また小雨の中、京都へ行ってきました
染織こだまさんの木綿展の初日に馳せ参じました
はじめてなので、どきどき

まずはこの日のコーデから
着物はおなじみの縞の阿波しじら
黒の紗羽織 帯は単の八寸名古屋帯
半衿は自作の半身変わり
帯揚げは船場センタービルで買ったはぎれ
帯締めは水色の細目
羽織紐はミミズク屋さんの革製
180914_212056_COLLAGE-1
ヘアアレンジをTwitterで見たシュシュをつかったのに
初挑戦しました
簡単で毛先が隠れるので、とても良いです

木綿展は一面の太物のテーマパークでした
たくさんの反物を自ら広げて、
鏡の前で自分に当ててみたり
お話を聞いたり楽しかったです

お目当ての近江ちぢみはまた来年を狙います
でも、久留米紬も素敵だし
カラフル伊勢木綿も楽しい
ミンサーの帯も欲しいし
大人のネルの羽織も個性的でした
17日までやってますよ~
ふだん着物(和服)←ブログ村ランキングへ

その後は高島屋さんの呉服フロアへ行ってきました
百貨店の呉服コーナーってちょっと緊張します
180914_212127_COLLAGE-1

法事に着られる江戸小紋を探してると聞いたら
丁寧に答えていただきました
正絹は催事でないとなかなか入ってこないとのこと
シルックではお手頃に作れるので
ゆくゆくは一枚持っておきたいな
安心な対応で、けして強引な接客はしません
なにか聞きたいときはやっぱりは百貨店がいいかも


そうそう、木綿展にてお声をかけてくださり
思いがけず嬉しかったです
こちらが勇気をいただきました
ブログを続けることも無駄じゃなかったです




人気ブログランキングに参加しています
お帰りにどちらか1クリックお願いいたします