ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2016年11月

八幡駅辺りで野暮用、ランチは虎之助にしようと向かうが満席状態。
イメージ 1
徒歩で行ける範囲の食事処思案、3年前に頂いたお好み焼きが良い感じだったのを思い出す。
てな事で即移動、ワンコインよりランチメニューもあるが通常メニューよりミニサラダ
ミックス焼きX2、特製ねぎ焼きを共に山芋入りで注文。
イメージ 2
青物中心のミニサラダだが梅じそ風ドレッシングで食前胃の準備運動にはピッタリの一品。
イメージ 3
特製ねぎ焼き、マヨネーズがデフォなので共に抜きでお願いしました。
イメージ 4
ミックス焼き、どう見てもねぎ焼きと似通った外観だよね。(笑)
フワフワ食感で粉っぽさは全くなし、熱々の鉄板に乗りハフハフしながら美味しく頂けました。
イメージ 5






11月2度目の会合日、予約なしでバンケットに行くも予想通り満席。
イメージ 1
てな事で小倉駅裏に移動、5年ぶりにカフェ パッソに入店。
ランチメニューはこちら、メインにパスタorピザの付いたコンビナーレランチを注文したつもりだが
意思疎通不足のためかメインが付かないPassoランチに変更、まぁたまにはこんな事もあるよね。
イメージ 2
サラダはバイキング方式、野菜の種類は少ないが値段の割に十分な内容でドレッシングは3種。
イメージ 3
パスタは2種から海老とキノコのトマトソースを選択、ちょいと盛り付けと仕上げが雑かな。(汗)
麺の茹ではいい感じだが肝心のトマトソースに旨みがなく麺との絡みもイマイチ。
スープは甘みが強いカボチャポタージュ、自家製で引きのあるフォカッチャに
添えられるのはオリーブオイルと思いきやハチミツ、しかし意外とこれが美味い。
イメージ 4
ピザも2種から選択できるのでボロネーズピザを選択、こちらは普通かな。
イメージ 5
ドリンクとデザートは別注、オレンジ&グレープフルーツジュースにしました。
イメージ 6
デザートはケーキ5種から選択可、レモンとクリームチーズケーキの土台はタルト。
イメージ 7
木苺ムースケーキ、好みはあろうが個人的に満足度は今一歩って感じでした。










定番のあらえびすにてランチタイム、メニューはこちら
イメージ 1
今回は奇跡的に日替わりが残ってたので久々に注文してみた。
イメージ 2
唐揚げのおろしソース
イメージ 3
鯖の生姜煮
イメージ 4
小鉢はゴーヤとちりめんじゃこの旨煮、漬物の彩りも綺麗で今回も文句なしの美味さ。
イメージ 5
夜食用にハンバーグ弁当も購入、ごちそうさまでした。
イメージ 6





中津市で仕事だがランチは何喰おうと考えながら23号線沿いに車を走らせる。
イメージ 1
信号停車時ふと右手を眺めると飲食店ぽい建物が目に入る、車を駐車場に停め見ると7年前
宇佐市で食したとんかつ屋と同じ名称、ヨシ周りには店も少ないのでここで済ませるとしよう。
店内に入るとファミレス並の広さでテーブルと対面式のカウンター席。
ランチメニューもあるが惹かれる物がないので通常メニューよりヒレかつと海老フライ膳を注文。
ご飯は白米or雑穀米の一種の黒米、汁物は豚汁or白葱と豆腐の味噌汁から選択できます。
白米と豚汁を選択、テーブル上には2種のソース(甘口、辛口)とドレッシング(胡麻、柚子)の他に塩、胡麻、七味唐辛子、醤油、パック辛子 が設置されてます。
イメージ 2
先ずは漬物3種が登場、この辺はお代わり可含め浜勝と似たシステムですね。
まぁ塩分強い物なので早々お代わりする方は少ないでしょうが。(笑)
しかしながら中央の大根とニンジン浅漬けに乗ったもろみが甘くていい感じでした。
イメージ 3
ブツが登場、ソースは辛口と甘口を2:1でブレンドして使用、すり胡麻を使うとソースの粘度が
ドロドロとなり使い過ぎるのでパス、豚汁は九州らしい甘みのある白味噌仕立てで具材もたっぷり。
イメージ 4
パン粉は粗目タイプだが衣は控えめ、海老はプリプリとまでいかないがそこそこのサイズ。
付属のレモンとタルタルソースで食す。
ヒレのサイズは小さいが縦切りで厚みがある、共に油切れも良く満足なランチとなりました。
ちなみに漬物の他にご飯とキャベツもお代わり可、ある種の方にはたまらないサービスですよね。
なのでキャベツのみお代わりしてサッパリ系の柚子胡椒ドレッシングで頂きました、ごちそうさま。




南区でお仕事、昼食はあれこれ考えるのも面倒なので訪問先からほど近いこちらで済ませよう。
イメージ 1
6年ぶりの再訪、入店すると旧いながら綺麗に手入れされ前回同様お二人で切り盛りされてます。
イメージ 2
メニューを見ると8年間以上価格据え置き、ちゃんぽんとおにぎりを注文。
イメージ 3
具材は豚肉、イカゲソ、カマボコ、キャベツ、人参、もやしと十分な内容。
鶏ガラベースの淡いスープの表面には炒めで使用したラードの膜が張りスープにコクを増す。
前回は塩が強かったが今回は自分的には丁度良い、太麺使用で野菜の炒めも上手い。
ブログ的には麺リフトした方がいいのだろうが素人が調子に乗って下手な事しても
絵面的に見苦しい写真になりそうなのでパスね。(笑)  ごちそうさまでした。
イメージ 4






散歩途中3年ぶり小倉リーセントホテル内のレストラン響に立ち寄りランチタイム。
イメージ 1
メニューはこちら、お刺身御膳とサーロインステーキセットを注文。
イメージ 2
お刺身御膳には茶碗蒸し、小鉢(わかめ茎の和え物)、味噌汁、漬物が付く。
イメージ 3
刺身は帆立、蛸、鮪、鯛、いくら、ヒラス、烏賊とバラエティ豊か、それぞれ少量ながら十分な内容。
イメージ 4
ステーキセットのコーンスープ&サラダ スープの濃度は濃くて懐かしの味わい。
イメージ 5
ステーキは120g、パンも選べるがライスにしました、ソースはデミorジャポネから選択可。
イメージ 6
付け合わせはブロッコリー、ベビーコーン、キャロットグラッセ、ハッシュドポテト。
さすがにこのサイズだとミディアムって訳にはいかないが焼き具合7分目で皿も温められ良い感じ。
お昼前に入店も食べ終わる頃にはほぼ満席、ごちそうさまでした。
イメージ 7

おまけ
イメージ 8
ようやく届いたよ(汗)、いくらなんでも発送遅いちゅ~ねん。









貸し切り等で2軒の店に振られアルコール抜きでいーとんにて夜会合。
イメージ 1
コンビネーションサラダ、今日も野菜が美味くてご機嫌
イメージ 2
スパイシーチキンカレー【ハーフサイズ】
イメージ 3
季節メニューのたっぷり彩り野菜のえびキーマ
同行者も満足そうでよかったよかった(笑)、やっぱここのカレーは何喰っても間違いないな。
この後某所でお茶して解散、ごちそうさまでした。





8月以来のTAIZOでランチ、お手軽なAランチを注文。
イメージ 1
エビとアボカドのタルタルサラダ
イメージ 2
お代わり可のバケット、食感異なるのでもしかしてパンの仕入れ先変わったかも
ちなみに今回もお代わりはパスね。(笑)
イメージ 3
キノコ、ベーコン、ほうれん草のトマトソースパスタ
イメージ 4
サーモンのクリームソースパスタ
イメージ 5
鶏腿肉のソテー カポナータ風
イメージ 6
オレンジ&グレープフルーツジュース
イメージ 7
デザートは後口サッパリのブラッドオレンジジュレにグレープジェラード載せ。
今回も大変美味しゅうございました、ごちそうさま。
イメージ 8








直方辺りでお仕事なのでランチは999で頂くとしよう、よう考えると昼は初利用なんだよね。
イメージ 1
9月以来の訪問だが以後何度か夜に店舗前まで行くも照明が消えていた、当日入店前に
入口横見るとしばらくの間は昼営業のみとの張り紙、最近夜開いてないのはそういう訳なのね。
イメージ 2
メニューはこちら、昼は日替わりもあるようだが遅い時間帯だったので売り切れ。
魚フライ定食と繊維質補給のため野菜サラダを注文、ご飯は2/3に減らしてもらいました。
イメージ 3
何ちゃ事ないサラダなのだがオーロラソースとの組み合わせで美味いねぇ~
イメージ 4
やっぱ魚フライと言えば鱈系の白身が合う、サクっと揚がったフライは結構な肉厚で食べ応えあり。
自家製タルタルソースにカボスを絞りサッパリと頂けました、ごちそうさま。
イメージ 5







小倉駅裏手の駐車場に車を停め新幹線乗車前に付近でランチでも喰おう駅裏検索。
イメージ 1
そう言えば以前何度か利用したBase Cafeがいい感じだったのを思い出し4年ぶりに入店。
ランチは基本1種のみ、単品メニューもあるようです。
イメージ 2
先ずサラダ、たっぷりレタスに水々しいアーリーレッドとロースハムの組み合わせ。
ドレッシングはシンプルなビネガータイプだが酸味が効いて中々のお味。
イメージ 3
パンorライスが選べるので当然ながらパンを選択。
ええあんばいにリベイクされたライ麦&バケットが登場、オリーブオイルで頂きます。
イメージ 4
メインはパリっと焼上げた鰆のポワレといい揚げ色のチキンカツレツ。
ポワレにはバジル香るジェノバソース、カツレツはフレッシュトマトと粉チーズを使ったミラノ風。
共に丁重な仕上がりで美味いねぇ~ 付け合わせ野菜の彩りも綺麗です。
イメージ 5
ドリンクも付くのでアイスティを頂きました、これで1000円で頂けるなんて幸せ。
イメージ 6デザートは別注で300円、アップルシャーベットの下にはバニラアイスが隠れガトーショコラに
フルーツまで付く文句なしの内容、久々に食したが超満足、この後新幹線で爆睡タイム。(笑)
イメージ 7








このページのトップヘ