ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2018年06月

直方方面でお仕事、ランチを逃し時刻は14時近く。
個人店は軒並み中休みタイムに入る、かと言ってやよい軒は味気ないしなぁ~
イメージ 1
そう言えば、付近のラーメン屋が通し営業なのを思い出す。
諸般の事情の事情で食べログにはアップしてないが、数年前に一度訪問してんだよね。
年季の入った店内はカウンターとテーブル席、14時近いが8割方、席が埋まってる。
店内には結構な豚骨臭が漂う、お冷はセルフ、メニュー見るとラーメンが460円と激安。
イメージ 2
デフォにギョーザ4個が付いたA定食を注文、うめおにぎりも追加。
テーブル上には紅生姜、ニンニク、マー油、鮮やかな色合いの辛子高菜が並ぶ。
イメージ 3
麺の太さが選べるので普通サイズを選択、シコシコ&コリコリ食感のストレートでいい感じ。
具材は味付け玉子、木耳、ネギ、癖のないチャーシュー、もやし、海苔と豪華。
ゴマもかかりアンダーワンコインとは思えぬ内容。
乳化したスープは意外とスッキリだが替え玉にも合いそうです。
イメージ 4
ギョーザはニンニク入り、でも仕事も終わり人様と接する事もないのでノープロブレム。(笑)
こちらも焼面はパリっと、側面皮はしっとりと仕上がり中々美味い。
おにぎりは注文を受け都度握ってます、海苔が鮮やかな色合いなのはご愛敬。
退店すると、衣類と髪の毛より豚骨臭が漂う、食べてる時には気にならないのは不思議なもんだ。
これって味と店の規模は異なるが天津にも通じる特徴だな、ごちそうさまでした。



嫁不在のためあらえびすで何か喰って帰ろう。
イメージ 1
夜メニューより照り焼きチキンご飯セットを注文、ちょっとリッチにカニクリームコロッケを追加。
イメージ 2
ルイボスティをチビチビ啜りながら登場の時を待つ。
イメージ 3
完成♪ 美味そうじゃあ~りませんか。(笑)
イメージ 4
しっかり味が沁みたチキン、ご飯が進むねぇ~
イメージ 5
カニコロとデミ&タルタルの組み合わせも最高だな、ごちそうさまでした。

今月も風見鶏ランチ、今回のメニューはこちら
イメージ 1
店名の一部変更に伴い看板もリニューアル、器用なオーナーです。
イメージ 2
サラダ&ピクルス
イメージ 3
山盛りフォカッチャ
イメージ 4
アラビアータ
イメージ 5
キャベツとベーコンのピリ辛和風パスタ
イメージ 6
バンビーノピッツァ
イメージ 7
トリプルオレンジジュース
イメージ 8
チーズケーキ
今回も満足度で一杯、ごちそうさまでした。

のどかな田園地帯が広がる鞍手経由で宮若市へ向かう道中、お昼時となる。
空腹も限界だが飲食店が見当たらないまま車を走らせる。
走行中にラーメン屋が目に入るがラーメン気分じゃないしなぁ~
イメージ 1
暫し進むとランチの幟が目に入る、駐車場に車を停め確認すると洋食屋のようです。
ヨシ! ここで喰って行こう、店内はテーブル席のみだが2人用もあるのでお一人様でも大丈夫。
終日禁煙で、当日はご夫婦らしきお二人で切り盛りされてました。
今時珍しい、写真付きの手書きメニューに心洗われる。
ドリンクとデザートの付いたスパゲティセットを注文。
イメージ 2
スパゲッティだけでは栄養バランスが偏るのでミニサラダも注文。
ミニと謳われてるが十分な量と内容、自家製ポテサラも添えられる。
自家製ドレッシングは醤油ベースのアッサリ和風タイプ。
イメージ 3
スパゲッティは8種から選べるのでトマトとモッツアレラチーズを選択。
麺は軟らかめの茹で具合、ソースは軽めのトマトクリームタイプ。
熱々の内にモッツアレラを混ぜ混ぜ、塩気が効いたチーズがええあんばいに麺に絡む。
イメージ 4
ドリンクはコーヒー&紅茶&ジュースから選べるのでオレンジジュースを頂きました。
イメージ 5
デザートはマンゴータルト&パイ、ブルーベリームース&タルト&パイ、ティラミスの6種。
ブルーベリームースをチョイス。
タルト生地にシャーベット状のヨーグルトムースと生クリームが重なる。
上にはシャリシャリのブルーベリー、素朴な自家製デザートでした。
入店した時から気になってたのが特徴的な店名以前八幡駅前にあった店と同一なんだよな。
お店の方に聞くとビンゴ、2度の移転で現在地に落ち着いたようです。
腹八分目で勤労意欲も失われず(笑)、ごちそうさまでした。
イメージ 6


午前で仕事を切り上げ、帰宅途中に嫁を拾いランチタイム。
気分はパスタなので、平日のみランチ営業してるカンビアーレに立ち寄ってみた。
イメージ 1
店舗は中島通り、NAOカフェが入居する建物の1階。
本題には関係ないがNAOカフェ、開店当初と比べるとPOP飾り付けが随分賑やかになったな。
この場所って自分が知る限り、最初はカフェ、次にボリビア料理店
その次は現行とは異なるイタリアンレストランがあった気がする。
カフェは未訪だが、それ以外の2店とも悪くはないと思ったが、場所的に鬼門なのだろうか
コンパクト店内はテーブルとカウンター席、総席数は19席。
駐車場はありませんが、付近に時間200円のコインPあり。
当日は爽やかなシェフお一人で切り盛りされてました。
ランチメニューはパスタ2種とリゾット2種でALL1000円、事前予約で2000円のランチコースもあり。
カフェメニューも注文可、当日の日替わりパスタはタコと生姜のペペロンチーノ。
パスタ&リゾットセットを注文、セットにはサラダ&パン&ミニデザートが付く。
イメージ 2
先ずはサラダ、青物中心だが上にはアーモンドが乗りドレッシングはシンプルなフレンチタイプ。
イメージ 3
パンはバケットにすり潰したアンチョビ入りのバターを塗り香ばしく焼き上げてる。
アンチョビ特有の癖も消え食べ易い、上には粉チーズが乗る。
イメージ 4
パスタはアマトリチャーナを選択。
乾麺使用で完璧なアルデンテ、ちょいピリ辛のソースがパスタに絡みメチャウマ。
イメージ 5
リゾットはモッツアレラとバジルのトマトリゾットを選択、こちらも米の芯が残る完璧仕上げ。
モッツアレラチーズを混ぜ混ぜすると、トマトソースとバジルが三位一体となり最高にいい感じ。
イメージ 6
ミニデザートは一口サイズの濃厚ガトーショコラ。
イメージ 7
ドリンクは別注、オレンジ&グレープフルーツジュースを注文。
パスタはさておき、リゾットに関しては今まで食した中で一番好み、大盛りでも軽くイケるな、
土曜は夜営業のみ、日曜は定休日なので再訪のハードルは高い。
何はともあれ美味かった、ごちそうさまです。
イメージ 8

美味いオムライスを求めビストロシンク に向かう、開店時間が12時から11時30分に変更。
イメージ 1
ランチメニューはこちらこちら、魅力的な内容の特別ランチコースも始めたようです。
イメージ 2
サラダに生ハムをトッピング、何度も書くがプラス100円で幸せ気分。(笑)
イメージ 3
スッキリ味の野菜がゴロゴロ入ったコンソメスープ。
イメージ 4
お目当てのオムライス、オムレツのサイズが大きくなった気がする。
1皿には肉々しいハンバーグをトッピング、嫁と半分こして頂きました。
イメージ 5
オレンジ&グレープフルーツジュース
イメージ 6
デザートは別注、当日はチョコチップ入りの自家製バニラアイスとフィナンシェ。
今回も充実の内容で超満足、ごちそうさまでした。

美味いパスタとピザを求め、Kimuraさんに初訪。
旧店舗時代に嫁が何度か利用、いい感じとの感想でしたがいつの間にか移転してました。
イメージ 1
小倉クエストの裏通りにあるのでちょい解り難いかも、街中なので駐車場はなし。
以前この場所には、別の飲食店が入居してた気がする。
コンパクトな店内はテーブルとカウンター席、当日はシェフと女性で切り盛りされてました。
ランチメニューは1000~1300円(税別)、前日までの予約でコースランチもあり。
2種から選べる日替わりパスタランチを両方とマルゲリータランチを注文。
ランチにはサラダ、スープ、ドリンク、パスタにはパンも付く。
イメージ 2
先ずはサラダ、上にはクスクスがちりばめられドレッシングは酸味が強いフレンチタイプ。
イメージ 3
スープはジャガイモ、タマネギ、ニンジンの冷製ポタージュ。
快い甘みを感じるスープはスッと喉を通り、お代わりしたい気分。(笑)
イメージ 4
きのこのトマトソースパスタ 、乾麺使用だが茹でもバッチリ。
具材はエレンギ、しめじとシンプルだが、トマトソースとの相性も良く私達好みの味付け。
イメージ 5
もう一種の日替わりパスタは、ペペロンチーノ系のフレッシュトマトとバジルのオイルソース。
バジルの香りとトマトの酸味が一体となりウマウマ。
タバスコ&辛みオリーブオイルも配膳される、辛味オイルを少し投入すると味が引き締まる。
イメージ 6
パンをパスタソースに浸し、最後の一滴まで拭う。
自家製の白パンはモチモチ食感でギュっと身が詰まってる。
イメージ 7
マルゲリータは薄皮タイプ、ボリュームはないがパリっと焼かれモッツアレラチーズがいい感じ。
イメージ 8
ドリンクはオレンジ&グレープフルーツジュースを頂きました。
オレンジジュースに関しては、グレードの高い物を使用してる気がする。
イメージ 9
デザートは別注、3種の中から白桃のコンポートとアーモンドのセミフレットを選ぶ。
コンポートはちょい小ぶり、時期的に少し早いのかも。
セミフレットは甘さ控えめ、アーモンドの食感といい感じに混じり合う。
このお店も中々良かったな、ごちそうさまでした。
営業日や営業時間、食べログの店舗情報が会員店のためか編集できないので記載しときます。
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:30 (料理L.O. 21:00) 定休日:火曜日
駐車場なし(付近にコインP多数) 個室なし ランチタイムは禁煙でした。






定番のTAIZOランチ、訪問回数は食べログ始める前からなので50回近いのではなかろうか。
今回のメニューはこちら、Aランチを注文。
イメージ 1
生ハムサラダ
イメージ 2
フリーなバケット(笑)
イメージ 3
小海老のトマトソースパスタ
イメージ 4
サーモンのクリームソースパスタ
イメージ 5
鶏もも肉のソテー
イメージ 6
オレンジジュレ&カシスジェラード
イメージ 7
オレンジ&グレープフルーツジュース&コーヒー
今回もごちそうさまでした ヾ(=^‥^=)ノ

宮若市でお仕事、定休等で2軒の店に振られランチ難民になりそうな予感。(汗)
そういえばコンビニ横の居酒屋ぽい店がランチ営業してた気がする。
てな事で移動、駐車場は店舗前に数台分、店頭では弁当も販売されてます。
イメージ 1
コンパクトな店内は座敷、テーブル、カウンター席の造り。
付近に灰皿は見当たらないのでランチタイムは禁煙のようです。
土日もランチ営業しており、ランチメニューは日替わり500円から最高値でも980円(税別)。
イメージ 2
ハンバーグにも心惹かれるが、おすすめのとり天定食をご飯少な目で注文、約5分でブツが登場。
ランチにはソフトドリンクが2杯まで付くのでウーロン茶を選択、2杯目は水腹なのでパス。(笑)
ご飯の炊き具合はちょい固め、味噌汁の具材はネギとワカメ。
イメージ 3
とり天は結構なボリューム、胸肉使用で衣はフリッターのような軽くてサクサク食感。
ちょい厚めの衣だが、醤油ベースの甘辛いタレとも良く合いご飯のお供にピッタリ。
イメージ 4
副菜は高菜、きんぴらごぼう、ポテサラ、2品はアレと思うが値段からして十分な内容。
精肉販売もしており、鶏料理居酒屋のランチに相応しい満足度でした。
この店も宮若ランチの定番店になりそうな予感、ごちそうさまでした。
イメージ 5

久々の平日休み、自由な一日なのでご無沙汰気味の店でランチにしよう。
イメージ 1
候補はうらら大樹、当日は火曜のため(昨日じゃないよ、笑)大樹は定休日。
てな事でうららに向かう、メニュー見るとエスニック膳なる期間限定品があるのでそれにしよう。
イメージ 2
内容はタイカレー、サラダ、おからの春巻き、人参と春雨のエスニック和え。
イメージ 3
今日も元気だ、生野菜が美味い。(笑)
イメージ 4
おからの春巻き&人参と春雨のエスニック和え、春雨のコリコリ感がいいねぇ~イメージ 5
タイカレーの具材はしめじ、玉ねぎ、じゃがいも、パプリカ、鶏肉。
癖も食べ易く仕上げたルーがいい感じ、辛さは後からジワジワ来るタイプ。
イメージ 6
ドリンク、デザートセットも付けました。
好みはあろうが酸味あるオリジナルハーブティーは癖になる味わい。
久々の訪問だがメチャ満足、土曜も定休日となり、ますます再訪のハードルが高くなったな。

このページのトップヘ