ゆ~うりんの備忘録

メッセージお待ちしてますよ(笑 葛治-麩 (^^

カテゴリ: 食い物ネタ【大分県】

4

12月も中津市で仕事、ランチは3月以来の金の豚に立ち寄る。
1
ランチメニューより櫟を注文。
2
先ずはお代わり可の青物サラダ、切り干し大根、漬物盛り合わせが登場。
結構なボリュームあるのでお代わりはパス、ドレッシングはオニオンと胡麻の2種。
3
ご飯は麦or白、味噌汁は赤出汁or豚汁より選択可、もちろんお代わりOK。(笑)
4
ヒレかつ、エビフライ、クリームコロッケの組み合わせ。
メインのボリュームはそれほどではないが、豚汁と野菜効果で腹一杯。
次回はカレーだな、ごちそうさまでした。
とんかつ 金の豚 中津店

2

中津市でお仕事、ランチは金の豚に向かうが何と定休日。
1
今さら駅方面に戻るのは面倒だし・・・ 暫し思案、付近の食堂に移動。
食堂のネーミングだが個人店ではなく、大分県内に数店舗チェーン展開する飲食店です。
9年ぶりの訪問、営業形態がガラリと変わり注文と支払いは発券機にて。
サラダを付けたかったが、サイドメニューにはなし。
2
メニューはこちら(消費税変更前)、無難に手仕込みハンバーグ定食を注文。
ライスは大盛り&お代わり無料(笑)、セルフで漬物やコーヒーサービスもあり。
3
肝心のハンバーグがその名の通り店内メイド、軽いデミで煮込み。
色んな意味で好みから外れるかも、ごちそうさまでした。
4
くらや食堂

中津市でお仕事、ランチはある情報を元に大板軒なる洋食店に向かう。
イメージ 1
ある情報とは以前、市内で営業してたカウボーイなる店が一旦閉店。
場所と店名を変え、ご主人一人で切り盛りされてるとの事。
当日は付近で仕事なので立ち寄ってみた、駐車場は店舗横に4台分だか付近にもあるとの記載。
入店するとかなり厨房含めタイトなスペース、カウンター席のみと思いきや奥にテーブル席もあり。
店内はかなり雑然としてる、厨房も同じような状態。
一人で切り盛りするには洗い物含め無理あるかも。
盛り合わせ&ビッグステーキ定食除くと、最高値でも1100円と格安。
イメージ 2
日替わりランチもあり、カウンター上には現物見本も置いてます。
深く考えずにビッグハンバーグ 定食を注文。
イメージ 3
カウンター越しに調理光景眺めてると、ありえないサイズのタネをペタペタ成型してる。
オヨヨ・・・見た目500g以上ありそう、ちょっと後悔。(汗)
調理方法はフライパンで焼き目を付けレンジでチン、加熱した鉄板に乗せ提供されます。
約10分でブツが完成、サラダ、味噌汁、漬物付き。
ドレッシングは和風、フレンチの2種、ソースは4種から選べるのでジャポネを選択。
先人のライス盛りを見ると標準でも特盛サイズ、あわてて半分に減らしてもらいました。
ちなみに大盛りは丼盛り、軽く1kg以上はありそうです。
イメージ 4
ハンバーグは脂身の少ない合い挽き肉使用、なので焼き上がり後もグラム数には変化なし。
お味は食感含めびっくりドンキーに似てる、ジャポネソースは甘みが強い。
ハンバーグの下にはフライポテト、粒コーン、きぬさやが隠れる。
2/3食べ進んだところで箸が止まる、メチャ苦しいが頑張って完食。
完全にメニューの選択を誤ったな、次回訪れる事あれば盛り合わせとビッグサイズは厳禁だな。
ランチ後は近年になく腹パンパンで勤労意欲ゼロ(笑)、ごちそうさまでした。
イメージ 5


平成最後のイベントは2年半ぶりの秀月で寛ぎタイム。
イメージ 1
今回は予約が遅れ満室でしたが、ラッキーな事にキャンセル待ちで何とか滑り込めました。
イメージ 2
チェックイン時、美味しいお茶と和菓子でほっこり。
イメージ 3
部屋風呂で疲れを癒し、暫し爆睡
さぁ、お楽しみの夕食だ
イメージ 4
食前酒&造り三種盛り合わせ(鯛、鮪、間八を土佐醤油と自家製トマト醤油で)
イメージ 5
クレソンと海老の胡麻和え&清汁仕立 あいなめの若狭焼き
イメージ 6
山女魚塩焼き
イメージ 7
さごし若竹蒸し 銀餡掛け
イメージ 8
黒毛和牛ミニステーキ
イメージ 9
桜鱒燻製鍋
イメージ 10
赤貝、みる貝、北寄貝の和え物&白魚の香り揚げ
イメージ 11
高菜ご飯&なめこ汁&香の物
イメージ 12
自家製レアチーズケーキ&ストロベリーアイス
春の料理としてはグッと和食寄りに、訪れる度に創意工夫された料理に満足度で一杯です。
イメージ 13
朝食全景
米もツヤツヤで美味い、だんご汁の美味さも健在です。
イメージ 14
何としゃぶしゃぶも
イメージ 15
品数だけではなく玉子料理も出汁巻き、温泉玉子、生玉子、茶碗蒸しから選べる心遣い。
訪問回数は10回を超えるが、私の知る限り平日含めほぼ満室。
長年その状態が続くって事は愛されてる証拠ですね。

残念ながら、看板犬のはなちゃんとは対面ならず。
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25
はなちゃん、癒しをありがとう。



中津市で仕事、ランチは約2年ぶりの金の豚に立ち寄る。
イメージ 1
ランチメニューより桜を注文。
イメージ 2
先ずは漬物と
イメージ 3
サラダが登場、テーブル上には2種のソースとドレッシングの他に塩、胡麻、七味、醤油、辛子。
イメージ 4
メインが登場、味噌汁は豚汁or赤出汁から選択可、当然ながら豚汁だよね。(笑)
この手の店でデフォのお代わり可なラインナップはこちら
イメージ 5
桜の内容はチーズメンチかつ、エビフライ、ヒレカツ。
粗めのパン粉だが油っこさは皆無、ごちそうさまでした。



引き続き中津市でお仕事だが、連日の深夜終了。
イメージ 1
ジョイフルばかりじゃ芸がないのでガストに入店。(笑)
イメージ 2
スープは韓国風玉子スープとの事、ドリンクバーでウーロン茶を汲む。
イメージ 3
野菜サラダ
イメージ 4
チーズINハンバーグ&海老フライ
イメージ 5
ハンバーグはファミレス特有の食感、CMに期待して行くとちょい肩すかしかも。
何はともあれ腹を満たせ帰宅の途につく、ごちそうさまでした。

翌日も中津市でお仕事、ランチタイムを逃し個人店は軒並み中休み中。
イメージ 1
てな事で付近のかつやに向かう、別店舗だが一昨年以来の入店。
イメージ 2
カツカレー(梅)ととん汁を注文。
イメージ 3
カレーはマイナーチェンジされ刻みキャベツが添えられ、最初から金沢風。
チェーン店ながら侮れない味です、ぶっちゃけ書くとココイチのルーよりいい感じ。
イメージ 4
キャベツが添えられようとサラダは必需品、ごちそうさまでした。

中津市で深夜までお仕事、空腹も限界だが開いてる店は限られる。
てな事でジョイフルに入店、前回の教訓を生かしメニュー選びは慎重に。(笑)
イメージ 1
チキンと野菜のトマトチーズ雑炊を注文、スナックドリンクセットも付けました。
先ずはドリンク&スープバーで飲み物を汲む、マシンタイプのトマトスープだが意外やいい感じ。
イメージ 2
サラダにはサウザンタイプのドレッシング。
イメージ 3
チキンと野菜のトマトチーズ雑炊
イメージ 4
何度も書くがメニュー写真と差異があるのは、ジョイフルならではのご愛敬。
スッキリスープで夜食にはピッタリの品でした、ごちそうさまです。

昨年ネタの続き、中津市でお仕事、ランチは5年ぶりのキャロットに立ち寄る。
イメージ 1
メニュー見ると5年前より50円の値上げ、季節メニューもあり。
イメージ 2
カレーメニューより、ひれかつカレーを注文、クーポンサービスでオレンジジュースを頂きました。
全く覚えてなかったが、5年前も同じ物を喰ってたよ。(汗)
イメージ 3
サラダはカレー皿に一体盛り、ドレッシングはフルーティーな自家製。
かつの衣は均一にまぶされ、ええあんばいに揚げられてました。
カレールーは粘度あるプレーンタイプ、特別美味い訳ではないが値段からして十分な内容。
ふとカウンター後方の棚を見ると、使用してるであろうフレークが目に入る。
なるほどねぇ~、気にする方は少ないだろうが見る人が見たら解るレシピ的な内容は
客の目に触れず、オブラートに包んだままの方がファンタジーがあると思うのだが・・・
何はともあれ、ごちそうさまでした。
イメージ 4

連日中津市でお仕事、さてランチは何喰おうかな。
道中、以前お好み焼き屋だった店舗が暖簾替えしてるのに気付く。
イメージ 1
車を停め、観察すると牛たんの幟がはためく。
検索すると東京と北海道に小規模チェーン展開してるお店のようです。
しかし何故、中津市のこんな場所に開業したのかな
もしかしてフランチャイズなのかな、何はともあれここで喰って行こう。
入店すると小奇麗な店内に大きな変化はなく、カウンターとテーブル席。
ランチメニューはこちらこちら、フライ物は写真を見る限りアレっぽいので見送り。
イメージ 2
無難に厚切り&薄切牛たん定食を注、ご飯は麦飯、オプションでとろろもあり。
牛たんと麦飯といえばとろろなのだろうが、あのネバネバ&ドロドロ感が苦手なのでパス。
イメージ 3
サラダには和風ドレッシング、テールスープには気持ちばかりの肉片、白葱の食感がいい感じ。
イメージ 4
食べ易いように切れ目の入った厚切り牛たん、噛むと二切れ毎に味が異なる。
先端と中心部を使ってるのだろうか、薄切り部含め特有の癖もない。
味付けは塩胡椒、柚子胡椒味噌が添えられる。
個人的思いなのだが、牛たんは飯のおかずには向かない気がする。
タンシチューかハーフポンドステーキにしときゃよかったな、ごちそうさまでした。
ちなみに前店のお好み焼き屋とは繋がりはないそうです。
イメージ 5

このページのトップヘ