結城リナ Official Blog

昨日は名古屋de餃子ライブに出演してきました。

ライブとしては約一ヶ月ぶりのライブだったので、感覚を失ってないかすごく不安だった。


それに加え、先日の「家ついて行ってイイですか?」を見てくれた人の予約が多く
ほとんどのお客さんが新規の方と言う事で、

今までにあまり味わったことの無い緊張感と不安に襲われた。

毎度思う事は、
お客さんはチケット代に加え近かろうが遠かろうが交通費と時間を費やして来てくれる。

それ以上の価値を演者はたったの30分で満たさなくてはいけない。
いや、むしろそれ以上に。


それが出来ないとお客さんは次のライブには来ない。



毎回命懸けだなぁ、と久々に思えたライブでした。


ライブ後はあそこをもっと…あれは違った…なんて反省が腐るほど出てきて、
毎回リベンジ!という気持ちになり、
永遠に満足はしないのだろうなぁと思うのですが、

ライブをしてるその時はただただ、
今目の前にいる人間ひとり残らず伝われ!
という想いで歌ってます。


その声が少しでも届いてくれたりすると、
CDなんかも買ってくれたり…
物販に繋がるのですね\\


ぐふふ。

CDたくさん買ってくれてありがとうございます。


というのは冗談で、というか!それも含め、
ライブ後に声をかけてくれたり、
SNSなんかで感想を書いてくれてたりして、間違いなくパワーや自信をもらってます。

また名古屋必ず行きます!
ぜひまた聴きに来て下さい!!

パワーアップして帰ってきます。


本当にありがとう(❁´ω`❁)


写真は、緊張とテンパリにより一枚も無し!!

とある作品作りのためのロケハンで、伊豆までキャンピングカーとばしていってきました。


伊豆と言ったら温泉!!


でゎなく…


まぼろし博覧会!



でしょ。


右から
秋草瑠衣子  広山詞葉  わて。

異様な空気を放つ、ここに用事があるのさ。


外からじゃ想像出来ないほどの広さ。

管理しきれてない無法地帯。




どっから集めてきたのかわからないコレクションの数々。








そりゃるいちゃんもひよった顔するよね。



なんだろ、
なんかさ、

作品を目の前にした時、作者のこだわりというか魂ってのを素人目線からでも感じたりするじゃない。


専門的な技術がどうとかじゃなく、

見た瞬間に感じる信念を。


博物館とか、美術館で。

そういったパワーに心震わせ、感動するんだけど。


ここには全く「それ」を感じなかったよ。

なんかね、

ギリギリ雑なんですよ。

芸術なんてのは他人じゃわからないこだわりとかがあるから客の私が何をわかったような口を叩く権利はないんですけどね。


でもね、あんだけだだっ広い敷地に、
無数の作品がありましたけど、
唯一心が動いたのは、馬鹿でかい大仏と、
セーラーちゃん(館主)。







あ、インベーダーゲームも楽しかったよ。




悪いけど他はちょっとイラッとするくらいわからなかった。


やばいよ。

あそこやばい。



無駄で好きだ。


※その後、姉妹店の怪しい少年少女博物館にも行ってきました。

孤独。

ソロで自己中に曲を作りたい
やりたい事を好き勝手やりたい

と思って1人を選んだのに、


どんだけ仕事量が増えようが人は増えません。



そりゃそうだ。

自分で選んだのだから。



でもね、
最近周りのバンドやユニットがなんか羨ましゅうて。





支えあえるって…


いいよね。


曲を作る時にもっとこうした方がいい!とか話し合えるって


いいよね。


私は事務関係、

あなたは営業、

君は金管理、


いいよね。

べ、別に相談出来る人がいないとか…
そーいうんじゃないぜ?

友達や頼りになる人がいないとか…
そーいうんじゃないぜ?

やはりメンバーじゃないと自分の事のようには思わないよね。
人に相談していくら親身になってくれても、
やはりそれは他人事ですからね。


舵は私しか握れない…

怖いし寂しいな。


と最近思うのです。



運命共同体


みたいな人がいたらとっても心強いよなぁ。


とか思いながらも、



やはり1人楽ー。

と思うとこもある。


ややこしやね。人間は。


先日の「家、ついて行ってイイですか?」の放送以来、
ありがたいことに仕事が増え、
CDもたくさん注文も増え、
ライブに足を運んでくれる方も増え、
応援してくれる方も増え、

より一層頑張らなきゃなと気が引き締まる思いなのですが


体力と時間が足りず…
悲しくもいろんな部分で手が行き届いてないのを感じる。


その度に、

寂しいー!!!

と思う。

手伝ってほしい!

というより、

寂しいー!!!

なの。

たくさんCDが売れたこと、
お客さんが増えたこと、

分かち会えたらもっと嬉しいだろな。


欲深い。


今度、久しぶりのライブだよー。
名古屋ですが。
名古屋周辺にお住まいの方は是非きてー!

私はあなたと分かち合うよ。

ライブで。

孤独と、幸せを。


名古屋de餃子ライブvol.5 ※特別BAND編成
場所 今池SECOND VISION
料金 前売り2300円 当日2800円(餃子食べ放題付き・ドリンク別)
OPEN17:00 START17:30

タイムテーブル
17:00 OPEN
17:30-17:40 今池餃子BAND
17:50-18:20 Masato&the hoochie coochie boys
18:30-19:00 CASTLE CREW
19:10-19:40 結城リナ
餃子13個 早食い大会 in 名古屋
20:00-20:30 たいへんにんげん
20:40-21:10 乱舞虎
21:20-21:50 THE GOOD HOPE
22:00-22:30 クリオネット

予約はこちらから

とにかく餃子が食べ放題のイベント、餃子ライブ!名古屋編に出演させていただくことになりました!
ライブハウスで餃子を食べながら演奏を見るってのはいかがですか?
久しぶりの名古屋での演奏!ぜひお越しください。
【ACT】
乱舞虎(東京)
たいへんにんげん(東京)
結城リナ(東京)
クリオネット
THE GOOD HOPE
Masato&the hoochie coochie boys
今池餃子BAND  andmore...


鈍感だな。
鈍いな。
感性が緩いな。


って思ってた上に

気づかないふりしてただけだったって自分に気づいたら
自分は誰なんだって思うな。



「理解」


なんて永遠にないな。


自分の事でさえわからないのに、他なんてわかったふりは出来ないよ。

とりあえず、お腹いっぱいになるしか
自分をみたせることはないんだよ。


辛いな。


天国はもしかしたらもっと緩いのかもしれない。

1回そんな場所に連れてって下さい。

人が好きなのに、
理解出来ない自分が歯がゆい。

私は


あなたが

好きだ。

初めてライブハウスに行ったのは高校生の時、
バイト先の友達がGOGO7188のコピーバンドをしていて、
ライブを演るから見に来てと言われて、
八王子のライブハウスに向かった。

初めてのライブハウスは、怖かった。
足を踏み入れたことのない古びたビルの地下に入っていく。
薄暗くてタバコ臭くて小汚い感じ。

受付に行く。
「ご予約名は〜?お目当てのバンドさんは〜?」


なに?なんで目当てのバンド名あなたに言わないかんの?
バンド名知らんよ。
友達が来いっていうから…

「あの…〇〇ちゃんがギターの、バンドなんすけど…名前がちょっと」

「…わかりました。ご予約名は?」


なんだよこえーよぉー。
当たり前ですけど、みたいなルール押し付けてくんなよぉ。

「2500円です。」


あれ?2000円じゃないの?チケット代2000円て書いてあったよ?

表記に
2000+1D

は?なにそれ。


1Dはあれですね。チケット代とは別に1ドリンク注文を余儀なくされるシステムですね。
500円だったり600円だったりとライブハウスによってまちまち。

要は客からしたら2600円のお支払い。

高校生の頃の私からしたら600円大金。
この誤差は痛い。

ややこしいね。
常連になったら把握出来るけど初めてだったらわけわからんよね。

ドリンクチケットなるものと、マジで必要の無いチラシをどっさり受付から貰う。

邪魔ー。

ドリンクは別のカウンターに行って注文とな。

ドギマギ…

真っ暗な中、立ち位置も定まらぬうちに友達のバンドの演奏がスタート。


初めてのライブハウス。

緊張の初体験をかいくぐってたどり着いた先にあったステージのライトが眩しかったな。

ボーカルいるのにギターの友達ばかりに目がいって、
上手いか下手かもわからない演奏をただただ瞬きも忘れて見ていた。

友達のギターを弾く二の腕の血管がかっこよかった。

お客さんが沢山いる中フロアの人間より高い位置でみんなから注目を浴びてる友達が羨ましかった。


私のライブハウスデビューはそんな思い出。

ライブハウスに行ったことのない人、
確かに怖いよね。
システムよくわからないよね。

メジャーのおっきなコンサートとかならシステムもしっかりしてるし、安心感とワクワクでいっぱいになる。

けどこんなアングラな場所で、
何のルールも常識も植え付けられてない場所はもっともっと、
「怖くないよ。キラキラしたものもあったりするよ」
って伝えて行かなきゃ分母はどんどん減る。

そう言えば知り合いのバンドで
イエロースタッズってインディーズのバンドがいて、今やインディーズ界ではめちゃくちゃ人気バンドなんだけど、
そこのギターの良平君が
ライブハウス初心者に向けてこんな漫画を書いていたのを思い出した。

こういう心配りができるバンドはやはり売れるよ。
尊敬してるバンドの1つ。
見てみて。



私が生きてる場所はライブハウスだよ。
良かったら会いに来てね。

ライブ情報

近日ライブ!名古屋!
2016/09/22 名古屋de餃子ライブvol.5
今池SECOND VISION
料金 前売り2300円 当日2800円(餃子食べ放題付き・ドリンク別)
未定(夕方くらいから)


2016/10/01 餃子食べ放題ライブ
ライブハウス立川BABEL 
料金 前売り¥2300(餃子食べ放題付き+1ドリンク¥500)
時間 open17:30 start18:00

ご予約は
こちらからどうぞ。

このページのトップヘ