シャネルアクセサリー

シャネルアクセサリーのブログ

定期預金とは?

定期預金とは、預けてから一定期間は引き出せない預金で、満期日まで原則として引出しが出来ないため、流動性が制限される一方、普通預金と比べると金利は高くなっています。
メリット
①預金保険の対象です。
これが最大のメリットでしょう。
普通預金と同じく1金融機関につき1人あたり1,000万円とその利息まで補償の対象となっております。株やFX等リターンが高いものは元本が保証されていない為、金利が低くても定期預金を選ぶ方が多いのです。
②普通預金よりも金利が高いです。
普通預金0.020%に対し定期預金1年未満で0.025%(都銀のHPより)
預け入れ期間を長く設定すると更に金利が高くなる事が多いです。ex)定期預金5年0,05%
③「貯める」という事をより意識できます。
普通預金に入っていると使ってしまいがちです。
④総合口座貸越が利用可能になります。
総合口座(普通預金と定期預金が一冊になったもの)であれば定期預金の額の何割かを借りる事が可能になります。
手持ちのお金ほとんどを定期預金に入れた後で、急な出費が発生しても、その場を凌ぐ事が出来ます。(勿論お金を借りると利息は発生しますが、定期を解約する事なく、ローンなどに申し込む必要もありません。)

デメリット
①普通預金より高いと言っても大差はない。
上記の通りです。
②長期で預けたりするとその間に金利が上昇しても反映されない。
例えば5年定期0.05%に預けている間に景気が急上昇し金利が上がっても、当初の5年間は金利0.05%の適用になります。自動継続であれば、次の5年間には反映されます。

ランチ代の節約方法を紹介します

ランチ代の節約方法として、真っ先に思いつくのはお弁当をつくって持っていくことですね。栄養のバランスといい、安上がりな点といい理想的ですが、近頃は 働いている奥様も多く、お弁当をつくってもらえるとは限りません。かといって忙しいビジネスマンが自分で全部つくるのは無理。そこで「一からお弁当をつく るほど大変ではなく、栄養面もそこそこ、なおかつ貧乏臭くない」1週間のランチ代節約方法を考えてみました。まず月曜日は外食にしましょう。火曜日は「グルーポン」や「ポンパレ」などインターネットの割引クーポン共同購入サイトで見つけた割引クーポンを使ってみましょう。水曜日は外食をやめて、お弁当を買って社内で食べることにしましょう。木曜日は、お弁当箱に白いご飯だけ詰めて持っていきましょう。金曜日は自分でお弁当をつくる代わりに、「スープジャー」に調理してもらいましょう。こんなふうに月曜日から金曜日までいろいろな方法を組み合わせれば、1週間のランチ代が合計1000円を切ることも夢ではありません。まずはできそうなものから試してみてください。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ