万里慧Official Blog

家ついて行っていいですか?
の再放送。

偶然声をかけられたといえどせっかく地上波に出るわけだからもう既に一度見たくせにまたも再放送をリアルタイムで見た。


前回と違う状況があるとするならば、今の私の名前。


結城リナ
から
本名の万里慧に戻し

活動する事を決めてから約半年。

本名なのに読みづらいし変換も一発で出てこないから、
認知されづらい。

認知されてなんぼの世界で、
なんでこんなわかりづらい事を…

しかも番組で散々
「結城リナ」を背負って生きる

とか言ってたのに。


再放送をみてまたたくさんの初めましての方からコメントもらったり、今まで応援してくれてた人からもメッセージいただいたり。


名前変えない方が良かった。

とかも言われたりして。


なんかすこし、不安になったけど。


そんな不安も背負う覚悟で本名にしたんだった。

忘れちゃいけない。


さよなら、ありがとう、結城リナ

大丈夫。大丈夫。

32歳。
今更ほんとのほんとの本音なんてこんな場所に書けないわけよ。

昔は暑苦しい情熱トークをロケットランチャーのごとくぶちかましていましたが、

恥ずかしい。恥ずかしい。

そして恥ずかしいと思うこの感じも嫌いじゃない。

溢れ出てしまいそうになる想いも自分の中だけにしまっておけばいいじゃない。


誰にわかってもらう必要なんか無いですし。

言葉にしてしまったら薄っぺらくなってしまいそう。

しのごの言わずに行動しろという事ですね。


最近、15年くらい契約していたauから、スマホを新しくするタイミングで

ソフトバンクに変えました。

その方が安いんだってさ。


スマホの左上には電波状況のアンテナマークと共に

SoftBank

の文字が。




ずっとずっとauだったのに。


別に何か環境が変わった気もしませんし、
電波が良くなったわけでも悪くなったわけでもございません。


ただただ左上に

SoftBank

の文字が。


なんだか男をのりかえたような、

そんな罪悪感におそわるるるるる。


SoftBankが好きなわけでもないのに、

前彼となんとなく惰性で長い事付き合ってて、

目の前にちょっと都合の良い男が現れて、
流れで付き合って前彼と別れざるを得なくなった感じ。



「え、今私この人と付き合ってんの?」



っつってな。


みんながみんな恋人を大好きで選んでるわけじゃないよねー。


あの人もこの人も。


何が言いたいのかな。


ですから、ここには本音は書かないってば。

大好きな人がいるけど、


なんか最近変わってきてしまって、


なんか変わっちまったなぁ。


と思ってる。


そんな人きらいだ。


と思って距離を取ろうと思ったけど、


なんだかほっとけなくて、

知り合いに相談したら、


「自分に余裕がない時ほど、人に対して優しくなれないもんだよ。」


と言われた。


変わっちゃったんじゃない。

余裕が無いのかもしれない。


と思ったら、なんかごめんと思った。


自分が薄情な人間に思えた。


会って「最近大丈夫?」

って言ってあげられたら良かった。

いや、言おう。

あなたのためじゃない。


私とあなたの為に。



OFF VIVID COLOR「みちゃダメ❤」
全公演無事終了いたしました。




連日、たくさんの方にご来場頂きまして、
本当にありがとうございました!

VIVID COLORから始まり、OFF VIVID COLORと名前と形態が変わりつつも、
3回目の公演からずっと出していただき、
いつの間にやら一番の古株になっていました。


もちろん座長の杉山夕さん、もちゃさんは立ち上げ当初からいた訳ですが、
VIVID COLORを立ち上げた藍山みなみちゃんと、
同じ元AV女優として一緒にステージに立った人間はわたしだけになってから、

私でしか引き継げない想いがある!という気持ちで今回までやってきました。


「AVの子達がキラキラ出来る場所」

をみなみちゃんは望んでました。


偏見やバカにされがちな職業のAV女優だってここまでステージの上で輝けるんだぜって。


回を増す事にメンバーが変わり、
舞台女優さんを含めたOFF VIVID COLORという変則的な形をとったり、
私自身も音楽との兼ね合いで出番が少しだけ、など一時はVIVIDそのものの存続が危うい時もありました。


それでも何だかVIVIDは無くしてはいけない。
という想いがあり…

それとはまた真逆なところで
音楽だけに集中したい。
という気持ちが葛藤して、
中途半端な立ち位置になってしまいながらも今日までVIVIDのメンバーとしてステージに立てたこと、ホントに感謝してます。
ありがとうございます。



そして
その中途半端さがあらわとなる様が、
今回の出番の少なさ。

出番は開始から10分間の3シーンのみ。

ほかの演者と絡むことなくひとり芝居で出番を終える。


残りの1時間半は楽屋で過ごす…。


終演後、お客様より
「出番少な!!」とのクレームも何件か頂きました。
ありがとうございます。

理由を述べます。












ダブルブッキングです!!



ライブと舞台のダブルブッキングをしちゃったんです。


15日の金曜、
本来だったら平日なので仕事終わりのお客様を迎えるには19時からがベストの開演時間。

今回は18時でした。


なぜかと言うと、

「18時からじゃないとライブが間に合わないから(○ٹ○)」


私は18時から10分で出番を終えて、
その足でライブ会場に向かい20:30からライブを行うという、

何ともバカ極まりない強行突破を実行したわけです。


おかげで金曜日の夜の回が唯一満席になりませんでした。

これ、罰金ものです。まじで。

ほんとに迷惑極まりない。

そして、

ひとり芝居だった理由としてはライブや制作で稽古になかなか出れない。



という理由があげられます。

稽古に出れないということは、みんなと合わせる時間もない。

みんなも練習が出来ない。

つまり迷惑。


誰とも練習しないですむ役回り。


ひとり芝居。


もうこの時点で、じゃあお前なんで出んねん!!
なのですよ。

ほんとに。

それなのに演出家の中山さん、脚本家の杉山さんが、なんとか最後まで印象を残せるように…と
最大限の愛を注いで下さった結果!!!


私はあのような役になった訳ですね。


ふぅ…

書いてて辛い。

そして更に追い打ちをかけるかのように、

「セブンアップこぼし事件」

公演2日目、

頂いたご予約を受付に伝えに行った時の事、

「じゃ、よろしくお願いしますー!」
と振り返った瞬間後ろのテーブルにぶつかる。



テーブルにおいてあった缶ジュース(セブンアップ)が倒れる




缶ジュースの落ちた先にパンフレット(演者みんなのサイン入り)が入ったダンボール



セブンアップ、ダンボールの中でジャーン。



大量のパンフレットをダメにする

といった大事件を引き起こしました。


スタッフのみんなが文句一つ言わず黙々と、
それはもう仙人の様な全てを悟った目で黙々と、
事件現場を片付けてくれました…



そして、演者の皆様に謝るも

また書けばいいんでしょ?
いいっすよ!!

と…


もう、思い出しただけで泣けてくる…

ぐちゃぐちゃになったパンフは、スタッフのみんなが貰ってくれた。



舞台が始まる前から本番始まってまで存分に迷惑かけました。


本当にごめんなさい!!


これが私の最後の舞台です!!


これが!!


何とも無様な結末!!!

私が守ろうと思ってたVIVIDを私が壊しておる!


と言うことで去ることに決めました。







というのは冗談で、

見ていただいた方にはわかるとおり、

VIVID に出てたみんな、真剣に舞台に取り組んでました。


必死にエロ面白いを演じてました。


こんな事を堂々と出来て笑いに変えられるのはAVをやってる人達だからこそだと思います。


そんな中、中途半端に音楽と芝居をウロウロしてる自分に嫌気がさしました。


みんな100パーを注いでるんだから。

私も注がなきゃ。


VIVIDのみんなに教えてもらいました。



だから今回で最後と決めました。


まず音楽で一旗揚げて

もっとインプットが欲しくなったらまた手を出すかも知れません。


ひとまずはアウトプットを一点集中。


OFF VIVIDで出てくれる舞台女優のみんなと
AV女優が共演する女だけの劇団

(OFF)VIVID COLORを皆様これからもよろしくお願いします!!


お花ありがとう!!!

最高の有終の美や!!!!



爪痕じゃなく、
大いに傷跡を残して
VIVIDを卒業します。



今回の舞台でひとまずはお芝居に出るのを終わりにします。

色んなところから得た引き出しを音楽に…と思ってやって来たけど、

そんな事を言ってられないくらいお芝居も好きになってしまった。


やるならもっととことんやりたい。
全ての時間を注ぎたいと思うものがいくつもあったら身が持たない。時間も足りない。

今の私にはこれ以上お芝居で得るほどの器が無いわけで。

色んなところから得て溢れだしそうな引き出しを
本命の彼(音楽)に落とし込んで最高の愛を育みたい。


と思ってしまった。


とんだちっちゃい奴の話です。

いつだって遠回りで、
真っ直ぐ歩いてればもっと行き着く到達地点は先だったろうに。


それでも私は私でしかないわけで、
きっとこれが運命られた歩幅と道のりだったんでしょう。


なんでもない私の舞台を。
ちんけな人間の最後の舞台を。
馬鹿にしに来て下さい。


ありがたい事にほとんどの回が売り切れです。

金、土、日の夜の回がかろうじて空いてるようです。





このページのトップヘ