ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2018年04月

筑豊方面でお仕事、ランチはパスタ気分なので先月に引き続きとしょパンに向かう。
イメージ 1
店舗隅をふと眺めるとdipの面影が、懐かしいなぁ~
イメージ 2
当然ながらパスタ&スープランチを注文、ホットコーヒーも付けました。
イメージ 3
パスタは前回同様トマトソース、スライスオリーブが甘めの味を引き締める。
イメージ 4
スープは2種から選べるので豆乳のコーンスープを選択、さらりとした口当たりでいい感じです。
パンはお代わり可との事(笑)、但しセルフシステムなのでカウンターで自己申請が必要みたい。
私はこんだけあれば十分なのでパス、ピザ風のパンが美味かったな。
ランチ処が限られる地域だが穴場的な店ではなかろうか、ごちそうさまでした。


飯塚方面でお仕事、さてランチは何喰おう
そう言えば、付近のバンバン牛舎のステーキサラダランチがいい感じなのを思い出し即移動。
お昼時はいつも混んでるイメージのある店だが、当日は遅い時間帯のためかゆったりした客入り。
イメージ 1
予定通り、ランチメニューからステーキサラダランチを注文、肉はグラムアップで200gに変更。
イメージ 2
シャキシャキ野菜と赤身肉の組み合わせは最高、ソースもスッキリ系のジャポネで良く合う。
メニューには女性ファンが多いと記載されてるが、野菜嫌いじゃないなら男性にもお勧めです。
これで1.5Kなら納得の内容、ごちそうさまでした。
イメージ 3

マンネリと思われようが今月も定番のあらえびすでランチタイム、おひるごはんメニューはこちら
イメージ 1
日替わりは売り切れのため、煮込みハンバーグ定食に唐揚げ1個追加。
イメージ 2
ハンバーグはもちろんだがサラダも美味い、やっぱバランスだよね。
イメージ 3
小鉢は合馬筍の煮物、唐揚げもいい感じ。
こちらも通い始めて早7年、自分的には定食屋の鏡的存在です、ごちそうさまでした。




年越し蕎麦以来の伊豫屋にて遅い昼食、メニューはこちら
イメージ 1
嫁はざるうどん。
イメージ 2
私はカツカレー丼、カツを数切れ嫁にお裾分け。(笑)
イメージ 3
美味さの秘密はたっぷりのスライスタマネギ、優しい餡で飯が進む。
やっぱこの店もええなぁ~、小倉に居ると通いたい店が多すぎて嬉しい悩みなんだよな。
何はともあれこちらの店は一代限りと思うが末永く続いて欲しいな、ごちそうさまでした。

パスタランチはまだまだ続く(笑)、3日目はこちらで頂きました。
イメージ 1
レストランシェフが閉店して早10年、跡地に入居したイ・ピゼリは元気に営業中。
休日の13時前に入店するとカウンター席以外は満席、その後もひっきりなしに客が入れ替わる。
ランチメニューは週替わりパスタ、ピザ、ピゼリの基本3種で980~1500円。
ピザとパスタの予定でしたが、当日の週替わりピザは苦手なオイルサーディン。
なのでパスタランチを注文、パスタの具材は同じだがトマトorクリームor和風から選べます。
パスタランチにはサラダ、スープ、フォカッチャ、ドリンクが付く。
イメージ 2
レタス中心のサラダにはシンプルなフレンチドレッシング。
イメージ 3
コンソメタイプのスープには豆と細かく刻んだベーコン。
フォカッチャはコルテロティオペペで使用してたのと同じタイプ、これって意外と美味いんだよね。
イメージ 4
パスタの具材はグリンピースとベーコン。
和風ソースはシンプルな味付けだが鷹の爪が良いアクセント。
イメージ 5
トマトソースも好みの味付けでした、パスタは乾麺だがいい感じの茹で具合。
イメージ 6
ドリンクも付くのでオレンジ&グレープフルーツジュースを選択、これで980円とは素晴らしい。
自身は初訪だが何度が訪れた事ある嫁によると、開業直後の10年前と同じ価格との事。
デザートは別注だが200円と格安、7種から選べる。イメージ 7
ティラミス
イメージ 8
パンナコッタ
共にお値段以上の価値観、かなり満足なランチでした。
当日は4人で切り盛りされてたが、ひっきりなしの客を上手く捌く連係プレイが素晴らしい。
この手の店では珍しく、ランチタイムで3回転はしてるのではなかろうか。
イメージ 9

今月も定番の風見鶏ランチ、今回のメニューはこちら
イメージ 1
いつもの如くパスタ2品とピザを注文。
イメージ 2
サラダ&ピクルス
イメージ 3
フォカッチャ
イメージ 4
アマトリチャーナ
イメージ 5
小松菜とベーコンのクリームソースパスタ
イメージ 6
ジェノベーゼ バジルソースのピッツア
イメージ 7
トリプルオレンジジュース
イメージ 8
チーズケーキ
通い始めて早5年、いつまでも続いて欲しい店です、ごちそうさまでした。

苅田辺りでお仕事、ランチはトマトソースパスタ気分かな。
イメージ 1
付近で目ぼしい店と言えばデル・ジョルノorジョリーパスタ、久々にジョリーパスタにしよう。
日替わりパスタもあるが惹かれる品ではないので、単品からザ・ポモドーロを注文。
サラダ&ドリンクバーセットを付けました。
イメージ 2
先ずはドリンクバーでウーロン茶とランチサービスのコンソメスープ汲み、喉を潤す。
イメージ 3
レタス中心のサラダにはスッキリ系のイタリアンドレッシング。
イメージ 4
ポモドーロは乾麺だがトマトの旨みたっぷりなソースが絡む、パスタの茹で具合もバッチリ。
好みはあろうが自分的には、ごちゃごちゃ具が入るよりもシンプルタイプが好み。
こちらはチンタイプではないのでレシピに忠実な調理で、中々いい感じ。
チェーン店と忌み嫌う方も居るが、店の形態によるよね。
デザートも喰いたかったが、残念ながらパンナコッタはメニュー落ちのため断念。
イメージ 5
カフェラテで〆、ごちそうさまでした。
イメージ 6

久々にお馴染みの面々との懇親会、開催場所は前回と同じくセルフィーユ。
イメージ 1
当日訪れると予想通り満席、早めに予約して正解だな、荒生田ランチを注文。
イメージ 2
カンパイ♪( *~∇~)/C□-(o'▽')o□☆□o('▽'o)□D\(~∇~* )カンパイ♪
イメージ 3
前菜、話に夢中で料理の名称は失念。(笑)
イメージ 4
小海老のクリーム煮 クレープ包み
イメージ 5
じゃがいものポタージュ
イメージ 6
あさりと春キャベツのペペロンチーノ
イメージ 7
チヌダイのポワレ タプナードソース
イメージ 8
自家製パン 引きがよくバターとの相性もバッチリ、もう2個は喰えそうだな。(爆)
イメージ 9
盛り付けも美しいデザートはパウンドケーキのパルフェ乗せ、フルーツ添え。
イメージ 10
紅茶で〆
この内容で2200円、ありえん安さだわな。
シェフと奥様には感謝の気持ちで一杯、来月辺り嫁と行ってみっかな。
あっという間に楽しい時間は過ぎ去る、この後河岸を変えお喋りタイムはまだまだ続く。
イメージ 11

おまけ
イメージ 12
お喋りの続きはコメダにて、まさか北九州でこの店がヒットするとは思ってもなかったよ。
コメダ対面にはしれっと赤からあるやん、まるで愛知の街並みだな。(汗)
イメージ 13


筑豊方面でお仕事、ランチはライスカレー気分だが付近で目ぼしい店は思いつかない。
そう言えば、何度か訪れたレトロ系レストランにカレーがあった気がする。
イメージ 1
てな事で即移動、一昨年10月以来の訪問だが昼は初訪だな。
入店すると満席に近いが女子率はほぼゼロ、喫煙率の高さが影響してるかも。
嬉しい事にランチメニューにサラダ付きのカレーセットがあるやん。
ちょいと豪華(笑)にカツカレーセットを注文、日替わり定食もあり。
イメージ 2
プラス50円でランチドリンクサービスもあるのでオレンジジュースを付けました。
イメージ 3
小ぶりなサラダだがレタス、キャベツ、レッドキャベツ、人参、ブロッコリー、トマト
キュウリと十分な内容、ドレッシングは和風タイプ。
イメージ 4
カレーは肉の食感と粘度具合からアレかな、マイルド系だが悪くはない。
カツは薄めの豚ロース使用、粗目のパン粉使用でサクサク食感、ライスの量は250g位かな。
ドリンク付けて1K内なら上々ではなかろうか、ごちそうさまでした。




昨年12月以来のアシスでランチ、ランチメニューはこちら
イメージ 1
ハーフチーズナンが付いたレディースランチを注文。
チーズナンは後乗せタイプ、ボリュームはないがこの位方が飽きずに頂けます。
チキンティッカは香辛料でしっかり味付け、バーバルも添えられる。
イメージ 2
カレーは本日のカレー(小松菜とチキン)ともう一種選べるのでひき肉となすを中辛で選択。
共にメリハリのある味付けで食が進む。
イメージ 3
レディースランチは内容が一部変更、プラス100円でデザートの代わりにドリンクに変更可。
なのでカレーには欠かせないマンゴーラッシーに変更。
今回もかなりの満足度、ごちそうさまでした。

このページのトップヘ