ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

2018年12月

今年最後の更新(友達限定除く、笑)は南小倉駅のシンボルとも言える2店。
イメージ 1
今回はヤングな若者と訪れました、メニューはこちらこちら、共に天婦羅定食を注文。
イメージ 2
先ずは名物ひげ天にんにく、玉ねぎも絶妙の揚げ具合。
イメージ 3
足と尻尾付きの海老含め、次々と登場。
イメージ 4
大将の手際、見てるだけで惚れ惚れするよな。
イメージ 5
ご飯もツヤツヤ、今年最後の更新を飾るに相応しいランチでした。

ランチの後はデザートタイム、私は腹一杯だがヤングはまだまだ余裕との事。(笑)
イメージ 6
てな事でカフェ ピーチェに移動、現行カフェメニューはこちらピザもメニューに加わってました。
イメージ 7
私はアールグレイ、ヤングはアイスコーヒー。
イメージ 8
チーズケーキ&プリン&レアチーズケーキ
安くて美味い南小倉駅のシンボルは健在、今年もごちそうさまでした。

11月のとある日、深夜の帰宅、空腹も限界なので吉野家で何か喰って帰ろう。
イメージ 1
メニュー見ると牛すき鍋なるブツがある、一度喰ってみっかな。
イメージ 2
牛すき鍋膳の肉2倍盛り、サラダも付けました。
イメージ 3
デフォ状態に
イメージ 4
付属の生卵投入し暫し煮る、すきやきを生卵で食べる習慣がないんだよね。
イメージ 5
仕上げに紅生姜投入、肉が多くて途中で飽きてきたが完食。
肉は1.5倍くらいが丁度いいかも、吉野家で1K超えは生涯初(笑)、ごちそうさまでした。

西区で野暮用を済ませお昼時、小倉方面に車を進ませるとお好み焼きの看板が目に入る。
お好み焼本舗って聞いたことないがチェーン店ぽいな、何はともあれ空腹なのでここで済ませよう。
イメージ 1
店内は全てテーブル席、分煙のようだがヤニの香りは皆無。
メニュー見ると食べ放題が推しのよう、実際に食べ放題を注文してる客が多そう。
その他メニュー→        
私達は大食いさんではないので、以下を単品注文。
イメージ 2
ナチュラルチーズ シーザーサラダ
イメージ 3
完熟トマトサラダ
イメージ 4
豚ねぎ焼き&完熟トマトのピザ玉
最初の鉄板投入は従業員が担当、以後はセルフだが従業員が親切丁寧にアドバイス。
イメージ 5
豚ねぎ焼き完成、大ぶりにカットしたねぎに対し繋ぎは少な目だが中々香ばしい。
イメージ 6
ピザ玉を裏返し、チーズとカットトマトを乗せ蓋を被せる。
イメージ 7
約5分で蒸し上がり。
イメージ 8
トマトソースを乗せ完成、生地は不思議な食感、やっぱお好み焼きはノーマルが一番かも。
イメージ 9
ミックス焼きそば 、こちらは厨房で調理されテーブルまで運ばれる。
やや太めの麺はモチモチ食感でいい感じ、3品の中ではこれが一番好みかも。
イメージ 10
デザート類はALL100円。
イメージ 11
ソフトクリームで〆
食べ放題が主力のためかサラダ、デザート含めボリューム感に欠ける。
なるほどねぇ~、それで食べ放題注文してる客が多い訳だ、何はともあれごちそうさまでした。

筑豊方面で定食と言えばやはり信子さん、数回分のネタをアップ、ランチメニューはこちらこちら
イメージ 1
日替わり定食(メイン:豚肉と大根の炒め物 小鉢:春雨の酢物)
イメージ 6
日替わり定食(メイン:ミートローフ 小鉢:大根とこんにゃくの煮物)
イメージ 7
日替わり定食(メイン:鶏の甘酢餡かけ 小鉢:きのこの炒め煮)

イメージ 2

焼魚定食(小鉢:大根の酢物)
共に追加の玉子コロッケは外せない一品。
イメージ 3
唐揚げカレー
この店の訪問回数も50回を超えた、来年もお世話になりそうな予感、ごちそうさまでした。
イメージ 4

おまけ
イメージ 5
ミニストップでデザートタイム宇治抹茶ミックスをカップで食す。
ワッフルも選べるかカロリーを考えパス、まぁ気持ちの問題なんだけどね。(笑)


今年最後であろうあらえびすランチ、今回はヤングな若者達と訪れました。
イメージ 1
私は塩さば焼き定食とイメージ 2
から揚げイメージ 3
ヤングその一は
イメージ 4
カキフライとカニクリームコロッケの盛り合わせ。
イメージ 5
ヤングその二は
イメージ 6
煮込みハンバーグ定食に
イメージ 7
カニクリームコロッケ追加。
イメージ 8
ポテサラと小鉢もいい感じ。
今年もお世話になりました、引き続き来年も通いたい店です。

熊本市の片田舎で仕事を終えお昼時、さてランチは何喰おう
過去数軒、付近のランチ処に訪れたが響く店がないんだよな・・・
イメージ 1
検索すると、付近の和菓子店に併設した甘味処で、京風たこ焼きが頂けるとの情報。
ヨシ! ランチはたこ焼きだな、てな事で移動。
店内はカウンターと小上がりの座敷席、セルフで頂けるティーサーバー も設置されてます。
メニュー見ると意外や豊富、たこ焼きの他、期間限定のナポリタンや焼きカレーもあるじゃないの。
その他メニュー→     
イメージ 2
たこ焼きのつもりでしたが心変わり(笑)、焼きカレーセットを注文。
イメージ 3
シンプルサラダにはフルーティーなドレッシング、オニオンコンソメスープはほのかに生姜を感じる。
イメージ 4
グラタン容器で熱々に仕上がった焼きカレーは辛さ控えめの和風タイプ。
とろけるスライスチーズの下には玉子が隠れる。
固まってない黄身を混ぜ混ぜすると、マイルドさが増しいい感じ。
イメージ 5
和菓子のサービスまであり、1K以下なら十分な内容、ごちそうさまでした。




今年最後のカキフライを食すべく、10月以来のTANKOに向かう。
イメージ 1
こちらは今回で二桁の訪問となる、メニューはこちらこちら
イメージ 2
セットのポテサラ、刻みゆで卵がアクセント。
イメージ 3
寒い季節に嬉しいコーンポタージュ。
イメージ 4
大粒なカキフライ、おろしポン酢でサッパリと頂けます。
イメージ 5
プリプリ食感の天然海老フライ、どっかのまがい物とはレベルが違うな。
イメージ 6
手こねハンバーク(デミグラス)、和風おろしも選べます。
イメージ 8
デザートも喰いたいのでライスは小盛で、ちなみにお代わり無料。(笑)
イメージ 7
オレンジジュース、迂闊な事にデザート写真撮り忘れ、片隅にチラリと映るが内容は下記ね。
今回もウマウマ、ごちそうさまでした。



ランチはうなぎ気分、南区の某店は焼きが変わったようでちょい好みから外れる。
そこで思い出したのが某ブログで見た、今年7月に金鶏町にオープンした鰻屋かざん
イメージ 1
マルショク到津店より少し上がった歯科大側にあり、駐車場は付近の月極に2台分。
コンパクトな店内は1階に4人用テーブル2卓とカウンター3席、なのでお一人様でも大丈夫。
2階に調理場と小上がりの座敷席があるようです、当日はお二人で切り盛り中。
メニュー見るとせいろ、うな重、うな丼、コース、平日には月替わりランチもあり。
変わりメニューでかしわせいろ蒸しなる物もあるのでうなぎが苦手な方でも大丈夫。
うなぎせいろ蒸しとかしわせいろ蒸しを注文、嫁とシェアして頂く事に。
イメージ 2
うなぎせいろ蒸し(竹)
イメージ 3
注文を受け焼き上げたうなぎはとても香ばしい。
最初は薄口に感じたご飯だが、食べ進む内にええあんばいに。
イメージ 4
サラダには山芋が乗る、漬物、吸い物も付きバランスの良い内容。
イメージ 5
かしわせいろ蒸しは腿肉使用。
イメージ 6
せいろでかしわは初めて食すが、こちらも想像以上の出来栄えで中々いい感じ。
イメージ 7
食後にはコーヒーのサービスもあり、メチャ満足なランチでした。
知名度低いためか、当日の客は私達のみ、しかし値段も手頃で穴場的な店ではないでしょうか。
イメージ 8

新幹線乗車前に11月以来のグリーングラスでモーニング。
イメージ 1
モーニングメニューはこちら、お馴染みのDセットを注文。
イメージ 2
厚切りトーストに乗ったマヨネーズで和えた刻み玉子、シンプルだが侮れない品です。
イメージ 3
ヨーグルトとサラダも付き理想的な朝食、ごちそうさまでした。

今年最後のナンカレーはアシス、そんなに多くの店で食した訳ではないが一番の好みはここだな。
イメージ 1
メニューはこちら、お馴染みのレディースランチを5辛で注文。
日替わりカレーは白菜とシーフード、選べるカレーはチキンをチョイス。
イメージ 2
量的に少し物足りないのでベビーナンを追加、腹八分目で大満足。
イメージ 3
ナンカレーのお供にマンゴーラッシーは欠かせません。
イメージ 4
別日に再びレディースランチ、カレーはほうれん草とチキンを選択。
従業員の元気良さは小倉店と共通、ごちそうさまでした。

このページのトップヘ