今年は大雪だったせいか、山菜・釣りと例年より2~3週間遅れましたね。
春先に数回、カレイ釣りに通ったもの、ここも最初は水温が低く、
釣果がパッとしませんでした。

この日は、午後からの上げ潮を狙って、
子持ちのスナガレイ釣りの挑戦です。

場 所・・・「なに?僕たち、どこでそんなに釣ったの?」と聞いて
     教えてもらった某所(笑)
*地元の子供たちは、スーパーの袋に一つ釣ってました💦

第一投目から、すぐにアタリが!!
やっと、岸寄りしてくれたかな?
良いサイズのスナガレイがきました。
DCIM0756
が、
まだ子(卵)の入り具合が6割くらいです。
やっぱり、産卵も遅れているのですね。

退屈しない程度にアタリがあり、約30分で10枚ちょっとの釣果です。
すな
他に釣れたものは、タカノハマツカワ)です。
10年以上前からの放流のお陰で、
最近では、安定して釣れるようになってきましたね。
ここ数年、画像位のサイズの物が良く釣れるようになりました。
リリーたかのは
年に2・3枚位しか釣れなかった時は、喜んで持って帰ってましたが、
今は、海へ帰してあげます。
「もっと、大きくなれよ~」ぽちゃん
*備考・・・釣り針を飲んでいる場合、タカノハはエラに指を入れやすいので、
    そこから、釣り針をひっくり返してあげると、簡単に外すことが出来ます。 
注 意・・・50センチオーバーの物は、絶対に口から指を入れないでください。
    歯が鋭いです。


その後は、誘わないと釣れなくなり、
日没間際にはアタリが止まってしまいました。
「もう、終わりかな・・・」
暇つぶしに、根のあるところも攻めてみます。

しばらくするとアタリがあり、長細いカレイが水面に姿を見せます。
まさか
ごぼう抜きが出来そうですが、美味しいカレイなのでタモ網を使用(笑)
ばば
ババカレイです
この日は、これにて終了。
この地域では、数年に1枚は、間違って釣れる事があります(笑)

広告「日本最大級の釣具通販サイト」
地元の釣具店と価格を比べてみても、楽しいですね。
アウトドア&フィッシング ナチュラム