四天王寺 七夕のゆうべへ行ったコーデです

紫かかった茶の地色に赤い瓢箪柄の
ポリエステル絽の着物

赤の紗か羅の八寸帯
写真に撮って気付いたのですが、帯板を手前に挟んだため
めちゃ透けてしまってます
自分の目線で上から見てるとぜんぜん気付かないのよ~
直すのめんどいからそのまま通したけど

タブレットのインカメラで撮影してますので
画像反転しています
180709_185918_COLLAGE-1

半衿はポリ絽の流水柄
帯揚げは絽のはぎれ
白黒縞の三分紐に黒に金のガラスの帯留め

暑いので帯を緩めに巻いたら、下がってきちゃいました
下は締めないとダメですね
帯揚げもどんどん沈んで見えなくなった
ふだん着物(和服)←ブログ村ランキングへ

中は本麻の長襦袢を着ました

この日の気温は32℃
先週の35℃よりマシと思いましたが
やっぱ暑いね

浴衣の方が多く、私も浴衣にすればよかったと
思いましたよ
天王寺駅の方にも行くので着物にしましたが
180709_190016_COLLAGE-1

帯は角だしにしました
今回は赤を散りばめたコーデなのです
撮り忘れましたが、ネイルも赤でした

道行く方の浴衣を観察してたのですが
作り帯の方はほぼいなくて
綺麗な着付けの方が多かったです

ポリの浴衣の方がいて、やはり生地感で
わかるものですね
自分もセオアルファを持ってますが
客観的に眺めると、やっぱり「え?浴衣?」ってなる

ま、私もポリだったんですがね
着てることを忘れちゃうんですよね




人気ブログランキングに参加しています
お帰りにどちらか1クリックお願いいたします