ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2018年03月

連日筑豊方面でお仕事、そろそろお昼時だが私にしては珍しくラーメン気分。
てな事で昨年7月以来の大将に立ち寄る、驚異の価格は据え置き。
イメージ 1
チャーシューメン、麺&スープ共に量は少ないが0.5Kならお値段以上の価値。
やや元ダレ強めのスープ、ほのかに獣臭香るが癖もなく食べ易い。
イメージ 2
午後からは人様と接する事もないのでギョーザも注文。
今回もお安く頂け感謝X2、ごちそうさまでした。




筑豊方面でお仕事、この地のランチ処も行き尽した、何か違った物でも喰ってみたいな。
訪問先のお嬢さんに付近のランチ処尋ねると、福智町立図書館内にカフェがあるとの情報。
イメージ 1
てな事で即移動、入館すると1階入口付近にイートインスペースを備えたパン屋さんがありました。
平日のみですがカフェ営業してるようです、ランチタイムは11:30~14:30。
ランチメニューはパスタキッシュ、キーマカレー等、食パンを1斤使ったハニートーストもあり。
カウンターで先払い、番号札を渡され完成したら呼び出し、受け取りと片付けはセルフで。
イメージ 2
パスタ&スープランチを注文、ドリンクは別注なのでふくちまちブレンド珈琲を付けました。
スープは3種から選べるのでミネストローネを選択、約10分で呼び出し。
トマトの旨みたっぷりのミネストローネ、濃厚だがスッキリとコクもある。
パンを浸して食したが、中々いい感じ。
イメージ 3
パスタは乾麺使用、具材はベーコン、人参、オリーブ、タマネギ、トマト。
ソースは一見ナポリタン風だが、カポナータのような味付けで麺との絡みも抜群。
好みはあろうが好きな味だな、これなら大盛りでもペロッと行けそうな気がする。
イメージ 4
シンプルだが彩りの良いサラダにはゴマドレッシング。
全粒粉を使ったパンが3種、ええ感じにリベイクされ香ばしい、バターなしでもペロリとイケます。
何とパンは食べ放題との事。(笑)
お代わりしたかったが、腹一杯になると勤労意欲なくなるのでグッと我慢。
イメージ 5
苦味を抑えたふくちまちブレンド珈琲、軽い口当たりでとても飲み易い。
販売用のパンコーナー眺めると、調理パンもありどれも美味そう、ごちそうさまでした。
店のルーツ辿ると、小倉南区のdipが田川市夏吉にLadipと名を変え移転。
その後、福智町立図書館に2号店としてオープン、現在夏吉店は休業中のようです。
イメージ 6




南区でお仕事、ランチは昨年9月以来の食道楽に向かう。
イメージ 1
メニューはこちら、皿うどんを注文、プラス50円でミニスープも付けました。
イメージ 2
皿うどんの具材は豚肉、イカゲソ、カマボコ、人参、キャベツ、ネギ、もやし。
ちゃんぽん麺使用で味付けは醤油と鶏がらスープ仕立て、昔ながらの中華焼きそばって感じかな。
カウンター席に座りおばちゃんの調理眺めると、メチャ手際が良い。
スープも美味いし今回も大満足、ごちそうさまでした。
イメージ 3

雨も上がり、絶好の散歩日和、てな事でテクテクと井筒屋に向かう。。。。。( ・∀・)( ・∀・)
イメージ 2
買い物を済ませお昼時、肉気分なので昨年2月以来の菜好牛にてランチタイム。
ランチメニューが変更されてます、メインセットを選ぶシステム。
赤身ステーキダブル(300g)とヒレステーキ(150g)を注文、フルセットを付けました。
フルセット内容はデザートとお代わり自由のパン、ライス、スープ、ドリンク、サラダ。
イメージ 3
サラダバーには8種ほどの野菜、自家製ドレッシングは3種と十分な内容。
人参ドレッシングをかけ、生野菜をモシャモシャと食しメインの登場を待つ。
スープの写真、撮り忘れたが当日はカレー風味のミネストローネ。
イメージ 4
ヒレステーキ
イメージ 5
赤身ステーキダブル
ソースはおろしポン酢、わさび醤油、ジャポネ風のオリジナルから選べる。
共にオリジナルを選択したが、これがご飯によく合うんだよなぁ~
パンも10種位あり目移りしそう、アホみたいに喰えないのでチーズパンのみ控えめに頂きました。
ステーキ2種を嫁とシェアした食したが、お値段以上の肉質ではなかろうか。
貧乏舌なのでお高い肉でなくても十分満足だな。(笑)
イメージ 6
フリードリンクにはオレンジ、グレープフルーツ、アップルジュース、カルピス、コーヒー、紅茶。
イメージ 7
紅茶とコーヒーを汲んでるとデザートが登場。
イメージ 8
当日のデザートは自家製シフォンケーキとバニラジェラード。
ジェラードにバンケットの残り香を感じるのは気のせいかな。
食事を終え川沿いを進むと桜の蕾もちらほら、春の訪れもすぐそこかもね。
イメージ 1


家族揃ってのTAIZOランチ、今回のメニューはこちら
イメージ 1
ローストポークのサラダ、粒マスタード使った自家製ドレッシングがローストポークと合うなぁ~
イメージ 2
お代わり可のバケット(笑)、私達はパスしたが当日はお代わり率高し。
イメージ 3
鶏とキノコのクリームソースパスタ
イメージ 4
あさりのトマトソースパスタ
今回もソース濃度、塩加減、私達好みでいい感じ。
イメージ 5
ロース肉を使用したポークソテー、ソースはバルサミコ酢。
下にはチーズリゾット、これがメチャウマ。
イメージ 6
オレンジジュース&コーヒー
イメージ 7
デザートはパンナコッタにカシスジェラードを乗せた物。
1Kちょいで幸せ気分、今回もごちそうさまでした。

南区へ移動道中あらえびすにてランチタイム、残念ながら日替わりは売り切れ。
イメージ 1
塩さば焼き定食にひとくちチキンカツを2個付けました。
イメージ 2
パリっと焼き上がった塩さば、皮も香ばしくご飯が進む。
イメージ 3
ポテサラとチキンカツの美味さも健在、ごちそうさまでした。

今月も風見鶏の時期になりました、今回のメニューはこちら
イメージ 1
今回もパスタ2品とピザを注文。
イメージ 2
サラダ
イメージ 3
ピクルス
イメージ 4
山盛りフォカッチャ、但しお一人様一個まで、取り過ぎはアウトね。(笑)
イメージ 5
キャベツとベーコンのピリ辛和風ソースパスタ
イメージ 6
ツナのトマトソースパスタ
イメージ 7
バンビーノピッツァ
イメージ 8
コーヒー&オレンジジュース
イメージ 9
チーズケーキ
通えば通うほどにハマるのがこの店の料理、オーナーの愛情もその一因かも。

苅田辺りでお仕事、ランチは先月に続きピザシティーズに向かうも無念の定休日。
あれま・・・他は全く考えてなかったのでどないしよう。
道路を挟んだ対面見るとインドカレー店がある、今更あれこれ悩むのも面倒なのでここで済まそう。

イメージ 1
てな事で入店、駐車場は店舗横に14台分、店内はカウンターとテーブル席。
ホールはジャパニーズ系の女性、厨房はエスニック系の男性で切り盛りされてました。
ランチメニュー見ると780~1280円(税抜き)、辛さが選べるのはお約束。
ハーフナンランチを中辛で注文、ドリンクも付くがマンゴーラッシーは選べず追加料金。
イメージ 2
先ずはサラダとマンゴーラッシーが登場、サラダにはこの手の店にしては珍しく胡麻ドレッシング。
自家製ヨーグルトを使ったマンゴーラッシーはメチャ濃厚、でも甘さは控えめなので違和感はない。
もう少し薄目な方が好みかな、カウンター席に座ってたのでこっそりお冷投入。
混ぜ混ぜするといい感じ、やっぱスッと喉を通る程度の濃度が自分には合ってる。
イメージ 3
当日の日替わりカレーはチキン、軟らかく煮込まれた胸肉が入る。
カレーは一口目はマイルド、後から辛さがジワジワ来るタイプ、辛さ特有の棘もなく食べ易い。
イメージ 4
ナンの表面にはややオイルが目立つ、でもくどさはない。
生地の引きはそれほどではないが、小麦味が生きた香ばしい香り。
他店ではお馴染みのナンお替わりサービスはなし。(嗚呼~残念、笑)
まぁ、お代わり可って事はその分、何かを犠牲にしてるはずなので私的には歓迎だな。
ナンを食した後はターメリックライスを投入、2種の食感を味わえるのは嬉しい。
正直、ナンばっかし喰ってると飽きるんだよね。
味付けの異なるダンドリーチキンも2種付き、かなり満足なランチでした。
お昼前に入店も12時頃には満席、数人だが待ちもあり。
この地区でインドカレーはここだけのためか賑わってるようです、ごちそうさまでした。
イメージ 5


ラーメンを食した後は門司に移動しデザートタイム、約1年ぶりの訪問だな。
イメージ 1
メニュー見ると昨年880円だったミックスパフェが980円に、一昨年からすると200円の値上げ。
毎年100円アップとは凄いインフレ率だな(汗)、とは言え大手町店と比べると安いけどね。
イメージ 2
ミックスパフェを注文。
イメージ 3
色とりどりのフルーツはもちろんだが、アイスの中にはカットフルーツと砕いたクッキーが入る。
底にはジュレが収められ最後まで飽きずに頂けます、まぁこの内容なら値上げもしゃーないわな。
お冷はセルフ、ウオーターポットには柑橘類が詰められてるが風味は控えめ、ごちそうさまでした。


このページのトップヘ