ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2017年06月

嫁不在のため何か喰って帰ろう、てな事であらえびすに立ち寄る。
イメージ 1
夜メニューのハンバーグと海老フライの取り合わせを注文。
イメージ 2
そう言えば海老フライは初食だよな、美味さの秘訣はデミとタルタルソース組み合わせ。
誰かさんも同じ物喰ってるようで考える事は似通ってますね。(笑)
今回も満足度一杯で幸せ、ごちそうさまです。
イメージ 3



筑豊方面でお仕事、ランチはパスタ気分、以前より気になる店があるが一時期休業してた。
当日店舗前を通ると再開してる様子、なので入ってみる事にした
イメージ 1
入口には風変わりな銭湯風の暖簾がはためく、ドアは自動風だが手動の引き戸。
入店すると歴史ありそうな風情、お昼時だが先客は1組のみでややドヨ~ンとした雰囲気。
テーブル席がメインのようだがあまり使用されてないカウンター席もあり。
当日は年配のお二人で切り盛りされてました。
メニューを見るとパスタ、ピザ、前菜と一通りのラインナップ。
何故かリゾットではなくピラフがあるとは不思議だな。
ランチメニューはないも昼夜共通のセットがある、単品パスタは1000~1500円。
一番手頃な一人用のサービスセットは1600円(税別)、ちょっとお高めだがそれにしよう。
内容はサラダ、選べるバケット、1050円までのパスタ、ドリンク。
イメージ 2
サラダには刻みゆで卵が乗る、別添えのドレッシングは醤油ベースのピリ辛タイプ。
選べるバケットは10種くらいあり、ハム乗せを選択。
イメージ 3
パスタはフレッシュトマトを選択、他の具材は冷凍インゲンとベーコン。
上にはとろけるチーズが乗る、サッパリと頂け暑い季節にピッタリの一品。
麺の茹ではアルデンテ、それほど量はありません。
イメージ 4
ドリンクはオレンジジュースを頂きました。
イメージ 5
食後はフルーツのサービスもあり。
先日訪れたアクアヴィータと比べると割高感は否めない、パスタ自体は美味いんだけどね。
知る人ぞ知る店なのかな、ごちそうさまでした。
イメージ 6





熊本方面でお仕事、高速道路移動なので道中広川SAにてランチタイム。
イメージ 1
入店するとビーフバター焼きでお馴染みのグルメ風月あるやん。
福岡市内だけでなく手広く展開してるのね。
他店はフードコート形式で気乗りしない、無難にここで喰って行こう。
メニューはこちらこちら天神店とは微妙に値段とメニュー内容が異なる。
ビーフバター焼きとハンバーグがセットになったコンビを注文。
ライス、スープセットとサラダを付けました。
イメージ 2
サラダは青物中心だが量がある、ドレッシングは野菜がミキシングされた濃度あるタイプ。
シンプルなコンソメは塩分強め。
イメージ 3
小ぶりなハンバーグは注文を受け都度成型、下にはたっぷりのスパ。
お馴染みのバーベキューソースをかけると湯気と共に何とも言えない香ばしい香り。
ライスはお代わり可との事、素晴らしいですねぇ~(棒読み、笑)
イメージ 4
熱々をハフハフしながらライスと共にかき込み幸せ気分。
これで仕事がなければ最高なんだけどな、ごちそうさまです。
イメージ 5



筑豊方面でお仕事、久々に999に行くも駐車場が埋まっている、まぁ昼時なので当然だわな。
イメージ 1
てな事で移動、暫し車を走らせるとやよい軒が目に入る。
ウン 以前この場所にはなかったよな、とりあえず飯粒喰いたいのでここで済ませよう。
店内は真新しい、後でHP見ると先月オープンしたばかりのようです。
注文は発券機にて、いざメニュー見ると心惹かれる物がない。
イメージ 2
めんどくさいので発券機中央の一番目立つ場所に表示された厚切りカルビミックス定食を選択。 
漬物は取り放題だが常識の範囲で適量頂きました。
千切りキャベツ中心のサラダにはゴマドレ、味噌汁は合わせタイプ。
イメージ 3
カルビには下味が付いてるがエバラ風焼肉のタレも別皿で添えられる
他にチキン南蛮、身が細いエビフライとの組み合わせ、付け合わせはもやしと冷凍インゲン。
980円ならこんなもんでしょ、ごちそうさまです。
ちなみに配膳口近くにジャーが設置されライスお代わりはセルフでお好きなだけ。
素晴らしいですねぇ~、ある種の方には嬉しい配慮かも。(棒読み、笑)イメージ 4






久々に美味い蕎麦でも喰おうとよし田に行くも満席で待ちもある・・・
イメージ 1
待つほど気長な性格ではないので付近の飲食店検索。
そう言えば蕎麦とはジャンルは異なるもアクアヴィータが側にあるやん。
この店、食べログ始める前に一度訪れた覚えがある、誰と来たかは内緒。(笑)
店内はテーブル席がメインだがカウンター席もあり、当日は着物姿の女性が接客してました。
ランチメニューは1000~4000円。(税別、1000円は平日のみ)
4種のパスタor2種のピザorリゾットからチョイスする選べるランチにしました。
イメージ 2
先ずは前菜盛り合わせ、レバーパテが苦手な私だがここのブツは癖もなく食べ易い。
      ココットに入るはイカの甘煮でご飯が欲しくなる味。
どの品々も手抜きなくいい感じ、前菜が美味いとテンション上がるよね。
イメージ 3
パンはちょいハードタイプ、胡桃とレーズンが入った2種。
イメージ 4
スモールボウルに注がれたミネストローネにはセロリも入り野菜の旨みたっぷり。
イメージ 5
クリームソースパスタにはズッキーニ等の夏野菜が入る。
ソースは濃厚タイプだがくどさはない。
イメージ 6
トマトソースパスタの具材はシンプルにベーコンとエリンギ。
ほのかにニンニク香るパスタだが後口悪さは感じず、麺の茹でもバッチリ。
シェアして喰ってる時に気付いたが2種のパスタ、明らかに麺の太さが異なる。
共に乾麺なのだが用途によって麺の種類を変えるとは芸が細かい。
イメージ 7
マルゲリータは薄皮のクリスピータイプ、トマトソースの旨みとチーズのバランスがいいねぇ~
イメージ 8
デザートはカボチャプリン、チーズケーキ、リンゴシャーベットの豪華3点盛り。
全て自家製みたい、こちらも手抜き無しで中々美味い。
イメージ 9
グレープフルーツ&オレンジジュース
お値段以上の内容で幸せ気分、小倉からはちょい微妙な距離だが夏フェスタの候補にしよう。
ここなら相棒達も満足してもらえるかもね、ごちそうさまでした。








アミュプラザで買い物を済ませお昼時、ランチは6階レストラン街で喰おうかな。
久々にレストラン街に向かうと全面リニューアルされて驚き、でも心惹かれる店は皆無。
イメージ 1
そう言えば7階にも直営レストランが2軒あったよな、てな事でエスカレーターで移動。
洋食の方は以前は違う店名だったと思うが今更あれこれ考えるのも面倒なので入店。
メニューを見ると1450~2500円、ランチメニューはこちらこちら
コース以外はメインを選びスープ、サラダ、デザート、パン、ライス、ソフトドリンクのブッフェ付き。
要はメイン以外はバイキングって事ね、牛ロースステーキと牛フィレステーキを注文。
イメージ 2
先ずはウーロン茶を汲みサラダを盛る、野菜の種類はポテサラ含め7種
ドレッシングは自家製であろうゴマ、フレンチ、柚子の3種。
全て試してみたがちょいピリ辛で酸味が効いた柚子タイプが好みでした。
ドリンクバーはコカ・コーラタイプの他にボトルに入ったドリンクが5種、お冷もセルフ。
ホットドリンクはコーヒーとパックティ。
イメージ 3
スープはビシソワーズ、コーンポタージュ、野菜の3種。
イメージ 4
熱々の鉄板に乗った牛ロースステーキは150gくらいかな、ステーキ下にはタマネギが引かれる。
イメージ 5
牛フィレステーキは控えめサイズで80gくらいではなかろうか。
値段からして肉質はそれなり、サイズが小さいためか共に火が通り過ぎ。
ステーキソースは定番のジャポネだがちょいとニンニク効き過ぎ、なのでドレッシングで頂きました。
焼き野菜はゴマ、肉は柚子で食したが意外と合う。
ライスはセルフでお好きなだけ、やっぱ肉にはライスだよね。
パンも8種あるがさすがには腹に入らず、でもある種の卑しい方にはたまらないかも。(笑)
パンの写真はこちらこちら
理想と現実がかけ離れてるのは理解してるがメニュー写真と現物の落差が大きい。
その点、メニュー写真に忠実なロイヤルホストは素晴らしいと思う。
イメージ 6
デザートは何となくファディタイプかな、この他にヨーグルトとフルーツもあり。
従業員は多いのだがデザート類の補給は停滞気味、従業員の連係がスムーズでないのも一因。
イメージ 7
最後はコーヒーで〆、ごちそうさまでした。
イメージ 8







南区でお仕事、ランチはパスタでも食おうとCafe 花に向かうが休業中の張り紙
4月に店舗前通過した時に同じ張り紙あったのであぼーんしたのかな、ブログも閉鎖されてるし・・・
当日は訪問先に車を駐車してたので徒歩で付近を探索。
近くのスーパー付近には色んな店あるのでどこに入ろうかな。
セルフプロデュースに熱心な蕎麦屋も健在みたい。
フト見ると美味しんぼ澤なる洋食ぽい店が目に入る、ヨシここにしよう。
駐車場は店舗横に2台分あり。
イメージ 1
入店すると昭和54年開業との表示、旧いながらもちゃんと手入れされてます。
店内は板張りの小上がり席とカウンター席、当日は年配のお二人で切り盛りされてました。
テーブル上には灰皿設置されてないもカウンター隅に重ねてたので喫煙可のようです。
メニューはこちらこちらの他に焼肉定食880円、アフターコーヒーは200円。
ハンバーグ、海老フライ盛り合わせ定食を注文。
イメージ 2
先ずはポタージュスープが登場、メチャ胡椒が効いてる。
イメージ 3
メインが登場、ライスの量は250gくらいかな。
イメージ 4
小ぶりなハンバーグのタネは100g前後でしょうか。
チキンもブレンドされてるようでソースはアレンジ系のデミ、少し苦味を感じるタイプ。
このハンバーグに似た味どっかで喰った事あるよな。
思い出した! マルシンに似た食感と味だ、ちゃんと店で成型してるのにある意味凄い。
海老フライは小ぶりが物が2尾、赤スパは都度炒めてます。
サラダには酸味の効いたシンプルな自家製ドレッシング、ロースハムが1/4枚添えられる。
何故か玉子焼きと蓮根、ちくわ、椎茸の煮物、いわし明太和えも付いてました。
お昼前に入店時、客は私のみでしたが12時過ぎると付近の勤め人や住民らしき方々が続々入店。
ほとんどの方は日替わり注文してるみたい、ちなみに当日の日替わりはハンバーグでした。
私的には店名の美味しんぼに少し及ばなかったが地域密着の店なんでしょうね、ごちそうさま。
イメージ 5






食べログでは今でこそ口コミシステムが改定され表示されないようになったが
数年前まで明らかに自作自演であろう口コミがゴロゴロ転がっていた。
単身赴任当初、このコミニュニティに参加し暇に飽かせて怪しげな店のレポしてた。
北九州で特に酷かったのが南区のこちら、今は消えたがどう見ても同一人物が投稿した高評価口コミが10件以上。
今も僅かだが痕跡は窺える→ 口コミⅠ 口コミⅡ 口コミⅢ
ちなみに私の口コミはこちら。(笑)
しかしこの店、私が口コミ投稿した後に有料会員店に加入したようだが何かメリットあるのかな?

セルフプロデュース的店に10軒以上行ったが先入観からか良いと感じた店は皆無。
何事も地道に歩むのが一番ですよね。

南小倉駅付近の名所と言えばカフェ ピーチェ、今回もお手軽なおやつを頂きました。
イメージ 1
この季節ならではのコーヒーゼリー、ソフトクリームとの相性もバッチリ。
イメージ 2
アップルワッフルにソフトトッピング
やっぱ焼き立ては美味いよね、おまけに安いし。(笑)
イメージ 3
お馴染みのオレンジジュース、ちょとした工夫で別物の美味さ。
今回もごちそうさまでした。
イメージ 4



筑豊地方でお仕事、ランチは2月以来の蔵司で頂きました。
イメージ 1
メニューはこちらこちら、ここ最近はあじフライ定食ばかり注文してるが何か違った物にしよう。
イメージ 2
3種カツ盛り合わせのレディース定食、男性でも注文可との事なのでそれにしました。
ご飯はデフォでも量が多いので半分に減らしてもらう。
イメージ 3
カツの内容は有頭エビフライ、ヒレカツ、クリームコロッケの組み合わせ。
ソースが1種のみでちょいと寂しい、タルタルソースは無理にしてもマヨネーズが欲しいな。
この店に初めて訪れたのは20世紀のGX時代、今も当時と変わらぬ値段とはある意味凄い。
ごちそうさまでした。
イメージ 4




このページのトップヘ