2007年01月18日

名変って大事なんです!

最近ですね、また添削をやっております。今年は添削する合格者をこの地区では絞っているようでして、しばらく添削していなかったのですが復活です
名古屋の受験生の方々の答案も、もしかしたら僕が添削しているかも知れません

さてさて先日のお話なのですがいつもの様に申請書を作成しておりました。抵当権の抹消です。
そうしたらばですね、抵当権者はとある地方の金融機関なのですが数年前に名前が変わっている事に先輩が気付きました
『さて、どうします?単なる商号変更なのか合併なのか?申請すべき登記に違いがありますか!?』と先輩に聞かれたので皆さんも考えてみてください

答えはですね、単なる商号変更ならば抵当権の抹消ですから前提としての名変は不要です。変更証明書を添付して抹消すればいいのですが、合併であるとしたら移転が必要になります。当然、登録免許税も違ってきます

なのでその金融機関に問い合わせて聞いてみたところ。。合併でした。新たに必要な書類を用意してもらわなければなりません。よって申請書作成は少し待ちましょうと言う事になりました

不登法の申請はですね申請していく順番に受付番号が付されます。そして対抗要件の問題がありますから当然にスピード勝負的な部分があります

例えばですね
W不動産会社がXより土地を2つの金融機関(Y銀行とQ銀行)から融資を受けて買って移転登記したあとにVホームに商号変更したとします
甲司法書士が所有権移転登記をして、商号変更の後に乙司法書士がY銀行の抵当権設定登記のみを申請して、その後に丙司法書士がW→Vへの名変とQ銀行の抵当権設定登記を申請したとします

上記の例ですと
受付番号1番所有権移転(甲司法書士)
受付番号2番でY銀行の抵当権設定(乙司法書士)
受付番号3番で名変登記(丙司法書士)
受付番号4番でQ銀行の抵当権設定(丙司法書士)

となります。そしてY銀行の抵当権は名変がされていないので受け付けてもらえません
だからと言って、名変だけを1番と2番の間に差し込むわけにはいきませんので、乙司法書士はいったん受付番号2番の登記を取り下げて新たに名変された後に申請する事になります

そうなりますとY銀行はQ銀行に登記簿上の順位が対抗要件で負けてしまいます
本来は1番抵当権者になれたものを、名変を忘れた事により2番抵当権者になってしまう訳です

こう言うミスは司法書士としては・・・
考えただけでも恐ろしいです。。。

yuui0904 at 07:30コメント(5)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みうら   2007年01月18日 13:33
ありえません・・・・
直接、変更後の商号でしか所有権移転登記ができないからです・・・

http://blog.goo.ne.jp/xxxxxxx1234567/
2. Posted by ぽんず   2007年01月18日 13:48
書式の解き方、ありがとうございます!
いつもタイムオーバーで悩んでいたので、
参考にしたいと思います。

抵当権抹消もあなどれませんよね。
銀行、合併多すぎんねん!と思いつつ… 

これからも仕事&勉強の話、楽しみにしてます。
3. Posted by yuui   2007年01月18日 15:12
みうらさん
すいません
僕の書き方が悪かったですね
所有権移転登記後に商号変更をしたと言う事例で考えて下さい

ぽんずさん
択一と書式の時間配分は重要です
答練でペース計って下さいね!
銀行もですけど市町村合併もめんどうですよよね〜
4. Posted by パール   2007年01月19日 00:57
返事が遅くなりました。
私は中国地方から参戦組です。どうぞよろしくお願いします!
5. Posted by yuui   2007年01月19日 09:16
パールさん
こちらこそ宜しくお願いします
中央研修でお会いできることを楽しみにしております!


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
Amazonライブリンク
41d58acf2d2cc152c63276d11793a62d