ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2017年07月

南区で野暮用を済ませ時刻は14時過ぎ、ランチにしたいが個人店は軒並み中休み中。
イメージ 1
そう言えばデルジョルノは通し営業なのを思い出す、てな事で即移動。
前回訪問は約3年前、単品メニューより以下を注文。
イメージ 2
野菜サラダ
イメージ 3
たっぷりトマトソース デルジョルノ風
イメージ 4
バジルソースのジェノバ風 バジルとベーコン
イメージ 5
和風スパゲッティ うめしそ
イメージ 6
マルゲリータ
イメージ 7
アイスコーヒー&グレープフルーツジュース
イメージ 8
赤ぶどうのジェラード
過去数度訪れた時にはアタリとハズレの差が激しい印象があるが今回はアタリかな。(笑)
14時過ぎだが相変わらず賑わってました、ごちそうさまです。




テレビ見てると世は土用丑の日なるイベントらしい、我が家も便乗して鰻でも喰ってみっかな。
イメージ 1
てな事で井筒屋レストラン街の川淀に向かう、前回訪問は昨年4月、随分間が空いたな。
メニューはこちら、慎ましくセイロ蒸しの中串を注文、嫁はご飯少なめ&葱抜き。
イメージ 2
肝吸い&糠漬け&山芋のザク切りポン酢かけ
イメージ 3
ふっくらうなぎとタレの絡みがいい感じ。
北九州の主要うなぎ屋4店、全て訪れた事あるが個人的にはここが一番好み。
何気に紙おしぼりも上質な物使ってるんだよね。
イメージ 4
当日のフルーツはメロン、今回もごちそうさまでした。

おまけ
イメージ 5
うなぎを喰うと何故か冷やっこい物を食べたくなる。
てな事でカフェピーチェにてデザートタイム、ここのコーヒーゼリーも美味いんだよなぁ~







連日筑豊地方でお仕事、三日目は蔵司に向かう。
イメージ 1
メニューはこちらこちら、お手頃な昼定食を注文。
イメージ 2
メインは魚or串かつから選べるので魚を選択、アジフライと白身魚でした。
イメージ 3
刺身も付いてます。
イメージ 4
味噌汁は蟹汁、小鉢も付いて680円とは超サービス価格。
自分の記憶では20世紀から値段は据え置き、店はイニシエ系だがまだまだ元気に営業中。
次回は串かつにしてご飯は減らしてもらおう、ごちそうさまでした。




暫く休業してたが最近再開した大将にて、昨年9月以来の昼食。
イメージ 1
メニューはこちら、チャーシューメンとおにぎりを注文。
イメージ 2
ややスープが少ないので替え玉には向かないがワンコインなら上々ではなかろうか。
ふりかけまぶしたおにぎりも100円とは思えぬ内容、ごちそうさまです。
イメージ 3


筑豊方面でお仕事、ランチは訪問先付近のふくぜんに4年ぶりに立ち寄る。
イメージ 1
店内はカウンター、テーブル、座敷席で以前と変化なし、セルフで頂ける漬物類も健在。
焼き魚定食を注文、当日はホッケとの事。
イメージ 2
先ずはセルフの漬物と茹でもやしを適量皿に盛りブツの登場を待つ。
イメージ 3
ブツが登場してびっくり、一瞬天ぷら定食と勘違いするような豪華内容。
イメージ 4
メニューには天ぷら付と書いてるがナス、カボチャ、ピーマン、ごぼう、海老と予想以上の内容。
ごぼうはちゃんと下茹でされてるし全て揚げたて、味噌汁はタマネギと溶き玉子入りの貝汁。
これだけでも700円以上の価値あるんじゃないの。
イメージ 5
ホッケも立派な切り身でびっくり、もちろん焼き立てです。
ご飯も美味いしこの内容で880円とは驚異のCP、ごちそうさまでした。
イメージ 6











嫁不在のためあらえびすにて夕食、メニュー見るとひとくちチキンカツが追加されてる。
改定された現行メニューはこちらこちら
イメージ 1
塩さば焼き定食にひとくちチキンカツ2個追加、ちなみにデフォの定食には6個付いてるとの事。
イメージ 2
皮までパリっと焼かれいい感じ、ご飯が進みます。
イメージ 3
その名の通り一口サイズのチキンカツは胸肉使用でしょうか。
ソースとレモンとの相性もバッチリ、今回もごちそうさまでした。
表題には投稿2000件目と記載したがともだち限定除くと表面上は1794件。
飽きっぽい自分ながらよく続いたとある意味感心したよ。(笑)


宮若市でお仕事、お馴染みの龍太郎でランチ予定でしたがここ3日、白飯喰ってないのに気付く。
以前宮若市のマクドナルドで買い食いした時、敷地内の居酒屋がランチ営業してたのを思い出す。
イメージ 2
てな事で即移動、昼は11時から営業されてるようです。
店内はテーブル、個室風座敷、カウンター席と居酒屋らしい造り。
カウンター席に着席、灰皿設置されてるので昼も喫煙可のようです。
メニュー見ると定食類が19種、うどん&そば、丼物、カレー、おまけにピザもありメチャ豊富。
その他、和風チャンポンなる物もありました。
居酒屋ランチって意外とアタリが多いけど、こんだけメニュー豊富だとある事が脳裏に浮かぶ。
暫し悩み、無難にチーズ・イン・ハンバーグ定食を注文。
昼食時は白飯お代わり自由との事、素晴らしいですねぇ~(棒読み、笑)
イメージ 1
約5分でブツが登場、ハンバーグは鉄板に乗りジュージューと音をたて熱々状態。
イメージ 3
ハンバーグを見るなり一目で便利な物だと判明、自分の苦手なタイプでなければいいのだが・・・
箸を入れるとかなりの弾力、あぁ~苦手なタイプだな。(汗)
その名の通り、中には塩分強めのとろけるチーズが入ってます。
醤油ベースで濃い目の味付けしてるが特有の癖もあるのでグレードは高くなさそう。
頑張って2/3は食したが残りはパス、残してゴメン。
付け合わせはもやし、コーン、ブロッコリー、人参、フライポテト。
イメージ 4
ところてん、焼き茄子、カットグレープフルーツも付いてました。
今回は完全にメニューの選択を誤ったな、ごちそうさまでした。
イメージ 5






久々に土日は待ちの並びができるスカッサカッツィにてランチ。
当然ながら私達は並びのない日に利用、このクソ暑いのに待ってなんかいられないもんね。
ランチメニューはこちらこちらパスタコースを注文。
イメージ 1
先ずはほろ苦いドレッシングが特徴のサラダが登場。
イメージ 2
前菜はイカマリネをクスクスにて、刻みトマトの酸味がアクセントに。
イメージ 3
バケットのデフォはガーリックオイルなのでバターに変更。
イメージ 4
パスタはお馴染みの和牛ホホ肉のラグーソースパスタにしました。
スッキリ味の生ハムのレモンクリームソースパスタも魅力的なのだが
やっぱここではラグーソースが一押しなんだよなぁ~
イメージ 5
デザートはマチェドニアにジェラードを乗せた一品。
イメージ 6
オレンジ&グレープフルーツジュースで〆。
今回も美味かった、ごちそうさまです。











嫁が懇親会で利用し、ピザが美味かったとの事なので家族でランチ利用してみた。
イメージ 1
場所的に脇道に入った場所なのでちょっと解り難いかな、ナビ使用をお勧めします。
駐車場は店舗横に4台分、前道が狭く大きな車は停め難いかも。
店内は4人用テーブルが5卓とカウンター席、当日はお二人で切り盛りされてました。
メニューはパスタ、リゾット、ピザ、ドリア、コースの基本5種で1000~2000円。
コース以外はサラダ、スープ、前菜、ドリンク、デザートの組み合わせが3種あり。
パスタはクリーム、トマト、和風ソースの3種から選べます。
パスタ、ドリア、ピザランチを注文、スープ、前菜、ドリンク、デザートが付いたCセットを注文。
イメージ 2
前菜は鯛のカルパッチョが乗ったサラダ、ドレッシングは珍しい味噌ベース。
その他に白身魚のエスカベッシュ、レバーパテが乗ったバケット、レッドキャベツマリネ
イタリアンオムレツと豪華版。
イメージ 3
スープはジャガイモの冷製ポタージュ。
イメージ 4
マルゲリータはたっぷりトマトソース、もっちり生地の引きも良く中々美味い。
イメージ 5
ドリアの具はエビと小柱、香り豊かなジェノベーゼソースにチーズがベストマッチ。
バターライス使用、熱々をハフハフしながら食すと幸せ気分。
イメージ 6
パスタはベーコンと揚げナスの辛口トマトソースを選択。
細麺使用でソースとパスタの絡みも文句なし。
イメージ 7
パスタにはフォカッチャも付いてました。
イメージ 8
大きなグラスにたっぷりの氷と共に入ったオレンジジュース、冷え冷えで沁みるねぇ~
イメージ 9
デザートはイタリアンプリンとジェラードの豪華盛り合わせ。
どちらもハンドメイドでいい感じ。
かなり満足なランチでした、ごちそうさまです。












南区でお仕事、さてランチは何喰おうかな
連日の猛暑で食欲は減退気味、何かサッパリした物がいいな。
イメージ 1
とは言えうどんorそば気分じゃないし、そうだ近くのクローバーカフェでスープパスタにしよう。
てな事で即移動、メニューはこちらこちら
イメージ 2
ナスとトマトのスープパスタセットを注文、シンプルサラダにはイタリアンドレッシング。
イメージ 3
お代わり可のパン(笑)、私はこんだけあれば十分なのでお代わりはパス。
イメージ 4
パスタは細麺使用、早茹でタイプかな、カットトマト&ナスがゴロゴロ入る。
チーズも入ったトマトジュースベースのスープはほど良い酸味と塩分で火照った体に染み渡る。
イメージ 5
ドリンクはアイスティを頂きました。
イメージ 6
食欲が復活したので別注の日替わりデザートを追加。
当日はシフォンケーキとバニラアイス盛り合わせ、これで200円なら上等ではなかろうか。
外に出ると暑さに身を包まれ現実に引き戻される、早く涼しくならないかなぁ~





このページのトップヘ