着物は長く着られるものを買って
着回したいと思っていますが
まだ『和ードローブ』の完成には至ってません

そろそろ、買い足さなくてもいい状態に
したいのですが
結局生きていれば、また何か欲しくなるし
似合うものも変わってくるので
一生完成はしないのかもしれません

それはそれでいいのです
でも数があればいいというわけではなく
買ってよかった『正解』の着物が増えないと困る
『失敗』だったかな~と思うものが何枚あっても
しょうがないです

で、何が『正解』かというと人によって違うので
自分で探っていくしかありません
人が着てて素敵でも自分には似合わないとか
どんなに素晴らしくてもライフスタイルに
あわないとか
買ってから『失敗』に気付くんですよね

ふだん着物(和服)←ブログ村ランキングへ

一枚目に買う着物は何が正解か、SNSか
本で読んだ記憶がありますが
着物屋さんは無地の紬を勧めていました

これは長年使えるし、着まわせるという
視点からみたら『正解』と思います
photocat

かたやリサイクル着物屋さんの意見は
いわゆる『アガル着物』を勧めていました

これはこれでわかります
一目惚れで本能に従っちゃいなよYOU
ってことですね

周りがなんと言おうと自分が好きと
思うものを着る それも『正解』
photocat
お店の傾向がよくわかるお勧めですね・・・
なので人やお店のお勧めが、自分に合うのか
よく考えないと

初心者の頃って好みが安定してないし
地味すぎ、派手すぎがわからなかったり
同じ帯しか合わせられなかったりします

でもたくさん着物を見たり、着てみたり
小物を買い足したりしていくと
スタイルが決まってきます
経験値を増やしていけばいいんです

センスは生まれつきではなく、
勉強して身につけるものなんですね

それに『失敗』を忘れないこと
自分に似合わない色、素材、寸法など
同じ地雷を踏まないように

私は記憶力に自信がなくなってきたので
そこんとこ注意が必要です




人気ブログランキングに参加しています
お帰りにどちらか1クリックお願いいたします