ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2016年03月

3月未訪のこんぴらうどんにて昼食。
イメージ 1
前回は定食だったので順番からすると今回はカレーうどんだな。(笑)
イメージ 2
てな事でカレーうどんに肉とごぼう天追加。
イメージ 3
いなり&味おにぎり
イメージ 4
嫁はうどん定食、ブレる事無く串カツと味ごはんを選択。
開店直後に入店も食べ終わる頃にはほぼ満席状態、そりゃ安くて美味けりゃ当然そうなるよね。
今年も恙なく通えて幸せだなぁ~ ごちそうさまでした。









八幡東区の最高蜂が店名も改め小倉北区に移転したとの情報を得て散歩がてらおやつタイム。
イメージ 1
店内にはテーブルも設置されちょっとしたカフェスペースもある。
イメージ 2
店頭では蜂蜜の他に焼き菓子も販売されてました。
イメージ 3
ハニーソフトクリーム 300円(コーンorカップから選択可)
濃厚だが後に引かない甘さでまいう~w 甘党の方には蜂蜜トッピングもあり。
イメージ 4
何の意味もないがもう1個のブツをパシャリ。(笑)
これからソフトが美味い季節なので散歩ついでに寄り道頻度が増えそうな予感。
イメージ 5



酢豚気分なのだが八仙閣は閉店、は前回残念な事になってたし・・・
イメージ 1
そうだ久々に小倉飯店に行ってみよう。
以前は年イチ位行ってたが前回訪問から3年近く経過してんのね。(汗)
イメージ 2
酢豚小
イメージ 3
やわらかい焼きそば
イメージ 4
焼餃子
久々に食したがやっぱ老舗ならでは美味さ。
でも今回は寝かせが足りないためか餃子の皮が粉っぽかったな、ごちそうさまでした。

おまけ
イメージ 5
小倉飯店前の境町公園内にある台形状建造物、妙な場所に扉あるけど梯子なしでは届かない。
イメージ 6
これってウン十年前からあるけど何なんでしょうかね



とある日、嫁はコンサートにお出かけのため何か喰って帰るとしよう。
何となく体が揚げ物を欲してる、揚げ物と言えばやっぱ大樹しかないわな。
イメージ 1
てな事で都市高速を安全運転で素早く移動、閉店間際に何とか滑り込みセーフ。(笑)
当然ながら天婦羅定食を注文、メニューはこちら
イメージ 2
先ずは名物ひげ天にんにくが登場、、実はホクホクな栗のような食感で口の中に幸せが広がる。
イメージ 3
天婦羅に合う濃い目の天液と奥様特製の床漬けも健在。
イメージ 4
絶妙のタイミングで次々とブツが登場。
悠長に写真撮ってたら折角の料理が台無しなので一発勝負で素早く撮影、ましてや素人なのに
グルメ雑誌やTV番組に影響受けたであろう箸で持ち上げた写真なんて店に失礼で撮れません。
カウンター越しにご主人の仕事眺めてたが相変わらず惚れ惚れする職人仕事。
イメージ 5
毎回書いてる事だが普段ご飯のお替りは控えてる私だがこの店だけは別格。
本能の赴くままにもう一杯頂きました、まぁそんだけ飯と天婦羅が美味いって事なんですけどね。
決して節操のない卑しい奴ではないのであしからず。(爆)
イメージ 6
今回も超満足、デフレ価格に慣れた方には1700円と一見高く感じるかもしれないが
一度喰えば納得の内容だと思う、て言うかお値段以上の価値あると思うよ、ごちそうさまでした。
食べログ上の初訪は2012年だが今からウン十年前の昭和50年代に先輩に連れられ訪れたのが
初訪、その時先輩が店に入るなりメニューも見ずに天婦羅定食2つねと言った姿が忘れらない。
自分もそんな粋な男になりたいと憧れてたがその域には遠く及ばす今に至る。
話は逸れたが創業40年を超えたこのお店、無理しない程度に末永く続いて欲しいな。







スピナで買い物ついでに敷地内のお好み焼ふそうにて昼食。
イメージ 1
ランチサービスもあるがレギュラーメニューからいつものブツを注文。
イメージ 2
ミックス焼き&ねぎミックスX2
イメージ 3
サラダをムシャムシャ喰らい焼き上がりを待つ。
イメージ 4
まもなく完成かな?
イメージ 5
できたぁ~♪
イメージ 6
ソースを塗るタイミングは人によって様々だろうがカットして塗るのが自分の流儀。
そちらの方が生地に味が沁みソース二度塗りする必要もないもんね。
チェーン店ながら生地も好み、下手な個人店行くより無難じゃないかな。
個人店崇拝が強くこの手の店を毛嫌いする人も居るが単に己の焼きが下手なだけと思うよ。(笑)
2007年大手町スピナガーデン開業と共に歩んできたふそうだが残念な事に3月31日をもって閉店。
年に数回の利用でしたがお世話になりました、ちなみに今のところ閉店のお知らせ等は一切なし。
スピナガーデン開業以来テナントで撤退するのはこの店が初めてではなかろうか。
しかし9年もの間テナントの入れ替わりがないとはある意味凄い事だと思う。
イメージ 7
2016年3月31日閉店






3月未訪のCafé うららでランチタイム。
イメージ 1
当然ながら入店前にFacebookでうらら御膳の内容は確認済み。(笑)
イメージ 2
うらら御膳 当週のメインは高菜&レンコン入り紫蘇餃子
イメージ 3
サラダ&小鉢 今回は春の訪れを感じさせる筍とがんも煮物。
イメージ 4
見た目は同じだが具材が異なる2種の餃子、レンコンのシャキシャキ感がいいねぇ~
当然ながらにんにくは入ってないので付属の柚子胡椒と合わせサッパリ頂けました。
イメージ 5
デザートは大人味のコーヒーゼリーとガトーショコラ。
イメージ 6
いつもの如くハーブティーで〆、ごちそうさまでした。
イメージ 7







3月26日で閉店予定のカフェ レイラ、閉店を知り先週慌ててカレーを頂いたばかりだが
もう食べられないと思うと無性に寂しい、なので平常営業ラスト日に訪問。
イメージ 1
開業し8年だがこのカフェが入居する前は頻繁に店が入れ替わってたよな。
こんだけ長く続くって事は愛情こもった料理と努力の賜とだと思う。
イメージ 2
サラダ&スープ
イメージ 3
名物チキンカレー
イメージ 4
レモンティ
イメージ 5
パンプキンパイ
前回も書いたがこんな事ならもう少し通っとけばよかったと後悔しきり、でも最後に食せて幸せ。
オーナーの第二の人生に幸多い事を切に願います、お疲れさまでした。
2016年3月26日閉店





とある日苅田辺りでお仕事、ランチはパスタの予定でしたが迂闊な事に定休日。
まっそんな事もあるわな、午後からは中津で仕事のため道中どっかで喰おうと車を走らせる。
イメージ 1
信号停車時にフト右手を見るとウン十年前から営業してる食堂らしき店が目に入る。
ここって通過する度に気にはなってたが入る機会はなかった、ヨシこの際なので喰って行こう。
入店すると古いが綺麗に手入れされてる、全てテーブル席でお二人で切り盛りされてるようです。
メニューを見ると種類は少ないが中華を中心としてうどん、そば、丼、洋食等のラインナップ。
ちなみに暖簾に寿しの記載があるがメニューにはありませんでした。
全体的に安いのだがカツカレー580円に対しとんかつが1400円と価格バランスがイマイチ解らん。私的にこの手の店ではチャンポンを食すのがデフォだが前日より飯粒喰ってないのを思い出す。
イメージ 2
てな事でカレーチャーハンと焼ぎょうざを注文。
イメージ 3
カレーチャーハンは見事な位パラパラ仕上げ。
具材は焼き豚、玉子、玉ねぎとシンプルで上には今時珍しくグリーンピースが数粒載ってます。
先ずは一口、ウン?パラパラなのに油でコーティングされてないとはこれ如何に
良く見ると飯粒がスモールサイズ、店で炒めたにしてはカレーパウダーが均等になってる。
拙い記憶を思い起こせばこの食感何回か喰った覚えがある。
あぁ~たぶんアレだ、無難と言えば無難だがまさかこんな場所で出会うとは思ってもなかったよ。
チンせずにフライパンで煽ればこうなるよな、違ってたらゴメンね。
量はやたらと多く400g近くありそう、頑張って完食したが夕食時になっても腹が減りません。
イメージ 4
ぎょうざは焼きと言うより揚げ焼きに近い、こちらも何となくアレかな。
やはりこの手の店ではチャンポンを頼むのが正解だったかも、ごちそうさまでした。
イメージ 5










今年初のTAIZOランチ、つい最近喰ったつもりだが前回訪問は昨年11月だったのね。(汗)
イメージ 1
今回のメニューはこちら、お手頃なAランチを注文。
イメージ 2
シーフードのタルタルサラダ、魚介類にマヨネーズで和えた玉子がええあんばいに絡む。
イメージ 3
自称謙虚な私達wは遠慮しときましたがバケットはお代わり可。
周りを見渡しても1度はお代わりする方居るも皆さん謙虚な方ばかり。
この手の店が好きな訳は卑しい輩と出会う事は少ないので気持ち良く食事できる事かな。
まぁある程度の年齢になれば恥じらいって言葉が自然に身に付くのが普通ですよね。(爆)
イメージ 4
あさりのトマトソースパスタ
イメージ 5
荒びきソーセージ、キノコ、ほうれん草のクリームソースパスタ
連日のパスタだがそれぞれ異なる仕様のため全く飽きません、乾麺使用でトマト&クリーム共に
サラっとしたソースでアッサリ仕上げ、今回はちょいとニンニクが強い気がする。
イメージ 6
ポークカレーはよく煮込まれた箸で崩れる大ぶり肉がゴロゴロ入る、ご飯の量が一時期に
比べ明らかに減ったがルーの量はたっぷりあるのでバケットを浸し食せばいいかもね。
ちなみにご飯の量は120g位ではなかろうか。
イメージ 7
オレンジ&グレープフルーツジュース
イメージ 8
デザートはグレープフルーツジュレにブルーベリージェラード載せ、ごちそうさまでした。
3日連続のパスタだがまだまだ続く予定。(笑)











連日のパスタネタ、自分にとってパスタってラーメン&うどん的位置付けなんだよな。
でも財布の中身は寂しいのでお手頃店ばかりなのはご愛敬。(笑)
イメージ 1
てな事で先月発見しちょいと良い感じだったSAMURAIで生パスタランチを食すとしよう。
今回は嫁、私共に生パスタコースランチを注文。
イメージ 2
先ずは前菜サラダ盛り、内容はチーズ豆腐パプリカソース、焼茄子と山芋のバルサミコソース
生ハムとパプリカムースのカナッペ、サラダには鶏ハムが載る、リベイクされた
バケットにはマッシュポテトが塗られ上には自慢のソースで味付けされたグリルビーフ。
どの品も手抜きなし、このプレートだけで500円以上の価値あるのではなかろうか。
イメージ 3
トマトソースパスタ
イメージ 4
カレーソースパスタ
具材は前回と同じく大根ときのこ類で大根のカットが多少異なる。
生パスタにソースが絡みメチャウマ、ぶっちゃけ今迄喰った生パスタの中でもトップクラスだと思う。
シンプル具材でもベースが良いとここまで美味くなるのだと感激。
量的にも多く聞くと200g使用してるとの事、最近控え目な胃なので次回から150gにしてもらおう。
イメージ 5
デザートはりんごコンポートグレープフルーツとアーモンド添え、プリン、ガトーショコラ
ソフトキャラメル、パウンドケーキ、それぞれ少量だが色んな味を楽しめる嬉しい盛り合わせ。
このプレートも出るとこ出れば500円でも十分通用する立派な内容。
イメージ 6
コーヒーでまったり。
場所的にやや不利とは言えこの内容と味の良さで1200円とは破格ではなかろうか。
近い内に会合で使ってみっかな、ごちそうさまでした。
イメージ 7






このページのトップヘ