BlogPaint
アンニョンハセヨ☆
今日は晴れて爽やかな一日でしが、意外と風が冷たくて寒い横浜です。
少々油断して軽めの上着で出掛けてしまったことを後悔。
今年も例年通り‘目の痒み’から「すぎ花粉」に反応し始めましたキムチ屋です(苦笑)
花粉症の皆さん、今春も頑張って乗り切りましょー!!(汗)

今日は冷蔵庫にある食材を使って、「豆腐のジョン」を作って頂きましたのでレシピご紹介します☆
「ジョン」は漢字で書くと‘煎’。煎じるようにじっくりと焼いていく調理法です。
プライベートでは普段のおかずから祭祀(チェサ)のお供えものまで、お仕事ではパーティー料理のご注文の際など。
とにかく作る機会の多い韓国伝統料理であります!!

「豆腐のジョン」はお豆腐をそのまま切って焼くのも美味ですが、今日はつぶしてキムチやあり合わせの材料と一緒に練ったものを丸く焼きました☆
冷蔵庫にある食材でアレンジしてお試し下さいね♪

‘チヂミ’にも共通しますが、多すぎず少なすぎずの油で、小さめの火でじっくりと色よく焼いてゆくのがおいしく仕上げるコツです☆
外はカリッと、中はふんわり♪豆腐とキムチの風味を楽しめる一品ですよ☆

キムチ豆腐ジョン 007
 ヤンニョムジャンをつけていただきます!!

☆おいしいキムチ入り豆腐ジョンの作り方☆

【材料】(直径約5cm丸形のもの約12枚分)
・木綿豆腐 1丁(重しをのせ1時間ほどしっかりと水きりをする)
白菜キムチ(出来れば熟成したもの) 60g(みじん切りにして汁気を切る)
・エノキ 1/4パック(1cm長さに切る)
・長ねぎ 1/3本(みじん切り)
・人参 30gほど(みじん切り)
・味付けそぼろ(あれば) 30gほど

・塩 少々
・小麦粉 大さじ山盛り3
・ごま油 適量

ヤンニョムジャン(薬味醤油だれ)または酢醤油 適宜

【作り方】
1、ボウルに豆腐を手でつぶしながら入れ、他の具材・塩・小麦粉を加えよく練ります。
2、フライパンを熱しごま油(大さじ1ほど)をひき、1を直径5cmほどの薄い丸形に形作ったものを、弱めの中火でじっくりと焼いていきます。ひっくり返す時にごま油を足しながら両面を色よく焼きます。
3、お皿に盛り付けヤンニョンムジャンまたは酢醤油を添えて、出来上がりです。

☆今日のポイント☆
・豆腐の水切りをしっかりとして下さい。キムチの汁を切るのもお忘れなく。
水分が多いとおいしく仕上がりませんのでご注意下さい!!

【今日使ったもの】
◆白菜がおいしい季節です!!由季家特製☆白菜キムチ
つけたて 005

◆自家製だし醤油で作る☆秘伝の薬味醤油だれヤンニョムジャン


キムチ入り豆腐のジョンて☆おいしそー!!と思った方☆
よろしければ↓ポチッとクリック↓していただける↓と嬉しいです♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ  人気ブログランキングへ
いつも応援☆ありがとうございます!!

〜一株のキムチにまごころ込めて〜
手作りキムチと韓国惣菜専門店

arrow32-001キムチの由季家
本日もご来訪に感謝です☆また遊びに来てくださいね〜♪アンニョン☆