ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2014年03月

さて今日のランチは何喰おうかな そう言えば昨日よりご飯物喰ってないのに気付く。
イメージ 1
ハンバーグ定食でも頂こうと付近に店ないか思案し3年半前訪れた洋食店を思い出す。
入店すると以前と変わらず親子らしい年配の息子さんとお母さんで切り盛りされてます。
この光景を見ると昨年閉店したラ・ファミーユを思い出すなぁ~
イメージ 2
日曜日はランチメニューがないため単品ハンバーグに定食セットを付ける。
とは言え1000円とお手軽価格。  メニューその一  メニューその二
イメージ 3
ハンバーグの元タネは180gくらいでしょうか、合挽き肉は豚多めの調合。
表面を軽く焼き自家製であろうデミグラスソースで煮込まれ柔らか系の仕上がり。
肉汁溢れるタイプではないがライト系デミの味がよく浸みこみ中々のお味。
イメージ 4
小鉢はひじきの炒め物、味噌汁は赤だしが苦手な私には嬉しい合わせタイプ。
マカロニサラダはカレー風味、洋食屋らしい定食でお腹一杯になりました。
店名は原→ハラって読まずを付けバラと読むそうです。

最近喰った物で感動した品を述べよと問われたら
自信をもってラルーチェの牛蒡とベーコンのトマトソースパスタだと答える。
イメージ 1
二週間前に喰ったがパスタは月替わりのためまだメニューにあるはず。
てな事で善は急げといそいそと向かうε=ε=ε=┌(* ̄o ̄)┘
店舗に到着、メニューを見るとまだパスタに変更はない、やったぁ~♪ 
いつもは料理の付いたCランチを注文するがパスタを堪能すべくAランチをパスタ大盛りで注文。
イメージ 2
水々しいサラダ
イメージ 3
自家製パン&オリーブオイル
イメージ 4
ジャガイモのポタージュ 
これからの期待感で写真撮影を忘れ一口飲んだ後に気付いたよ。(汗)
イメージ 5
前菜
イメージ 6
牛蒡とベーコンのトマトソースパスタ 大盛り
口に入れる前から何とも言えない牛蒡の良い香り( ̄ ^_ ̄*)♪
あまりに美味くて熱い内にガツガツと喰らう、残ったソースはパンに付け完食。
知り合いにパスタに関して辛口ブロガー居るが、一度喰わせて感想を聞いてみたいな。
イメージ 7
デザートはガトーショコラを選択、抹茶アイスが添えられてます。
リベイクされたガトーショコラはチョコ量多めでフォンダンショコラのような食感。
濃厚味でメチャウマヾ(@⌒¬⌒@)ノ
イメージ 8
レモンティで〆 
遠く離れた嫁にもこの味を喰わせてあげたいなぁ~と愛妻家を装ってみる。(爆)
イメージ 9
伝票にも何気ない気遣いがあります。
 
 
 

 今日は早朝より豊橋市でお仕事、ランチは美味いうどんを喰いたい気分。
イメージ 1
付近でうどん屋と言えば前回味噌カレーうどんが良かったまつふくが思い浮かび向かう。
 イメージ 2
 天丼が付いたにかけ天重を注文。
イメージ 3
 自家製のやや細麺はもっちりとプリプリ食感でコシの強さも抜群。
やや甘めの出し汁に鰹節の旨みが溶け込み良い感じ。
イメージ 4
天丼の具は海老、カボチャ、海苔とシンプルだがアッサリ丼液がかなり好みの味。
当然ながらうどんのお伴にもピッタリです。
三河うどんの基本であろうにかけが美味いと言う事は他メニューも期待できそう。
次回は五目を喰ってみたいな。
イメージ 5

愛知県はやたら喫茶店が多い。
愛知喫茶はモーニングが有名だが、皆が思ってるほど豪華内容の店はごく僅か。
大抵の店はコーヒー価格で11時頃までトースト1/2、ゆで卵が付いてるだけです。
ちなみに私はモーニングには一切興味なし。
わざわざ外出せずとも自分で美味いコーヒーとトーストくらい準備できますもんね。
某喫茶店、お昼過ぎに入店するもお客はゼロ、年配男性一人で切り盛りされてました。
メニューを見ると食事類は4種のみ、カレーにコーヒーの付いたセット800円を注文。
イメージ 1
カウンター付近に座ってたが調理してる気配がない、3分くらい経過した頃チーンとレンジ音。
耳を澄ますと鍋で何か温めてる気配、ブツが登場して納得、こりゃレンジごはんとレトルトカレーだな。
先ずは一口、ねっとり食感で激マズ・・・レトルトでこんなに不味いなんて初めてだな。
普通カレーで不味いなんてほとんどないはずだがどんだけ安物レトルトカレー使ってんだろう?
もしかして賞味期間を大幅にオーバーしてるブツかも、バカ舌の私だが1/3食べたところでギブアップ。
推測するに他のフードメニューも全て冷食orレトルトなんだろうな。
イメージ 2
おじさんにセットのコーヒーお願いすると何故か冷蔵庫を開けコンロに火を入れてる。
横目でチラチラ見ると冷蔵庫から容器に入ったコーヒーを取り出し鍋に移し再加熱してるし・・・
一口飲むと火傷しそうなくらい熱い、当然ながら香りも飛んでまるで泥水を飲んでる気分。
こんなコーヒー飲めたもんじゃないと憮然として退店、手抜き度ではNo1ではなかろうか。
以後何度か店の前を通るもお客が入ってるのを見た事がない。
それでいて営業時間は7時から21時と長時間営業、誰が利用すんだろ・・・謎だ。
 

今日は刈谷市でお仕事、ランチはソースモン気分。
イメージ 1
刈谷市、いや今まで愛知で食べた中では私的No1店の一休に向かうε=ε=( ^ー^)ノ
入店するとおばちゃんや店主の暖かいお出迎え。
モダン焼きを注文、そう言えば昨日から米を喰ってない事に気付きランチセットにする。
イメージ 2
ふんわり生地にパリっと焼かれたそばが載り上には薄焼玉子。
何度も書くが大阪&広島風のコラボで店主の職人技が光る一品。
コッテリソースを辛子マヨネーズが上手く中和してる、ご飯にも合います。
イメージ 3
ご飯は超小盛りにしたが腹一杯、超満足で勤労意欲が萎えちゃうよ。(笑)
イメージ 4
ソースモン後のオレンジジュースは不思議と美味く感じる、来月は焼そば喰ってみようかなぁ~

今日は豊橋市でお仕事、ランチはナンカレー気分。
付近にインドカレー店ないか思案し3年半前訪問した店があるのを思い出し向かう。
イメージ 8
ランチは780円よりだが本日限定で200円割引の特別セットなるブツがあり迷わず注文。
イメージ 1
先ずはセルフで大根入りカレースープを頂く。
イメージ 2
愛知名物ラージサイズナン
イメージ 3
ベーガンカリー 要は茄子カレーですね、辛さは中辛にしました。
茄子を炒めながらスパイス投入、じっくり味付けし一手間かけた汁分少なめのカレーです。
茄子の食感が適度に残り濃厚だがくどくない、日本人向けのアレンジだと思う。
辛さも自分には丁度良くナンとの相性もバッチリ。
イメージ 4
モライテッカはアッサリと、カラシカバブはスパイス強めで仕上げられ異なる味を楽しめる。
イメージ 5
カレーのお伴には何故かマンゴーラッシーが合うんだよなぁ~
イメージ 6
デザートはミニマンゴーゼリー
調理はエスニック系、ホールはジャパニーズ系の年配おじさんが担当されてます。
このおじさんがとても親切でユニーク、接客が気持ち良いと食事も美味く感じるとつくづく実感。
 
 
 

今日は愛知に移動日、ランチはくーぱーさんと落ち合いパサージュに向かう。
イメージ 1
やや場違いの男性二人だが温かいお出迎え、自身は昨年2月以来の訪問となる。
ランチは1500~2000円でチョイスシステム、2500円のコースランチもある。
前菜はキッシュ&サラダ、メインは熟成牛のミニッツステーキを選択。
イメージ 2
前菜のキッシュ&サラダ
イメージ 3
バケットはお代わり可
イメージ 4
コーンスープは濃厚な味わい
イメージ 5
熟成牛のミニッツステーキ
サイズは小さいが肉の旨みが濃縮され超ウマウマ、付属のマスタードムースとの相性もグ~
イメージ 6
デザートはみかんのコンポート
イメージ 7
紅茶で〆
料理が美味いと会話も弾む、くーぱーさんまたご一緒しましょうね。(*´ω`*)ノ
次回は皆さんともお会いできたら楽しいだろうなぁ~

昨日松月食堂で昼食後付近をウロウロと探索。
3号線に抜けようと川沿いを通過中見慣れぬ店を発見。
ウン?以前はこんな店なかった気がする、帰宅し検索すると昨年12月にオープンした様子。
事前にメニューを確認するとパスタとピザを主としたカフェのようです。
イメージ 1
値段も手頃だし散歩がてら行ってみっかな。
イメージ 2
古家を外観、内装共にハンドメイドで改装し手作り感満載でほっとする雰囲気。
イメージ 4
総席数16席の温もりのある店内。
イメージ 3
当日は誠実そうな男性2人で切り盛りされてました。
メニューを見るとパスタ4腫、リゾット、ピザから1品選び
サラダ、スープ、ドリンクが付き1050円と格安でデザートを付けても1300円。
夜も同じメニューのようで値段もほとんど変わらず気軽に利用できそう。
ミックスピザとソーセージと葱おろしレモン添えパスタをデザート付きで注文。
イメージ 5
先ずはサラダが登場、ほ~う皿もちゃんと冷やされ中々の気遣い。
イメージ 6
酸味控えめのピクルス3腫、蒸鶏が載り野菜も水々しく量もたっぷりあり見栄えも良い。
ドレッシングは自家製和風醤油味、私的感想だが最近食べたサラダの中ではかなり好印象。
最初に出るサラダが美味いとテンションが上がりメチャ嬉しい。
イメージ 7
スープは玉葱と人参のポタージュ、素材の味がしっかり感じられ胡椒味が良いアクセント。
イメージ 8
お冷はボトルで
イメージ 9
具沢山のピザは薄皮タイプ、ちょい甘めのトマトーソースが好みの味。
イメージ 10
パスタは醤油ベースのスープタイプ、大根おろしとレモンが添えられサッパリと頂けます。
イメージ 11
デザートは自家製洋梨のタルト、こちらも良い感じでかなり満足なランチでした。
イメージ 12
ドリンクはオレンジジュースを頂きました。
コース料理も事前予約ですが格安で提供してるようです、夜会合で1度は利用してみっかな。
オーナーのブログを読むと開業までの経緯がユニークなイラストと共に描かれてます。
ブログの他に簡易なHPもあるので参考にしてください。
イメージ 13
目立たない場所にあるが穴場的カフェではないでしょうか。



 

長い間訪問してないが気になってる店が何軒かある、アトリエフーもその中の1軒。
久々にオーナーのブログ覗くと何と3月23日で閉店との事。
偶然小倉に滞在してるのも何かの縁、こりゃ行くしかないでしょ。
イメージ 1
階段を上がると懐かしい光景、何せ前回訪問は転勤直前の2009年暮れだもんなぁ~
イメージ 2
今日は最終日のためテーブルはなくフリーマーケット的営業。
イメージ 3
カウンター席に座りオーナーと暫し歓談。
イメージ 6
当日メニューはチーズケーキセットのみ。
イメージ 4
最後であろう手作り感満載のチーズケーキを頂く、何だか感無量だな。
あまり知られてない店だがワンコインランチは付近の勤め人の強い味方だったはず。
開業して9年、お疲れ様でした。
イメージ 5
 
3月23日閉店

九州歯科大近くにある創業40年以上の歴史ある食堂です。
付近を散歩中まだ営業してるのに気付く。
以前何度か訪れた事はあったが21世紀になっては初訪問ではなかろうか。
イメージ 1
入店すると昔と変わらぬ佇まい、変わったのはおじさんが歳を重ねた事かな。
まぁ自分も同じく年をとったのだろうが・・・
メニューを見ると最高値でも焼肉定食が900円と昭和価格。
メニューはこちら→ 定食類 麺丼類
イメージ 2
チャンポンセットとオムライスを注文、セットのご飯は少なめにしてもらいました。
イメージ 3
チャンポンが登場、具は海老、チンゲン菜、豚肉、カマボコ、キャベツ、人参、もやし等。
麺は太麺でスープは白湯に野菜の旨みが溶け込み私が理想とする食堂タイプ、いい感じです。
イメージ 4
小鉢は塩鯖、付け合わせは一見ポテサラに見えたがよく見るとおから、食堂らしくいいねぇ~
イメージ 5
オムライスは味噌汁、サラダ、漬物、冷奴付き。
イメージ 6
上にはハインツベースのデミが載る、ちょい甘口に味付けされ椎茸が入るとは芸が細かい。
ケチャップライスの具は玉葱と鶏肉、卵で包まれ昭和チックな見栄えだがお味はバッチリ。
サラダのドレッシングもたぶん自家製で頭が下がる思いです。
お客の少ない時間帯だったのでおじさんと暫し歓談、年はとったがまだまだ元気一杯の様子。
おじさんには後○○年は無理しない程度に続けて欲しいもんです、その時は絶対通うからね。
 

このページのトップヘ