田名部有子(北島有子)の猫とsaxophoneと 吹奏楽もろもろブログ的日記

サックス吹き田名部有子(北島有子)によるひとりごと日記。 猫やら仕事日記やらお友達やヘンなものなど。筆不精で日記がかけないのでだらだらと綴ります

新井靖志先生のこと

新井靖志先生のこと




私がこの音楽の世界に入りたい!極めたい!と思うようになったきっかけは、もちろんサクソフォーンというものの魅力や音楽に惚れ込んでとか、色々ありますが、その道にいる先生方の人間的な魅力に惹かれて、という理由も大きくあります。特に自分自身にサクソフォーンの才能があるとか自負していたわけでも目立ちたいとか売れっ子になりたいとかではなく(むしろ楽器吹くには身体的な欠点だらけで)、音楽を深く知ることや極めていくことで、何か人間性に変化を起こせるんじゃないか、と考えていたんです。ならば頂点の芸大を受けようじゃないかと。そんな中高生時代だったからです。

それまでの狭い範囲で知ることのなかった、ユーモアがあって、面白くて、夢があって、思いやりがあって、かっこよくて、演奏から人となりが滲み出てくるような面白い人たちが音楽の、特にサクソフォーンの世界に沢山いたのです。
それまで、ちょっと、実は。人生をつまらなく思っていた中、そんな音楽や人との出会いがあってからは、なんだ世界って面白いじゃない、もっと何かやりたい高めたいと思ったのです。

中3の時に聴いて衝撃を受けたアルバム、トルヴェールクヮルテットのファーストアルバム。全員のファンではありますが、特にテナーの音が美しくて、それまで自分がやっていたテナーサックスは一体何だったんだと。兄の部屋にしかなくて聴ける時間が限られているCDプレーヤーでデザンクロのテナーパートだけ耳で必死に追って何度も何度も聴いていたのです。そして兄が帰ってきたら部屋から追い出されそさくさと部屋を出る毎日。今みたいに自由に聴ける環境ではありませんでした。

セルマーのサックスキャンプという3泊4日の講習会で初めてそのトルヴェールのテナー奏者、新井靖志先生とお話しすることができました。
こんなどうしようもない高校生、しかもその時新井先生クラスでなかったにも関わらず親切で優しく色々教えてくださって、もちろん他もどんな人にも思いやりがあって優しくて、こんな素晴らしい人がいるのかと!感動しました。
ますます、サクソフォーンというものを極めて行ったらこんな素敵な人に近づけるんじゃないかと、練習に没頭する高校時代でした。
門下生でもないのにご自宅に遊びに行かせていただいたり、コンサートに足繁く通い、色々ヒントをいただいたり。あ、きっとあの時期トルヴェールや新井先生須川先生の首都圏での演奏会は皆勤で行っています。どんなに小さいものでも行っていました。

3回目くらいのセルマーキャンプでは新井先生のクラスになりました。芸大受験生でしたが、あえてボザのアリアというシンプルな歌をテーマに選んで持って行って、良いアドバイスをいただけたのを覚えています。

すごく師弟関係を尊重する先生で、大学卒業してから何度か、いや何度もお会いするたびにレッスン受けさせてくださいと直談判するも、毎回「やだ(笑)」の一言で粉砕されていました。あなたにはちゃんと先生がいるでしょう、と。今になれば、いかに大室先生を尊敬していて尚且つご自分の生徒を大切にしていたことから納得できます。ちなみにそして同じように直談判して玉砕されてた有名奏者の話も聞けました。

思い出はつきないけど、最後にお話しした思い出は、今年の5月にトルヴェールの合わせを少し見学させていただいた後のこと。その2週間前くらいに新井先生ご夫妻と子連れでお食事した際にうちの娘が転んで目の上を強打して青タン作っちゃったのをすごく心配してくださって、痣も消えて親の私がすっかり忘れてたのに、どうしていつもいつもこんなに思いやりがあるんでしょうと感激したものです。
その時のトルヴェールの合わせの最後はマイフェバリットシングス。目の前で、お客は私1人だけの贅沢なマイフェバリットシングスを聴いて胸踊り、そしてまた今度いつコンサート行けるかな、子供がいるからなかなか出れないけど次のは行きたいなと、数日は演奏の余韻にしばらく浸っていたのです。

その新井靖志先生が9/9、51歳の若さで亡くなりました。脳出血でした。
数日前、倒れたと知らせを受け居ても立っても居られなくなり、すぐ姫路に飛び(本当に旦那に感謝)、集中治療室の先生に呼びかけました。意識不明でしたが少しでも奇跡が起こせるように祈りました。でも、現実は、そうはいかなくて。

門下生の皆さんの献身的なサポートが素晴らしくて、何か手伝いはできないかと思ってたので葬儀のお手伝いも買って出てみました。先生、少しは恩返しができたでしょうか。
初七日も過ぎ、悔いのないように自分の為にも気の済むまでお見舞いして、お手伝いしたけど、どんなにしても、悔いが晴れることは無いんだと気付かされます。もう、お話しを聞くことはできないし、楽器持って遊びにおいでと言われたのに育児落ち着いたらと延ばし延ばしにしていたの、もう行けません。演奏も聴けません。

タイムマシンで時間を戻して、全ての原因を排除しに行きたいけど。


ここ数年、大切な家族や飼い猫を立て続けに亡くしていて、ちょっとは立ち直るのにも慣れて来てたんですが、無理ですね。
まだまだ、後悔と感謝と色々な感情の狭間で揺れ動いています。
とりあえず、先生が残してくださった教訓を忘れないようにします。


新井靖志先生、素晴らしい演奏家で、人格者でした。
テナーサクソフォーンの音色は沢山のプレーヤーの目標となり、
その歌心は優しく繊細で、傷みを抱える人の心に深く響きます。

もう、その音を直接聞くことはできませんが、知らなかったという人がいましたら
ソロCDやトルヴェールのCDで聞いてみてください。
田名部有子の本当に好きなプレーヤーでした。

私が意識不明で倒れた時には耳元で新井先生のCDもかけてください。


講習会で3度習ったくらいでプロフィールに書くのは失礼かなと思って書いていませんでしたが、今日を持って先生の記憶を伝える人になる為にも追加させていただきます。サクソフォーンと思いやりを新井靖志氏に師事。


ご葬儀の後、Facebookで出されたお悔やみのメッセージです。
トルヴェールでずっと一緒に演奏されてた皆さんやご家族のお気持ちを思うと、いたたまれません。


どんな方だったのか、知らない人にも読んでいただきたくリンクを貼らせていただきます。




須川先生
https://www.facebook.com/NobuyaSugawa.saxophone/posts/599600550239869


彦坂先生

https://www.facebook.com/shinichiro.hikosaka.9/posts/1244983518877181

田中先生

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1042761242506574&id=100003181234395



雲井先生

https://www.facebook.com/masato.kumoi/posts/1394886663859373


中村睦郎さん
https://www.facebook.com/mutsuo.nakamura.33/posts/1746657465597228




田名部
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1096964227046257&set=a.296893243720030.70162.100001980708447&type=3





あんな、素晴らしい人がこの先も出て来ますように。
その為にも、頑張ります。


田名部有子



10/28追記
四十九日によせて、小柳美奈子先生のコメント
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1342280049139120&set=a.448480358519098.106172.100000714148486&type=3

須川展也with田名部有子サクソフォンスペシャルコンサート

お知らせです。
来月、5/24(火)に新潟県民会館で須川展也with田名部有子サクソフォンスペシャルコンサートと題して須川展也先生のコンサートが開催されることになりました!もちろんピアノは小柳美奈子先生です。わたくし田名部も後半にテナーソロとアンサンブルで数曲参加させていただきます。

急遽決まった演奏会なのでチケットも最近発売開始したところです。きっとまだ入手可能ですのでお近くの方もそうでない方も是非是非ご来場いただけますと嬉しいです。

高校時代から足繁く通った須川先生のコンサート。CDも素敵ですがそれ以上に、須川先生の真価はコンサートの生の音にある!と間違いなく言い切れる魅力があります。

サクソフォンの、音楽の魅力を多くの人に伝えられるようにしたいというのが中学時代からのライフワークである田名部ですが、新潟県に関わっている以上もっと本物に触れて欲しい!と願っていたらふと実現できたこの企画。新潟県の多くの皆さまにお知らせできるよう応援いただければ幸いです。


チケットはわたじん楽器さんが取り扱いです。


image


image



Facebookはこちら

ブレステイキングストラップ、新作ライザプレミアム、吹いてみました!

2014-12-02-19-18-05


連載しておりますアルソ出版THE SAXレスキューレッスンは4回目。
田名部こだわりのアーティキュレーションを初心者さんに向けて書いております。
教えたことのある生徒ちゃんは、読んだら「あ!言われた!」と思い出すフレーズがあるはず。そう、秘密のコツのアレです。
字数の関係でチラッと書いただけですが。ぜひご覧ください。


さて、普段からストラップはブレステイキングを使っているのですが、先日ひょんなことから新作のライザプレミアムを吹き比べてみました。
開発の小村さんから、皮がすごく良いもので、着け心地も軽いですよ!とハイテンションで言われましたがパッと見た目はほとんど一緒(あ、オレンジの皮チャームは頂き物をつけたもので、普通は黒の皮です)


が、しかし!吹いてみてびっくり。変な声が出るほど!

2014-11-30-17-21-41


音が!音が違います!

普通吹奏感が変わっても、客観的に聴くとさほど変わらないことが多いですが、たまたま居合わせたサックスに詳しくない旦那も、音色の違いをはっきり感じたほど。(「プレミアムのほうはプロみたい」って失敬な!笑)
からだにふわり、というキャッチコピーですが、音が軽やかに明るく響きます。

紐の上げ下げもスムーズで。
高級皮の香りがいい匂い。くんくん。


ブレステイキングには首部分に当てるパッドも開発されてますが私はつけない派です。頸椎に当たってつけたほうが良い人もいてカスタマイズできるのは嬉しいですね。


サックスの演奏で重さと体の痛みってネックだと思うんですが、こうやって良いものがどんどん開発されて気持ちよく演奏できるようになるってありがたいことだな、と感じます。

出産のご報告と田名部有子営業再開のお知らせ&メールレッスン開始!



アルソ出版THESAXの連載「田名部有子のレスキューレッスン」も、もう第三回が掲載され、第四回のアーティキュレーションも先ほど原稿のチェックを終えました。
先月出版されましたザサックス11月号の第三回・タンギングはなかなか使えると思いますのでタンギングにお困りの方は是非チェックしてみてくださいね。
2014-10-02-00-54-28





さて、私ごとですが9月頭に元気な女の子を出産しました!

ちょうど夏のコンクールシーズンでしたがお腹もだいぶ大きくなった8ヶ月の終わり頃まで新幹線に乗って色々な所に教えに行かせていただきました。色々お気遣い頂いた先生、生徒の皆さん、ありがとうございました。生徒の皆さんと真剣に音楽を高めていく時間。楽しかったな。

基本産休中ということで遠出は流石にまだ無理ですが、自宅レッスンは今月から、都内のレッスンも今月から徐々に始めています。
宇都宮、新潟の音楽科の高校と短大は川島亜子さんにピンチヒッターをお願いしています。彼女は中学一年生の頃から知っているのでこんな風に代打をお願いできるようになるなんて感慨深いです。


あと、遠方の学校さん向けにメールレッスンを始めました。
時間があえば録音の到着から半日位で返信できるのと、レッスンで言われるようなことが全て文章になっているので生徒だけでも練習がはかどるのでオススメ。詳細は以下の通りです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
田名部有子メールレッスン

演奏録音とスコアを送ってもらい、それに対して細かいアドバイスをメールで送ります。

録音を送る方法・・・
iPadで聴ける方法でお願いします。宅ふぁいる便、youtubeやFacebookに投稿がおすすめ。もしくはCDに焼いたものを送っていただく方法でも大丈夫です。
スコアは郵送かPDFで送っていただきます。

料金・・・
5分程度の1曲なら一回3000円にて承ります。


その他詳細は携帯アドレスか、こちらまでお問い合わせください。
yuukosax712★gmail.com (★を@に変えてください)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






2014-11-11-19-32-29



最近すっかりご無沙汰なブログですが代わりにFacebookのほうに近況をあげてます。



THE SAXの連載が始まりました!

皆さんこんにちは。相変わらず元気にあっちこっちレッスンに行かせていただいています。iPadアプリのなぞる距離で測ってみたら5月は合計6000キロほど移動していたようです。毎年のことなのでもう慣れましたが(^ ^)

暑くなったと思ったら、もう梅雨!あっという間に季節が巡っていきますね。

さて、サックス吹きの為の専門誌、「THE SAX」に今月号から1年間の連載をさせていただくことになりました。



http://www.alsoj.net/store/view/S65.html?storecd=#.U5JxUScayK0


基礎奏法?それならお任せください!とお引き受けしたこの連載。初心者から上級者にも通じる基本を、小中高校一般などいろいろなところでのレッスンで培った独自(多分)の視点でわかりやすくお話しします。

初回は姿勢とアンブシュア。

姿勢の部分は、姿勢…というか半分脱力話です。(脱力する話、じゃなくて!そっちも得意ですが)

芸大で30年前まで体育の時間に野口体操(通称こんにゃく体操)という楽器や声楽の演奏に非常に役立つ体操をやっていたそうです。すごく楽器にいいよ、という噂だけで実態を知らなかったので卒業後しばらく野口体操を習いに行っていたこともあり、それを元にした姿勢の取り方を解説しています。

楽器の演奏はピアノでもヴァイオリンでもなんでもいかに余計な力を無くすかで格段にパフォーマンスが良くなります。楽器に限らずサッカーでも柔道でもバレエでも同じです。
ほんの少し、ですが誌面で参考にしていただけたらと。


アンブシュアも、文字数が!足りない!とかボヤきつつ書かせて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
ビギナーさんだけでなく沢山の方に読んでいただけたらと思います。

ご感想がございましたらぜひアルソ出版までよろしくお願いします♪

ちょっとよくわからなかったから一回レッスンしてくれない?なんて方は大歓迎ですのでぜひ私までご連絡ください。症状が厄介なほど燃えます(笑)

仏像とソルフェージュ

仏像彫りとソルフェージュ


何年も前、テレビで仏師のドキュメンタリーかなにかで、仏像はノミで木材に顔を彫るのではなく、木材をじっとみてその中の仏様をイメージして、ただそれを掘り起こすようにノミでなぞっていくのです。というような事を仏師が言っていました。
ふうむ、そんな世界があるのかー、と記憶に残ってました。
そしてここ数年、楽器のレッスンしてて「もっとよくソルフェージュして!」などと、特に音楽科の高校生や、音色が合わないとか言ってるブラスっ子によく言ってるんですがなかなかソルフェージュの概念の説明が難しい。ま、出したい音をイメージして、とか、よく聴いて、とかありますけど。
ピン!とこさせるには違った方面からの例えが功を奏したりするわけで。
・・・そもそもソルフェージュってなんぞ?ってのもうまく説明しにくい概念ではありますが(←大学院ソルフェージュ科受験したくせに!)

そんな時、ふとその仏師の事を思い出して、それと同じじゃない!
と結びついたわけです。
木から仏像を掘り起こすように、イメージして音を出す。

知識も方法論も大事だけど、仏師の言葉を思い出して、むむむむむーとイメージして、むん!て吹くと、ピッチも音色も合ってきます。
パッパラパッパラ吹いてる子に、ほらね、やってごらん、て言っても生徒ができるかどうかは人それぞれですが。言ってできたところで大抵一人で出来ないけど。でも大事な感覚だな、と。
きっと毎回似たような事を言わされてた原ひとみ先生は、今更何を言う(笑)とおっしゃるかもですが。今更の実感です。
調べてたら夏目漱石の小説やミケランジェロも似たような事を言っていたようです。(リンク先)
そんだけですけどね。わかっててもなかなかうまくいかないんですけどね。まる。

http://blog.looktour.net/12/11-3

https://www.facebook.com/yuuko.tanabe.7/posts/646581878751163?ref=notif¬if_t=like
Profile
はな(♀)カンノ(♂)

4c072115.jpg






ハナクソ模様が女の子
美形なおデブが男です
田名部有子(旧 北島有子)

サクソフォン奏者

東京藝術大学音楽学部卒業
これまでにサクソフォンを原ひとみ、田中靖人、須川展也、冨岡和男の各氏に、室内楽を中村均一、須川展也の各氏に、ピアノを中井正子、林達也の各氏に、ソルフェージュ・スコアリーディング等を泉炎、林達也、野平一郎の各氏に師事。

各地でのクリニックで後進の育成やソロ・アンサンブル・オーケストラなどで演奏活動を行っている。
ヤマハ蝓宇都宮短期大学・附属高等学校、広尾学園音楽科講師。
アンサンブルオットヴォーチ、YMRサクソフォンクヮルテット・アルトサクソフォン奏者。


レッスン・楽器選定のご相談は自己紹介をご覧ください
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ