っています。
川上ブログ 2013-08-23

yuufan at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月26日

夫の目の前で・・・

夫の目の前でレイプされる人妻
メーカー:サイドビー
3月25日発売 (レンタル開始 2月25日)
kncr-062_l-thumb629x












作品紹介・サンプル動画

タイトルだけで内容が言い尽くされているようだが
やはりナックル原田監督と川上ゆうの組み合わせだけあって
よくある暴力的な鬼畜レイプ物とは一線を画する作品で
悲惨な状況の中での川上ゆうの羞恥とエロスが魅力的だ。

yuufan at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月25日

冬の温泉は気持ち良さそう。

17bkd00070pl
母子交尾[黒磯路・・・冬]
メーカー:ルビー 2011/06/08 発売

つい先日の新作紹介で母と息子が云々という作品がありましたが
そのジャンルの傑作はこの温泉旅行の作品でしょう。

撮影は川上blogによると3月9,10日の一泊二日とのことです。
つまりスカパーで熟女女優賞を受賞してから最初の撮影であり
ロケから帰宅して半日ぐらいで大震災が発生したという
おそらくゆうさんにとっても忘れがたい作品だろうと思います。

旅館のおしぼりやお菓子が4人分あるとか脱いだ服が勝手に動いたりとか不自然なカットもありますが、SEXシーンは自然で且つ美しかったです。
ゆうさんがアサ芸さんの取材で語っていた(blog 12/21 参照)
騎乗位〜座位〜正常位の鮮やかな変化が登場します。
この作品のSEXシーンはかなりゆうさんにお任せだったのではと想像してしまいます。

この作品、始めと最後に同じ場所(観光地)のシーンがあるのですが
体の関係ができる前と後の違いをゆうさんが演じ分けているのに感心しました。

DMMでは既に値下げされている旧作ですが未見の方はどうぞ。
http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=17bkd00070/

yuufan at 00:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年04月13日

コカレマクリ考

milf301pl





16日(土)の芳賀書店でのイベントのことを思い
この「コカレマクリ」という作品のレビューを書こうとしたが
なかなか考えがまとまらず困ってしまった。

何に気持ちが引っかかっているかと考えたら、それはこの作品の
4番目のチャプターに感じた違和感のせいだと分かった。
最初の家庭教師から、カウンセラー、優しいママと続く1〜3のチャプターは統一感のあるトーンを感じた。
白い色調にゆったりとした音楽、包容力のある語りかけ・・・
あぁ、これが川上ゆうの好みのトーンなのだなと興味深かった。

ところがパケ写にもなってる4番目の痴女っぽいシーンは明らかにトーンが異なる。無理に付け足したような印象すらある。しかしこのチャプターがあるからコカレマクリというタイトルもしっくりいくし、ラストシーンに持っていける感じがする。

あれやこれや考えて例によって私の勝手な推測だが
この第4チャプターは川上ゆう作のシナリオには当初はなく当日に
魁監督からアドバイスされて追加されたものではないかと想像する。
(冒頭の挨拶も)

ならばせっかく第1〜3に登場させたあの置物の灯台を第4にも登場させて欲しかった。
まさか灯台は男根を象徴し、第4は屹立した男根が登場するという
フロイト的解釈であろうか。

最後にこれだけは言わせてください。
男の裸を長く映してラストカットとするのはNGです。
これは女性監督らしいミスかもしれません。

そしてラストシーンはこうして欲しかった。

飯倉さんがフレームアウトした後にゆうさんが登場し
疲れ果てた男根を満足げにつまみ上げカメラに向かって
にっこり微笑み「カット

yuufan at 21:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年03月20日

旧作です。

前回DMMに女優名が掲載されていないことを書いて思い出しました。
どちらも2年以上前の作品ですが存在を知らないで見過ごされていたとしたら惜しいので紹介します。
素人さんという設定だから女優名を掲載しないのでしょう。
ヴィの作品は写真に目隠し線まで入っています。
もちろん作品中ではいわゆる顔出しです。

148dgkd249rapl
メーカー:アカデミック
2009年2月





vicd154plメーカー:ヴィ
2009年2月

yuufan at 00:06|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2011年03月19日

素人レズナンパ

4月レズナンパ2011/4/20
発売予定
メーカー:ピーターズ









「女監督ハルナの素人レズナンパ」シリーズ
ゆうさんはなんと5回目の登場になります。

このシリーズはDMMの作品リストに女優名が掲載されていないので名前検索でヒットしません。なのでこの機会に過去の作品を紹介しておきます。

No.37 2009年 9月
No.42 2010年 3月
No.45 2010年 7月
No.47 2010年11月

レズナンパ37











レズナンパ42











レズナンパ45











レズナンパ47












yuufan at 14:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年03月10日

奴隷市場の女

市場1完全版市場1レンタル版
このブログの読者でこの作品をご覧になっていない方はあまりいないと思いますが、これから観ようという方には「完全版」をお勧めします。

パケ写を比べると完全版(セル)より右のレンタル版の方が過激な感じを受けますが、もちろん完全版の方が過激です。
完全版=154分
レンタル版=100分
約1時間近くカットされているのだからシーンまるごとカットされている部分もある。なのでレンタル版のみをご覧になった方は途中の回想シーンで見たことのない映像に「あれれ??」となります。そしてなによりレンタル版にはオークションシーンがありません。

この川上ゆうにとって記念碑的な作品となった「奴隷市場の女」は随所にいいシーンがあるのだが、特に感心したのはプロローグです。
女の顔のアップから突然と始まり、切れの良いカットで不明な状況が展開され、画面が白黒に変わると一人の男が現れてこの状況を語りだす。この男の存在感はヒッチコック劇場の前口上に登場したヒッチコックのようであります。ほんの短い時間の語りで観客の意識を日常から遠ざけて不思議な世界に引き込んでしまいます。
このプロローグの川上ゆうの表情と山本竜二の語りによってこの作品は成功に導かれたと言っても過言ではないでしょう。


yuufan at 22:22|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2010年09月03日

妻がとんでもないことに。

J8ZEX006












私の妻を犯してください
メーカー:ピーターズ
2010年8月20日発売

川上ゆうブログでは2010年5月6日に紹介されています。

ドラマ作品かと思って見たらそうではなかったです。
夫と妻のドラマにはなっていませんでした。
夫が妻を他の男にいろいろさせるという設定の
3つのchapterからなるオムニバス風な作品です。

しかし全て川上ゆうの出演ですから堪能しました。
特に最後の栗原さんとのchapterは素晴らしかったです。
ライトなSMなので家庭でもマネできるのでは?と思いました。
(実際にマネはしていませんけど・・・)

つまらないオムニバスを乱発しているメーカーは
この作品を参考にしてほしいな。
全編が川上ゆうならばこんなに楽しいオムニバスになります。

ちなみにこのパケ写の綺麗な緑色のワンピースは
2009年6月3日のブログで印象深かったものです。





yuufan at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月27日

続・お尻。

125umd256pl





THE BODY [パーツ別エロス]
メーカー:LEO
2009年7月発売

美脚・尻・瞳・巨乳の4つのchapterで構成されています。
さぁ、ゆうさんの担当パーツはどれでしょうか?って
これはクイズにはなりませんね。

瞳も担当可能とは思いますが、この作品では
なんら瞳を印象づけるシーンはありませんでした。

断トツで尻Hipのパーツが良いchapterでした。
相手の男優さんは「人間凶器」で仮面を着けていた人です。

yuufan at 00:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年08月25日

お尻。

159r1548pl






お尻をメインとした作品は森野のころからありました。
この作品はセリフ無しでパケ写のままの
約17分のイメージビデオです。
モデルとしてのぎこちなさが愛らしいです。

2006年5月発売
メーカー:日本メディアサプライ

DMMではレンタルしていますが
名前検索には載っていません。

yuufan at 23:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ