2018年08月12日

サーバーダウン



誕生日が

数日後なのですが、



この1年を振り返ると、



長かったような、



短かったような、



平均すると

妥当

ということなんですけど、



それにしてもこの時期は

セミがうるさいですよね、



今日は21歳最後の日曜でしたが

そんな今日の朝は

セミの鳴き声で目覚めました、



セミの鳴き声というのは

それほど不愉快になるようなものではないですが

とはいえ別に心地よいものでもありませんね、



カナカナ、



シャワシャワ、



ミンミン、



ギョーザギョーザ、



セミたちがあんなにも

一斉にずっと鳴き続ける目的は

一体何なのでしょうね、



誰がために蝉は鳴く、



まさに

セミングウェイ

といったところです、



そして今日は

せっかく誕生日前の日曜でしたから、



21歳最後の楽しい思い出を作るべく

繁華街へと繰り出しました、



私くらいの人気ブロガーになりますと、



街を歩きながらでも常に

ブログのネタを考えているわけですが、

 

地下鉄をおりて

ホームを歩きながら、



ひとつ

良いネタを思いつきまして、



しめしめと思いながら

エスカレーターに乗っていると、



鼻がムズムズして、



恥ずかしながら

大きなクシャミをしてしまい、



あろうことか

その拍子に

思いついたネタを忘れてしまいました、



未だに思い出せません、



まさに

白紙ョン!!

といったところです、



しかしながらクシャミ自体は

会心の一発でしたから、



非常に気持ちのよいものでした

とても満足いたしました、



まさに

サティスハクション!!

といったところです、



これもまた

21歳最後のうっかりエピソード

ということにしておきましょう、



それにしても

またひとつ歳を重ねる中で、



自分はこの先

この世界に何か残せるのだろうかと

考えてしまいますよね、



私はどうにも

手先が器用なタイプではないですから、



後世に何か残せるとすれば、



それは言葉なのだと思います、



とか言ってると

さっきのミンミンギョーザギョーザが

ひたすら恥ずかしくなってきますけど、



例えば

立川談志師匠は

2011年にこの世を去られましたが、



師匠の残した痛快な名言の数々は

今なお多くの人の心に響き続けています、



Twitterのタイムラインなんかでも

師匠が生前に残した名言が

よく拡散されていたりしますよね、



私もそうやって

人々の心を打つ言葉を

残したいなと思います、



そして私の死後もなお

Twitterでその言葉は拡散され生き続けていく、



そんな後世であればいいですね、



まさに

リ追ー悼

といったところです、



それではおそらく

これが21歳最後のブログ更新となりますが、



これからもブログは

ぼちぼち続けていきますので、



今後ともどうぞごひいきに!



………、



すいません!!



年齢サバ読みました!!



本当は23歳でした!!



すいませんでした!!








yuujiwa at 23:27|PermalinkComments(0)散文 

2018年07月29日

大予言検証記事 〜7月〜



月末恒例

大予言の検証記事です、



7月の予言はこれでした





デハネルデハネルの大予言


7月


本来在るべきでない姿で 

沈みゆく者はその手を伸べ

更には滅亡する





恐ろしい内容の予言です、



先月はまさかの

予言的中せず

という大失態をかましましたが、



完全に汚点となりましたが、



今月は大丈夫です

的中しました、



これまでで最も

グローバルな規模で的中していますよ、



ニュースなどでも

結構取り上げられていますからね、



では検証に入りますが、



まず紐解きたいのはこの

「沈みゆく者はその手を伸べ」

という部分です、



沈みゆく者が

手を伸ばした先にあるもの

それは何なのでしょうか、



いたって簡単な問題です、



溺れる者が手を伸ばして掴むのは



藁(わら)



でしょう、



では予言冒頭の

「本来あるべきでない姿」

とは何を暗示するのか、



これはきっと

本来自然界にない状態

を指しているのです、



勘の良いかたは

もうピンときたでしょう、



本来自然界にない状態の藁、



藁は英語でストロー、



そうです

プラスチックストローのことなのです、



それが

「滅亡する」

という予言なのです、



そう

予言が言い当てているもの

お察しの通りそれは





Screenshot_20180729-195948~01





これですよね、



恐ろしく的中してしまいましたよね、



先月の汚名は

完全に返上しましたよね、



ありがとうございます、



では最後に

来月の予言を振り返ってお別れです。





デハネルデハネルの大予言


8月


古の眠りから目覚めし太陽が上る







yuujiwa at 20:01|PermalinkComments(0)散文 

2018年07月18日

薬味つる



職権乱用だ!



みたいな言葉を

よく耳にしますが、



その大半は

別に本当に職権乱用なのではなく

ただの特権利用に過ぎないのではないかと、



思わざる(うどん)を得ませんが、



ところで最近

よく噛みます、



残念ながら食事の話ではなく

喋るときの話ですから

うどんは全然噛みませんが、



日常会話で噛むぐらいは

別に良いんですけど、



しもしも

もとい

もしも

ここぞという大事な場面で

噛んでしまったらイトーどうしヨーカトー、 



不安を覚えざる(そば)を得ません、 



例えば

努力を怠りがちな人に

ムチムチを

もとい

ムチを入れたいとき、



これでもかというほどの

もっともらしい顔で



「千里の道も一歩からだぞ」



なんて言おうとするも



「千里の道もジッポからだぞ」



と噛んでしまった途端、



諭したかったはずのその怠け者は

長く険しい道のりを前にまずは一服してしまう 

ますますの怠け者に 

成り果ててしまうかもしれないでスカラー、



倍、



やはり


噛まないに越したこ永久(とわ)

ないですよね、



では

せっかく噛む話をしたので

食べるほうの噛む話も

ひとつしたいと思いますが、



歩きながらでも食べられるものって 

色々あるじゃないですか、



それは例えば

マネケンのワッフルだったり

商店街のコロッケだったりしますが、



こないだ

ある町で

何かを食べながら歩いてる

30歳くらいの女性がいて、



何を食べているのだろうかと思い

チラッと見てみたところ、



マネケンのワッフルや

商店街のコロッケを

歩きながら食べるのと全く同じスタイルで、



1/8カットのスイカを

サクサクいってらっしゃて

ベリーナイスでした、



改めてよくよく見ても

108円のスイカバーではなく

1/8カットのスイカでした、



理由は自分でも分からないですけど

そのとき私の頭に浮かんだ言葉は

なぜか「ファンキーモンキーベイビー!」でした、



ところで

ファンキーモンキーベイビーといえば

もちろんYAZAWAですが、



YAZAWAといえばもちろん

あいですから、



NANA月18日に書いたブログとしては

ここがまさにオチですので、



「何か面白い話をしろ、でなきゃぶん殴るぞ」 

「無茶bullyだ!!」



という小ネタの書きどころが見つけられないまま、



今日のブログはここで

泣く泣くオエッたいと思います、



……嗚咽してしまいました、



泣く泣く終えたいと思います、



オモイマス、



クリスマス、



キャロル。



(分かる人には分かる綺麗なオチ)






yuujiwa at 23:05|PermalinkComments(0)散文 

2018年06月27日

大予言検証記事 〜6月〜



今月の 大予言検証記事です、



6月の予言



北斗七星の最後のまたたき

争いは繰り返す



でした、



結論から申しますが、



予言は外れました(凡ミス)、



やってしまいましたね

お疲れさまでした、



それでは気を取り直して

来月の予言を改めて確認してお別れです



 (いま再確認しましたが来月は当たります)





デハネルデハネルの大予言



7月



本来在るべきでない姿で 

沈みゆく者はその手を伸べ

更には滅亡する





yuujiwa at 18:54|PermalinkComments(0)散文 

2018年06月14日

ルイス



こないだ電車で

近くにいた女の子たちが

自撮り棒を100円で買った話をしていて、



もしかしてこの子は焼き鳥のことを

地鶏棒

と呼んでいるのではないか?



と、



価格破壊の影響が

あらぬ疑いを私に抱かせましたが、



それにつけても、



あらぬ疑いというのは

様々な場所に

様々な形で

潜んでいるものでして、



例えば

よく

刑事モノのドラマやらマンガやらで、



犯人が建物内に仕掛けた時限爆弾に

赤と青の2本の導線があって

爆発まで残り3分

さて赤か青どちらの導線を切るか、



みたいなシチュエーションがありますが、



まぁ

ベタすぎて

もはや

そんなシチュエーションはありませんが、



とはいえこのシチュエーションにも

あらぬ疑いがかけられていて、



それは、



赤か青

どちらかを切れば

爆弾を止めることができるのではないか、



という

あらぬ疑いです、



よく考えてみてほしいのですが、



もしあなたが

冷酷非情な爆弾魔だとしたら、



ようやく仕掛けた爆弾に、



爆発を回避できる手段を

わざわざ残しますかという話で、



もし私が爆弾魔なら、



赤と青

どちらを切っても

即時爆発、



確実に

そう仕込みますよね、



赤か青のどちらかを切れば

時限爆弾はストップするのではないか

だなんてそんなもの、



あらぬ疑いなのです、



しかし

そうはいうものの、



かくいう私も

あらぬ疑いは

たくさん抱いています、



網走の七夕は

檻姫さまと非行防止さまが

出会うのでないかと

疑っています、



ここで急に話を変えますが、



3連休とかじゃなくて

普通に3000連休ぐらい欲しいです、



話を戻しますが、



よく

ため息をつくと幸せが逃げていく

とか言う人がいますけど、



これも完全に

あらぬ疑いで、



ため息なんて

やってることとしては物理的には

深呼吸と同じですからね、



深呼吸は良いものとされてるのに

ため息が悪いものなはずがないんです、



ため息で幸せが逃げていくだなんて

あらぬ疑いでしかないんです、



ここで急に話を変えますが、



おばけなんてないさ

よりも

若くなんてないさ

のほうが

よっぽど恐怖感ありますよね、



なんと

大いに驚きだと思いますが、



話題変えたまま戻すことなく、



今回のブログを終えたいと思います、



ネタが尽きたからだとか

眠気に負けたからだとか、



そんなあらぬ疑いは抱かないでください。







yuujiwa at 00:00|PermalinkComments(0)散文