ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

カテゴリ: 食い物ネタ【その他都道府県】

4

熊本市の片田舎でお仕事、ランチは昨年6月以来の龍登園に立ち寄る。(10月)
1
メニューはこちらこちらだが、何と値上げはなし、実質値下げだな。
2
太平燕セットを注文。
3
鶏ガラベースのスープ、具材もたっぷりでいい感じ。
4
シンプルな炒飯だがスープと良く合う、ごちそうさまでした。
龍登園

3

ドライブ途中に下関市川棚の元祖瓦そば たかせ 本館でランチ。(9月)
1
メニューはこちらこちら定番の瓦そばとうなめしを注文。
2
瓦そば(二人前)
何ちゃ事ない品だが、瓦で食すと何故か美味く感じるのは不思議なもんだ。
3
うなめし
4
盛り付けは微妙に異なるが、値段含め近くのお多福とクリソツだな。(笑)
後で気付いたのだが下関まで行かなくとも、門司港にも支店あったのね。
5
元祖瓦そば たかせ







熊本市の片田舎でお仕事、付近のランチ処も食べ尽したので何処で喰おうかな
但しお高い店に未訪なのはお約束。(笑)
車を走らせてると、街道沿いに大陸系らしき中華料理店が目に入る。
イメージ 1
久々に水餃子も喰ってみたい気がする。
たぶん大陸系店なら置いてると予想されるので駐車場に車を滑り込ます。
入店するとぎこちない日本語が聞こえる、やはり大陸系店のようです。
店内はカウンターとテーブル席、メニュー見るとメチャ豊富。
ちなみに店内中央に炊飯ジャーと漬物類が設置されてます。
新中華ランチ注文の方はお代わりし放題、でも節度ある行動は必須ですね。(笑)
ミニセット定食ラーメンセット新中華ランチと優柔不断な方だと悩みまくりかも。
初志貫徹して単品メニューより牛肉炒飯と水餃子を注文。
イメージ 2
牛肉炒飯には中華でお馴染みのとろみがある玉子スープ付き、ちょいショッパイかも。
炒飯はシンプルな味付けでほうれん草も入る、少しオイリーだな。
イメージ 3
モチモチ厚皮の水餃子、ニンニクの入ってない餡のバランスも良くいい感じ。
タレには刻みニンニクが入るのでパス、テーブル上の酢と醤油をブレンドして頂きました。
これで炒飯が好みなら最高なんだけどな、ごちそうさまでした。

熊本県の片田舎でお仕事、高速松橋ICを降りるとランチの幟がはためいてる。
停車して確認するとインド料理店のようです。
付近に目ぼしいランチ処もなさそうだし、ここで喰って行こう。
イメージ 1
外観は年季が入ってるように見える、入店するとテーブルと小上がりの座敷席の造り。
居抜き入居なのかも、当日はエスニック系のお二人で切り盛りされてました。
ランチメニューはナン系ライス系のラインナップ、ナンのお代わり有無は不明。(笑)
イメージ 2
モモセットを注文、先ずはとろみのあるスープとサラダが登場。
ドレッシングはエスニック系でお馴染みの濃度ある野菜ミキシングタイプ。
イメージ 3
ナンは選べるのでチーズをチョイス。
イメージ 4
カレーはキーマエッグカレー を中辛で、インド系にしては濃度がある。
特徴のある味ではないが癖なく美味しく頂けました。
過去にインド系の研修生から、本場のカレーをご馳走になったが全く口に合わなかったもんな。
日本向けのインドカレーは独自の進化を遂げたんでしょうね。
イメージ 5
チーズナンはボリューム満点、ナン自体の甘さは控えめ。
イメージ 6
モモなる品はカレー味の小籠包みたいな物、付属のカレーソースなしでもいい感じ。
イメージ 7
ドリンクも付くのでラッシーを選択。
立地的に不利な街道沿いにポツンとある店だが地元民らしき方々で賑わってる様子。
ちょっと食べ過ぎたかも、ごちそうさまでした。

連日熊本方面でお仕事、一旦仕事を切り上げランチタイム。
あれこれ考えるのも面倒なので、御船インター近くの味千ラーメンに立ち寄る。
イメージ 1
味千ラーメンは生涯2度目、初めて訪れたのは21世紀初頭。
店のすぐ側に線路が通る、阿蘇方面の店舗だった記憶がある。
でも何喰ったかは覚えてない(笑)、何はともあれ入店。
コンパクトな店内はカウンターと小上がりの座敷席、ご年配のお二人で切り盛りされてました。
イメージ 2
メニュー見るとラーメン類は19種、ちゃんぽんや太平燕もラインナップ。
無難にちゃんぽんとおにぎりを注文、おにぎりは注文を受け都度握ってました。
イメージ 3ちゃんぽんの具材は豚肉、イカゲソ、カマボコ、天ぷら、キャベツ、人参、玉ねぎ
ピーマン、もやし、キクラゲと十分な内容。
麺は黄色がかった太麺でモチモチ食感、FCなのでスープはセントラル系なのかな。
まぁ、素人が喰う分には関係ないわな。(笑)
具材の旨みが溶け込んだスープ、とろみはあるが塩分も控えめで意外やスッキリ。
予想以上の内容で体も暖まる、ごちそうさまでした。
イメージ 4




熊本市の片田舎でお仕事、ランチを逃し空腹も限界。
何か腹に入れようと266号線を走行中、おべんとうのヒライが目に入る。
イメージ 1
店舗自体は福岡、熊本各地で見た事はあるが未訪。
この際、贅沢言ってる場合じゃないので弁当でも買って車中飯にしようと入店。
テイクアウトのみと思いきや、店内には飲食コーナーがあるじゃないの。
注文は発券機にて、メニュー見ると朝食、丼物カレー類と予想以上のラインナップ。
ザ・ビストロチキンカツカリーをポチリ、発券と同時に注文が通るので券は引き換え時に提出。
残念ながらサラダは売り切れ、なので弁当コーナーでドレッシング別売りのサラダを購入。
当然ながらお冷や食器の返却はセルフ。
イメージ 2
約5分でカレーが登場。
イメージ 3
ザ・ビストロと大層な名前だが、良い意味で普通のカレーです。(笑)
レトルトと思いきや特有のネットリ感もない、フレーク仕立てのようで予想以上の内容。
辛さは控えめですが、この内容で490円とは素晴らしい。
イメージ 4
青物中心のサラダはちょい乾燥気味かな。
ランチ難民になりそうな時や時間が押してる時は意外と穴場だな。
お安く済ませ腹一杯、ごちそうさまでした。
イメージ 5


熊本市の片田舎で仕事を終えお昼時、さてランチは何喰おう
過去数軒、付近のランチ処に訪れたが響く店がないんだよな・・・
イメージ 1
検索すると、付近の和菓子店に併設した甘味処で、京風たこ焼きが頂けるとの情報。
ヨシ! ランチはたこ焼きだな、てな事で移動。
店内はカウンターと小上がりの座敷席、セルフで頂けるティーサーバー も設置されてます。
メニュー見ると意外や豊富、たこ焼きの他、期間限定のナポリタンや焼きカレーもあるじゃないの。
その他メニュー→     
イメージ 2
たこ焼きのつもりでしたが心変わり(笑)、焼きカレーセットを注文。
イメージ 3
シンプルサラダにはフルーティーなドレッシング、オニオンコンソメスープはほのかに生姜を感じる。
イメージ 4
グラタン容器で熱々に仕上がった焼きカレーは辛さ控えめの和風タイプ。
とろけるスライスチーズの下には玉子が隠れる。
固まってない黄身を混ぜ混ぜすると、マイルドさが増しいい感じ。
イメージ 5
和菓子のサービスまであり、1K以下なら十分な内容、ごちそうさまでした。




あべのハルカスから下界を眺め、環状線で天満に移動。
イメージ 1
この地は私の第二の故郷みたいなもんだが、当時の面影靴下屋を含め僅か。
イメージ 2
とりあえず腹減ったのでランチにしよう、商店街を少し進むと
イメージ 3
大阪トンテキなる店が目に入る、検索すると大阪府内に数店舗チェーン展開してる店のようです。
あれこれ考えるのも面倒なので入ってみよう、縦長の店内はカウンターとテーブル席。
メニュー見るとトンテキ&ハンバーグ盛り合わせ等、1000円越えの品は僅か。
和風トンテキ 200g、おろしトンバーグセットを注文、キャベツを追加しました。
イメージ 4
切れ目の入った豚ロースは200gとの事だが、ボリューム満点。
注文時、ニンニク有無を聞かれたので無しで。
入れた方が美味いのは解ってるんだけど、後口に残るのが嫌なんだよな。
タレは甘辛タイプで九州人にも合う味付け、ご飯が進む。
イメージ 5
おろしトンバーグは焼き具合を見たら解ると思うが、肉汁溢れるタイプ。
単に脂身の割合が多いだけなんだけどね、でも脂っぽさは全く気にならない。
おろしポン酢効果もありサッパリと頂けました。
イメージ 6
ライスは大盛り&お代わりが何と無料(笑)、味噌汁はの具はワカメとネギのみとシンプル。
追加のキャベツはトンテキのタレに絡め食す、お安く済ませごちそうさまでした。
イメージ 7

一夜明け、想い出の地を巡るためJRで神戸元町に移動。
イメージ 1
元町駅を境にガード下を神戸駅側に進む。
イメージ 2
パチモンの聖地通称モトコー、昭和当時は怪しげな安売り店がズラリと並んでいた。
イメージ 3
しかし時代の流れには勝てず、今やシャッター通りに・・・
イメージ 4
小腹を満たそうと中華街に行くも人だらけ・・・
イメージ 5
名物の豚まん屋も長蛇の列、昔は休日でも余裕で買えたが並んでまで喰う気はしないよな。
イメージ 6
とりあえず阪神三ノ宮駅方面に向かう。
イメージ 7
途中で新婚当時サラダバー狙いで通った、不二家レストラン神戸さんプラザ店
チラリと覗くが、残念ながらサラダバーは廃止。
イメージ 8
そごう神戸店は客も多く元気一杯に見えたが、来年には阪急に変わるんだよな・・・
イメージ 9
とりあえず地下でお土産を漁り、ちょいとお疲れ気味。
イメージ 10
グレープフルーツジュースで一休み。
イメージ 11
阪神電車で尼崎駅に到着。
イメージ 12
駅近くには尼崎城が建設中。
イメージ 13
実物はコンパクトサイズ。
イメージ 14
昔通った粉モン屋に向かう途中、商店街を通過するとパチンコ阪神は未だ健在。(笑)
イメージ 15
きくやさんに到着、メニューはこちらこちらこちらイートインスペースもあり。
イメージ 16
野菜焼 1枚140円、生地はメリケン粉を溶いただけのシンプルな粉モン。
駄菓子屋で喰うようなチープな品だが、何故か心に沁みる。
イメージ 17
モダン焼 380円、こちらも決して美味いとは言えないが想い出の一品。
イメージ 18
回転焼とレモン水も頂き心が満たされる、ごちそうさまでした。
イメージ 19

イメージ 20
腹ごなしに建て替わった出屋敷駅に向かうと、ダイエーは関西スーパーに入れ替わり。
アホみたいに通ったパチンコ屋は駐車場に、付近のディープゾーンも様変わりしてました。
イメージ 21
商店街巡りも終了。
イメージ 22
三和銀行は三菱UFJ銀行に様変わり。
イメージ 23
想い出の地を眺めながら、JR立花駅に向かうと昔ながらのパチ屋は健在。(笑)
イメージ 24
さてとホテルに戻り、夜のお楽しみに備えよう。


ライブ後ホテルに移動、時間も遅く付近のコンビニで何か買おうと立ち寄ると隣に見覚えある店。
イメージ 1
この店って関東だけじゃなかったんだ、埼玉出張時には何度かお世話になったよな。
コンビニ飯を変更して入店、注文は都会らしく(笑)タッチパネル、以下を注文。
イメージ 2
水餃子 2皿 モチモチ皮でニンニクは入ってないようです、付属のピリ辛タレがいい感じ。
イメージ 3
焼餃子 、こちらは気にならない程度のニンニクが入る。
皮もパリっと焼かれ中々美味い、チェーン店だが侮れません。
イメージ 4
10月限定枝豆レタスチャーハン(大盛り)
レタスのカットがアバウトだが炒めは上々、ちょいと塩分強めかな。
お安く済ませ腹一杯、ごちそうさまでした。
イメージ 5

おまけ
イメージ 6
ホテル朝食はバイキング、サラダを中心に軽く済ませました。



このページのトップヘ