2015年11月

     よく仕事で思い物を持つ
    普段から中腰での作業が多いなど、
腰痛は職業病の一つでもあります
しかし、腰痛は大人だけでなく子供にも十分起こり得ます
    子供でも筋肉疲労が原因の腰痛のことありますが、気をつけてなければならないのが【腰椎分離症】【腰椎すべり症】です
    これは特に普段から激しい運動をしているお子さんに起こりやすく
それでいて放っておくととても危険なものでもあります

まず【腰椎分離症】とは腰椎‥‥背骨の腰の部分での疲労骨折などが原因で繋がっている骨が分かれてしまった状態です

この離れた骨が前に滑り落ちてしまうと【腰椎すべり症】となります
これは腰痛の他にシビレ神経痛 などの症状がでることも少なくないです


例えば、腰椎分離症がある場合に気付かず腰を押すようなマッサージをしてしまうと
分離した骨を前へ押し出す力が働くので腰椎すべり症に移行してしまう可能性があります

なのでお子さんが腰痛や腰の違和感を訴えたときは、自己判断でいきなり家でマッサージをせずに、まず受診していただいた方が安心なのは間違いありません





当院のホームページはコチラです


30代   男性

 私は重い物を持つ仕事をしています。骨と骨のすき間が狭くなっているから痛いのは仕方がないと病院で言われたのですが、納得できずここへ来院しました。
  カラダのバランスを整える治療だと説明を受け、最初は半信半疑でしたが4〜5回うけると痛みが減りだして、今では週1のペースで通っています。
   痛みを気にせずに仕事ができることをうれしく思っています。





この患者さんは整体治療をさせていただきました
はじめは歪んでいたカラダも治療をするうちに整っていき、そうすると自然と痛みも消えていきました
患者さんに喜んでいただくと、当院も嬉しく思います

↑このページのトップヘ