2011年12月05日

さらばタイ!

2006年3月17日、

タイへと飛び立つ日の朝に書いた

ブログのタイトルが、

さらば日本!でした。





あれから5年と9ヶ月。





いよいよ今日、日本へ本帰国します。





タイでの最後のブログです・・・





どうも、ざっちゃんです。










「俺にとってタイに留学することは、

 絶対に良い経験になる。

 行かなきゃ良かったとは絶対に思わない。」





二十歳の俺が

タイへ飛び立つ日のブログでそう書いていました





その言葉の通り、

ホントにこの約6年間のタイ留学は

ちかっぱ良い経験でした。



日本では出来ない経験がたくさんタイで出来て

留学してホントに良かったと思います。





あんだけ早く日本に本帰国したいと思っていた

タイ生活も、いざ本帰国日が決まり

タイ生活が残り少なくなると、

一日一日が名残惜しく、

タイを離れることがとてもとても寂しくなりました。





いろんな経験をさせてくれ、

俺を一回りも二回りも成長させてくれた

タイ王国は間違いなく俺の第二の母国です!!





5年9ヶ月間ホントにありがとう

Thailand!!!






サワディーカップ!





さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 00:03Comments(1)TrackBack(0)clip!

2011年12月02日

卒業と就職

日本への本帰国日が近づくにつれ、

日に日にタイを恋しく思う今日この頃。










どうも、ざっちゃんです。






























前回の久しぶりの日記では、

無事に卒業が確定したことをお伝えしましたが、

今日はもう一つお伝えすることがあります。










もうご存知の方もおられると思いますが、

卒業が決まったと同時に就職先も決まりました。




















就職先は、航空自衛隊です。




















このブログの名前の通り、

元々俺はマスコミ関係、

特にテレビ局へ就職してメディアの仕事を

することが夢だったのですが、

年齢制限や将来的なことを考えて、

長年の夢だったテレビ局への就職は諦めました















そして今年に入ってから、

自分が将来したい仕事を模索しているときに

ふと航空自衛隊に興味を惹かれ、

気づいたときには

ちかっぱ航空自衛隊に

        入りてぇーーー!!!


っていう感じにギラギラと燃えていました。





まぁ〜俺、単純ですから。















そしてさっそくその日から、

防衛省から派遣されている

在タイ日本大使館の防衛駐在大使の方に

メールを送り航空自衛隊の入隊の仕方を調査。















自衛官・曹候補生・幹部候補生と

自衛隊の試験の種類は

階級ごとに大きく3つに分けられるのですが、

俺が選んだのは、航空自衛隊の曹候補生















試験は5月と9月の年2回。





試験内容は、

1次が国語・数学・英語・論文。

2次が面接。





年齢制限が2012年4月1日時点で満26歳

だったので今年がラストチャンスでした。




















こっちは学校もあるので、

試験がある度に少ない日数で

日本へ一時帰国し、

5月に行われた第1回目の1次試験は

見事に撃沈!!!





しかし、

自衛隊の担当の人から

航空自衛隊の曹候補生は高倍率で難関、

だからちゃんと勉強するようにと脅されていた

ラストチャンスの第2回目の1次試験で

見事に合格!!!





その勢いで最終面接は全力を出し切り、

無事に合格して、

11月に航空自衛隊の曹候補生としての入隊が

決まりました!!!




















これで2011年11月は、

卒業が確定し、航空自衛隊に合格した

素敵な月となりました。















自衛隊の中でも

特に航空自衛隊は英語をよく使うみたいなので

タイに留学した意味のある職業に就けた!

と自分の中では大満足しております。















ということで、

こんな俺も晴れて来年4月から

特別国家公務員になりますので、

皆様が一生懸命納めた税金で

飯食わせていただきやす(´ー`)┌










さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 00:50Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月27日

6年目のタイ

こんにちは。 お久しぶりです。










今年に入ってからのブログ更新が

これで2回目。



自身過去最低のブログ更新頻度の低さです。



昔は毎日のようにブログを書いていましたが、

今となってはこのザマです。。。



ブログを開けばマゴニアの黒人のおっさんから、

たまにはブログを更新したらどうだ?

と言わんばかりの目で見つめられ、

渋々ブログを更新している次第です。










ここ最近のタイは、

皆さんもご存知の通り大洪水で大変なことに

なっとりました。



俺が住んでいる地域は、

多少の飲料水不足はあったものの、

さほど被害がなく安全でした。



しかし世界遺産があるアユタヤは、

大変な被害を受け、

サガットのステージ、

そしてベガが潜むシャドルーの本拠地も、

ほぼ沈没しています。



この場を借りて、

被災されて亡くなった方々のご冥福を

お祈り申し上げます。










どうも、ざっちゃんです。






























タイに留学して今年で6年目。










つまり










大学6年生(^0^)/




















もうご存知の方もおられると思いますが、

わたくし尾崎勇介(大学6年生)は、

2011年度の前期(6月〜10月)を終え、










無事に卒業が


確定いたしました!!






よっしゃーーーーーー!!!!!!




















パソコンで前期の結果を見て、

全教科規定のグレードで

無事にパスをしているのを確認した時は、

大声を上げて喜びまくりました。






過去に合格出来ずに何度も落ちて

授業を途中リタイヤしていた、

マクロ経済と金融学






この最凶の2教科が

卒業出来るか出来ないかの

鍵を握っていたのですが、

ようやく4回目でパスすることが出来きました。






そもそもマクロ経済と金融学を

英語で勉強するということ自体

無茶な話っつーんですよ。

日本語でもわけ分からんのに・・・










何はともあれ、

大学6年目でようやく卒業出来て

本当に良かった良かった♪




















この6年間本当に長かった〜(*´Д`)=з










2006年3月17日



当時ピッチピチの二十歳の俺は、

単身タイに渡り、

何も考えずに今の大学に入学しました。



別に語学留学が目的でもなく、

タイの女が目的でもなく、

ただ単に専門学校の先生に進められて

表上大卒資格目的という形で

ノリだけでタイに来ました。










そして、










2011年11月現在



あれから約6年の月日が流れ、

年齢と人生経験と同時に体重も約20kg増え、

ビール片手にパンツ一丁で

タイ生活6年間を振り返ながら、

久しぶりのブログ更新中。















20代前半をタイにガッツリ費やしたこの6年間、



一片の悔いなし!!!















しかし一時期は、

大学を卒業出来る気が全くせず、

タイ留学(大学)を途中で辞めて

日本に本帰国
しようかと考えたこともありました






でも大卒資格は欲しいので、

タイ人特有のコピー技術を利用して

偽の卒業証書を作ってくれる店を

紹介して貰おうなど

バカな事を考えたりもしました。






それは年齢的にも実家の金銭的にも

(仕送りのため母親のパート代が
 
 丸々俺のタイでの生活費になっていたので)、

何たってあの最凶の2教科をパスする自信が

全くなかった。






毎学期学費払って受けては落ちて

受けては落ちての繰り返しだったので、

やる気も落ちていました。。。










そして去年の7月、

両親や友達などに相談して悩んだ挙句、

あと1年頑張ってみようと決めました。






父親からもこの時、

「もう来年の10月までに卒業確定せんかったら

                 日本に帰って来い」

と言われ、1年間卒業のチャンスを貰いました。




















そして1年後、約束の2011年10月、

ラストチャンスに賭けた最後の最後の学期で

無事に最凶の2教科をパスして

卒業が確定しました。










ホントにあのとき大学辞めんで良かった〜

と心の底からそう思います。










試練は

乗り越えられるからこそ訪れる




そう肝に銘じてタイにやって来て、

最後の最後まで壁にブチ当たった

6年間でしたが、

乗り越えられない試練(壁)などないと

改めて実感しました。















今回無事に卒業出来たのは、

もちろんタイでいろいろ支えてくださった

人たちのおかげでもありますが、

やはり一番は両親のおかげだと

感謝しています。















これを以って、

6年間のタイ生活に終止符を打ち

12月5日、日本へ本帰国します。














さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 01:35Comments(3)TrackBack(0)clip!

2011年03月02日

近況報告 IN 2011

あけましておめでとうございます!!!

A HAPPY NEW YEAR!!!

サワディーピーマイカップ!!!

セへボッマニバドゥセヨ!!!










ということでご無沙汰です。






約半年以上ぶりの日記ですか・・・






タイに来た当初は、

俺の日記が一週間、いや3日、

もっと大げさに言えば1日でも

更新されとらんかったら

「大丈夫?ちゃんと生きとうと?」

「ブログが更新されとらんけん心配」

みたいな俺のことを気遣ってくれる嬉しい内容の

メールがわざわざ日本から来ていたのですが、

今となっては

誰一人として心配もしてくれません。






だ〜〜〜れからもメールが来ん

寂しい男ですたい(ノωヾ*)ウゥゥ






(ノω・ヾ*) チラ










俺をタイに送り出した専門学校の担任からは

一切連絡も来ず、

クラスで行く海外研修(旅行)も

気付いたら(毎年恒例の)タイから韓国に

知らん間に変更されとったていう始末。。。

(ノ゜0゜)ノおい!!!










まぁ〜5年もタイに住めば、

永住するっちゃろうね〜って周りから思われて

心配もされないでしょうね。










そんな俺は2011年で

タイ在住6年目を迎えます。






つまり4月で晴れて

大学6年生になります(^0^)/



小学校でいう高学年最後の年で、

来年から中学生!っていう感じですね。










今年3月にタイ在住6年目を迎える俺ですが、

これでこのタイ語レベルはマジでヤバイ。



自慢じゃないですけど、

俺のタイ語はチンカスレベルです。



よくこのタイ語レベルで5年間も暮らせたなと

自分で自分を褒めてあげたい。



正直韓国語の方が出来ると自負してます。










そして英語。



5年間も大学で英語のみで授業を

受けてきましたが、これまた鼻くそレベル。



よくこのレベルで大学生活を楽しく送れたなと

自分で自分を褒めてあげたい。










俺はこの5年間で悟ったんです。



語学力なんて必要ねー!!!と。






ジェスチャー(with 笑顔)

勘(相手が何が言いたいのか読む力)

ノリ



この3つさえあれば言葉に国境はなーい!!!





動け!読め!乗れ!

この3拍子さえあれば

コミュニケーションはオーケー!!!



まぁ〜テストとなれば話は別ですが(笑)















そうやって適当にやってきた俺も、

ついに卒業予定者リスト

名前が載りました!!!凸(゚皿゚メ) ウラァァアア!!






長かった道のりも

ようやくゴール間近です(泣)






信じるか信じないかはあなた次第です!










どうも、ざっちゃんです。






























韓国サッカー



    我が韓国サッカーチーム





試合中に笑けてくるぐらいの弱小チームwww















こっちでの息抜き、GK(キーパー)がいない、

韓国人の友達が多い、竹島奪還!の理由で

5年間も所属しているのですが、

今現在は戦線離脱中でやんす。










去年の11月中旬に、

チームが新ユニホーム

(弱いのに見た目だけはイッチョ前)

になったので記念にということで

試合前に全員集合写真(上の写真)を撮って、

その後の試合中に怪我しちゃった♪
















原因は、、、

相手チームのFW(フォワード)が

自分のチームのDF(ディフェンス)と

絡まりながらゴール陣内に入ってきたので、

ここはGKである俺が

阻止せないか〜ん!と思ったので

足からボールに飛び込んだとですよ。

そしたら何故か見方であるDFと

思いっきり衝突してチーンです。





いままでスポーツで怪我とかしたことなかったし

これからも怪我とかするわけがないと

調子に乗っていたんですが、

この時ばかりは初めての激痛にビックリして

死ぬかと思いました(大げさー)。





歩くことが出来なかったので即交代です。



うちのチームには控えのGKいないので

しゃーなしコーチが代わりにGKです。















まぁ〜何たってぶつかった相手(見方DF)が

写真の中でちょうど俺のチ○コの所に

顔がある奴(黒縁メガネ)なんですが、

こいつが元韓国海軍特殊部隊の奴で

身体が全身筋肉でゴリラみたいな奴なんですよ





そりゃ〜一般ピーポーの俺がまともに

こんな奴と思いっきり衝突したら

俺の足は一発でオジャンになるわな。





















そして後日、

タイで最も大きくて高級な病院、

バムルンラード病院にて

レントゲン・MRIの診察を受け、

右膝後十字靭帯断裂と診断されました。











断裂した靭帯は

自然治療では絶対に再生は不可能で

手術によって他の腱から移植する方法しかない





しかし手術は

患者の意思によってしなくても良い。





但し手術をすると80%競技復帰可能で、

手術をしなかった場合は

今後レクレーション程度のスポーツしか

出来ない
と言われ、

スポーツを一生したい俺は

もちろん前者を選ぶわけで、

人生初の手術をタイで決行か!?

となりましたが、

怪我から4ヶ月近くが経ち

驚異の回復力(ということにしときましょう)で

手術はせずに筋トレによって

膝周りに筋肉を付けて

競技復帰を目指すこととなりました。










まぁ〜正直に言いますけど、

靭帯断裂のレベルが最終的に5段階中1

って診断されたんですけどね(笑)





それでも正座も走ることも出来ないので、

海外保険が使える期限である

怪我から半年間は通院とリハビリです。





目標は6月までに完治!!!















しかし皆さん、保険は入っとくもんですよ。



保険はよく掛け捨てと言いますが、

何かあった時では遅いので

私は大丈夫だと思っていても

人生は何が起こるか分からないので、

保険は大切です。



俺は今回の怪我で貯めてた5年分の保険を

一気に使ってますからね。金額ハンパねー




















怪我をした昨年11月から年末まで

人生初の松葉杖生活

余儀なくされたのですが、

おかげさまである国の民族性を

垣間見ることが出来ました。















松葉杖をついて学校に行けば、

やはり周りの友達のみんなは心配してくれます。





日本人を始め、タイ人、台湾人、中国人の

クラスメイトや仲の良い友達は

「大丈夫?」や「何か助けようか?」など

気遣ってくれます。















しか〜しだ!!!















我がチームメイトである、

しかも怪我の状況をよ〜く知っている

韓国人達だけは俺に対する扱いが違います










彼らは、

俺の松葉杖で遊んだり、時には隠したり、

怪我しとう方の足を蹴るふりしたり、

俺が歩いとう時に後ろから押したり、

足を叩いたり、歩き方を見て笑ったり、

しまいにゃ〜「車椅子使え!」だの

「いっそうのこと足切断したらいいやん!」とか

「ゆーすけがサッカーせんくなって

俺たち強くなったぜ!ハッハッハ〜」などの罵声

が酷いったらありゃしない(´Д`)





最終的には

「人数足りけん松葉杖でGKして!」って。





出来るか!ボケェ!!!










*余談ですが韓国では靭帯切った人は

 兵役が免除だそうです。




















韓国にはこういう諺(ことわざ)があります。










川に落ちた犬は、


         棒で叩け










これは

「弱ってる物(人間や動物)は

         徹底的にいたぶれ」

という意味で、

韓国国民の7割が犬肉を食べる慣習から

「死ぬ前に残虐に殺した方が肉は美味くなる」

という現実がよく表れています。










つまりこの場合、

川に落ちた犬が俺っていうことですなワン










さらにおかげさまで徹底的にいたぶるために

俺についたあだ名が、





ダリゲビョンシン





これは韓国語で、

ダリ→足

→韓国語で上位に入る悪い言葉。犬の意。

ビョンシン→差別用語で身障者の意味。
       
        キチガイ。





ダリゲビョンシンを日本語でひっくるめて言うと、

ちんばです。



※ちんば=

博多弁での足の不自由な人に対する差別用語





なので韓国人には絶対に使わないように!

俺だけに使って下さい!!!















「川に落ちた犬は、棒で叩け」



この諺は韓国人の民族性を見事に表してます。




















これは全て実話でして、

本当に韓国人だけが俺に対する扱いが

最悪で、やりたい放題のしちゃかちゃです。





まぁ〜でもこれは友達同士のじゃれ合いで、

仲良い証拠と思って

結局は俺もいじられるの何気に楽しんでます。





もちろん韓国人全員が全員

こういう感じではないですよ!

韓国チームの5割ぐらいです(多いかwww)。





中には毎回会う度に心配してくれたり、

助けてくれたり、

特にチームリーダーは

俺たちにも怪我の責任があると言って

部費からお金をかき集めて

10000バーツ(約3万円)

俺に寄付してくれました♪





しかし日本は韓国と違って

保険会社が医療費を全額負担してくれることは

皆さん内緒ですよ。




















ということで、タイ最後のクリスマスは

膝のリハビリも兼ねて

彼女と南国のリゾート地ピピ島

行ってきました。










ピピ島




ピピ島だす(^0^)/






いや〜マジで癒されました。

クリスマスにリゾートは最高です。





おかげ様でこの日以降、

右膝の調子もすこぶるヨカです!





このまま順調に膝が良くなっていって

早く回復する事を願うのみ。















2011年は自分自身にとって

人生の大きな分岐点となる貴重な年なので

ヨカ2011年にしたかですね。





皆さんにとっても

素敵な2011年でありますように。

斉藤ワタル以外。





では最後に、この動画をお送りして

今日はこの辺でドロンさせていただきやす。









さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 04:03Comments(1)TrackBack(0)clip!

2010年08月15日

英霊に黙祷


お盆ですね。



お盆って何か特別な事するっけ?



5年もお盆を経験してないと、

お盆がどういうものなのか

さっぱり忘れてしまいます。






ということでタイに留学して

かれこれ5年が経ったわけで、

身内や周りの友達からは

「お前いつ卒業するとや?てか出来るとや?」

と耳にタコが出来るくらい

うるさく言われるのですが|( ̄3 ̄)|、

みなさんご心配なく!!!










来年の10月にやっ〜〜〜と卒業出来ます!!



長かったタイでの大学生活も

ようやく後1年で終了です♪



卒業したらソッコーで日本帰国してやる!!!










結局5年半で卒業っていうことになりますね。



小学校生活とな〜んちゃ変わりありません♪











国籍・言語・性別・思想・貧富など多くの違いを

抱え続ける人類に、

神が与えた唯一の平等が時間です。



その時間の積み重ねである年齢において、

俺は貴重な20代前半を

学生としてタイでガッツリ費やしたことになるが、

ちっとも後悔などしとりません。



むしろ良かったと思っています。



ザ・ポジティブ( ・`д・)b










暑中見舞い及び残暑見舞い申し上げます。



どうも、ざっちゃんです。




















8月15日、

今日は戦後65年目の終戦記念日です。










1941年12月8日、

大日本帝國の真珠湾攻撃で始まった

大東亜戦争

(太平洋戦争・日米開戦・第二次世界大戦)






4年間に渡り、連合国と数々の激戦を繰り広げ、

卑劣で卑怯なアメ公による日本本土への

無差別爆撃、

そして8月6日に広島市へ原爆投下

続いて8月9日に長崎市へ原爆投下





1945年8月15日、

ついに大日本帝國は無条件降伏。



これにより戦争が終りました。。。










その後、

勝者(アメリカ)が敗者(日本)を裁くという

これまた卑怯で最低な裁判である

極東国際軍事裁判(東京裁判)が開かれ、

数多くの日本人が違法に裁かれました。















そして今現在、

大東亜戦争及び第二次世界大戦において

日本は悪とされています。



特に、

俗に言う特亜3国(韓国・北朝鮮・中国)は

日本に対する扱い(評価)が酷いです。



おまけに現代の日本人までもが

自国を批判する始末。本当に悲しい話です。










確かに人が殺しあうという面でみれば

戦争はいけないことです。





しか〜し!!!

アジア各国が欧米諸国の侵略によって

植民地化が進んでいた時に、

アメリカからの挑発を受けた日本は

今度は母国(日本)が侵略の危機に迫られ、

やむを得ず大日本帝國は祖国を守るために

アジアと大日本帝國の威信にかけて、

巨大国家を相手に立ち上がったのです。





国家の尊厳と価値を高める愛国の志である

大和魂

負ける相手と分かっていても全力で戦い

侵略や不正義には断固立ち上がる

毅然たる勇気である武士道

大東亜戦争は

この2つの精神を持った日本人が

アジアを救った正義の戦争です。










特亜3国以外のアジアは

しっかりと日本の功績を評価しています。



大東亜戦争は本当に侵略戦争だったのか?



これから紹介する各国の要人達のコメントを

見ればおのずと答えが見えてくるはずです。

いや、見えます。




















タイ

 タイ王国




☆ククリット・プラモード元タイ首相☆

「日本のお陰で

 アジアの諸国はすべて独立しました。

 日本というお母さんは

 難産して母体をそこないましたが

 生まれた子供はすくすくと育っています。

 今日、東南アジア諸国民が

 欧米諸国と対等に話ができるのは

 一体誰のお陰であるのでしょうか。

 それは『身を殺して仁をなした』

 日本というお母さんがあった為であります。

 12月8日は我々に、

 この重大な思想を示してくれたお母さんが

 一身を賭して重大決意された日であります。

 更に8月15日は我々の大切なお母さんが

 病の床に伏した日であります。

 我々はこの2つの日を忘れてはなりません。」

(12月8日 「サイアム・ラット新聞」)










ミャンマー 
ビルマ

 (ミャンマー)




☆バー・モウ初代ビルマ首相☆

「歴史的に見るならば、

 日本ほどアジアを白人支配から

 離脱させることに貢献した国はありません。

 真実のビルマの独立宣言は

 1948年の1月4日ではなく、

 1943年8月1日に行われたのであって、

 真のビルマ解放者は

 アトリー率いる労働党政府ではなく、

 東条大将と大日本帝国政府でありました。」

(バー・モウ博士著『ビルマの夜明け』より)



「日本ほどアジアに貢献した国はない。

 そして日本ほど誤解を受けている国はない。」










マレーシア

 マレーシア




☆ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員☆

「私たちは、

 マレー半島を進撃してゆく日本軍に

 歓呼の声をあげました。

 敗れて逃げてゆく英軍を見た時に

 今まで感じたことのない興奮を覚えました。

 しかもマレーシアを占領した日本軍は

 日本の植民地としないで

 将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、

 それぞれの民族の国語を普及させ

 青少年の教育をおこなってくれたのです。」



☆ガザリー・シャフェー元外首☆

「どうしてそういう挨拶をなさるのですか。

 あの大戦で日本はよくやったではないですか。

 マレー人と同じ小さな躰の日本人が、

 大きなイギリス人を

 追い払ったではありませんか。

 その結果、マレーシアは独立できたのです。

 大東亜戦争なくしては、

 マレーシア人もシンガポールも、

 その他の東南アジア諸国の独立も

 考えられないんですよ?」










シンガポール

シンガポール




☆ゴー・チョクトン元首相☆

「日本の統治は過酷なものだった。

 しかし日本軍により

 欧米のアジア支配は粉砕された。

 これはアジアに自信を与えた。」










インド

 インド





☆ラグ・クリシュナン元大統領☆

「インドは当時、

 イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは

 想像もできませんでした。

 それを我々と同じ東洋人である日本人が

 見事に撃沈しました。

 驚きもしましたが、この快挙によって

 東洋人でもやれるという気持ちが起きました。」

(昭和44年「日本経済新聞」より)



☆ラダ・ビノード・パール判事(法学者)☆

日本が戦争にふみきったのは

「侵略のためではなく」独断的な政策をとった

西洋諸国によって挑発された為であり、

「東京裁判は正義の実現ではなく

 勝利者による復讐」であるとし、

「日本は国際法に照らして無罪である」と

主張したが、その主張を法廷で述べることを

許されなかった。



「欧米諸国は日本が侵略戦争を行った

 ということを歴史にとどめることによって、

 自分らのアジア侵略の正当性を

 誇示する目的であったにちがいない。 

 日本の子弟がゆがめられた罪悪感を

 背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、

 私は平然と見過ごす訳にはゆかない。

 誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。 

 誤られた歴史は

 書き換えられなければならない。」




☆G・デサイ印弁護士会会長☆

「日本のおかげで

 インドの独立は30年早まった。

 この恩は忘れてはならない。」










インドネシア
インドネシア





☆モハメッド・ナチール元首相☆

「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。

 大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を

 日本が代表して敢行したものです。」



「大東亜戦争というものは本来なら

 私達インドネシア人が、

 独立のために戦うべき戦争だったと思います。

 もしあの時、私たちに軍事力があったなら、

 私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。

 大東亜戦争はそういう戦いだったんです。」



☆アラムシャ元第3副首相☆

「我々インドネシア人は

 オランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、

 350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を

 試みましたがオランダの狡知なスパイ網と

 強靱な武力と苛酷な法律によって

 圧倒され壊滅されてしまいました。

 それを日本軍が到来するや、

 たちまちにしてオランダの鉄鎖を

 断ち切ってくれました。

 インドネシア人が歓喜雀躍し

 感謝感激したのは当然であります。」



☆ブン・トモ元情報相☆

「我々アジア・アフリカの有色民族は

 ヨーロッパ人に対して何度となく

 独立戦争を試みたが全部失敗しました。

 インドネシアの場合は、

 350年間も失敗が続きました。

 それなのに、

 日本軍が米・英・蘭・仏を我々の面前で

 徹底的に打ちのめしてくれました。

 我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて

 アジア人全部が自信をもち、

 独立は近いと知りました。

 一度持った自信は決して崩壊しません。

 そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、

 我々がやらねばなりませんでした。

 それなのに全て日本に負わせ、

 日本を滅亡寸前まで追い込みました。

 申し訳ございません。」










台湾

 
中華民国


  (台湾)



☆O・ラティモア中華民国顧問☆

「日本が立派にやり遂げたことは、

 欧米の植民地帝国を

 完全に破壊したことである。」









エジプト

 エジプト




☆ナーセル第2代大統領☆

(第3次中東戦争惨敗後)

「アジアには日本がいた。

 アラブには日本がいない。」










オランダ

 オランダ




☆サンティン・アムステルダム市長☆

「本当に悪いのは

 侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。

 日本は敗戦したが、

 その東南アジアの解放は実現しました。

 即ち日本軍は戦勝国の全てを

 東南アジアから追放して終わりました。

 その結果、アジア諸民族は

 各々独立を達成しました。

 日本の功績は偉大であり、

 血を流して闘ったあなた方こそ

 最高の功労者です。自分を蔑むことを止め、

 その誇りを取り戻すべきであります。」










イギリス
 イギリス




☆H・G・ウェルズ歴史学者☆

「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、

 白人と有色人種との平等をもたらし、

 世界連邦の礎石をおいた。」



☆アーノルド・J・トインビー歴史学者☆

「第2次大戦において日本人は

 日本の為というよりも、

 むしろ戦争によって利益を得た国々の為に

 偉大なる歴史を残したといわねばならない。

 その国々とは

 日本の掲げた短命な理想であった

 大東亜共栄圏に含まれていた国々である。」



「日本人が残した最大の功績は、

 世界を支配していた西洋人が不敗の神

 ではないことを示した点である。」










アメリカ
 アメリカ




☆D・マッカーサー元帥☆

昭和25年10月トルーマン大統領に対して

「東京裁判は誤りであった」と告白。

さらに昭和26年に米国上院において

「日本がおこなった戦争は

 正当防衛であり侵略戦争ではなかった」

と公式に証言。




















これが真実です。





今の日本があるのも、

自分の命を犠牲にしてまでも

祖国とアジアを守った靖国に眠る英霊と

ご先祖様のおかげです。





日本人である我々は

そのことを絶対に忘れてはいけません。



そしてその偉大なるサムライの血を引いた

日本人であることを

誇りに思わなければいけません。










日本日章旗








祖国(日本)のために戦って

戦場で亡くなった英霊と、

戦争(空襲など)で亡くなった人々の

ご冥福を祈り、1分間の黙祷をしましょう。





大日本帝國万歳!天皇陛下万歳!




さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 08:14Comments(6)TrackBack(0)clip!

2010年08月04日

結婚っていいね


皆さんお久しぶりです。















ワールドカップ凄かったですね。



日本がワールドカップの熱狂の渦に

巻き込まれていた時、

俺も負けじとこっちでユニホームを着て

在タイ日本人達と一丸となって応援してました。





18



15





日本よく頑張った!!!

まさかあそこまでやってくれるとは!



そしてまさか2010年のワールドカップも

タイで応援するとは・・・















さて、

前期の中間テストも先週でやっと終わり、

今週から学校が始まりました。



相変わらずテストの出来は例年通りクソであり、

今週から始まった前期の後半戦には

憂鬱を感じている次第であります。










このように毎年7月下旬は

大学では前期の中間テストの時期なので、

勉強で忙しく

精神的にはかなりきつ〜い時期です。



だけんこんな大切な時期に短期間で

日本に一時帰国するバカはおらんです。










しかし川野の結婚式となれば話は別。










家が近所で中学時代は

毎朝一緒に学校へ行っていた

地元の友人である川野祐太郎君が

7月24日に結婚するという事を聞いたので、

こりゃ〜帰国して川野の結婚式ば

祝ってやらないかんやろ!

ということで

テスト期間の合間を縫って

先月の7月24日から27日まで

短期間で日本に一時帰国しました。










タイに留学してから

日本が真夏の時期に一時帰国するのは

初のことであり、

実に5年ぶりに真夏の日本との再会でした。





久しぶりの真夏の日本は、タイよりも暑く

セミの大合唱が懐かしかったです。










一方で久しぶりに再会した

家族や地元の友人達からは懐かしさどころか、

デブなど汚いだのプロレスラーだのなんだの

言われ、心に深〜〜〜い傷を負わされました。





みんなが口を揃えて言うんですよ。















16



俺、プロレスラーの高山に似とうって。





    17



高山マジで強ぇ〜けんな!!!





とりあえず

卒業よりも脱高山を残り少ないタイ留学の

目標に掲げ、

プロレスラーから一般人に戻ることを

心に強く誓ったのであります。










そんなことよりも、

博多駅が見事に変身しとうのは驚きましたが、

何よりも今回の一時帰国で一番驚いたことは

中国人がえらい多かったこと。





携帯のポイントが30000ptも貯まっていたので

ソフトバンクに機種変しに行ったんですが、

俺を対応したスタッフが中国人で

日本語がペラペラ。

しかし話は時たま噛み合わず・・・



よ〜く見るとソフトバンクの従業員の半分が

中国人でしたΣ( ̄口 ̄;)





さらに大型デパートの店内や街中には

中国の銀行カード専用のATMもあり、

いずれ日本がチャイニーズトーキョーになるのも

時間の問題やなと痛感。





しかも中国人は年収80万円弱で

日本に住めるようになったそうで。










日本オワタね。。。





こんな日本をどげんかせんといかん!!!





大日本帝國よ!目を覚ませ!!!!!!










ご無沙汰です。



どうも、ざっちゃんです。




















さぁ〜て!



川野の結婚式に来れなかった人や、

写真が欲しい人のために写真と一緒に

川野の結婚式を振り返っていきましょう♪










7月24日(土)





前日の中間テストを無事に終え、

タイから5時間のフライトを経て

朝8時に福岡空港に到着。





そして実家に帰って、美容室へGO!!!





美容室から帰って来た後は、

10kg以上増えた体に

スーツが無事に入るかどうかチェ〜ック!



そして高山、

なんとかスーツ入りました( ・`д・)b





スーツ着た後は祝儀3万円(親のスネ♪)を包み

式から参加するので、

14時頃に地元の野郎共

(まっちゃん、わたる、りょーじ、つか)と

俺の家に集まって、タクシーと地下鉄使って

会場である西鉄グランドホテルへGO!



最初祝儀を1万円しか包もうとしなかったことは、

( ?ノェ?)秘密です。















1



神聖なる教会での式はちかっぱ良かったです。



ただ牧師さんのアーメンが

ザーメンに聞えて仕方なかった・・・















2



披露宴の始まり始まり〜





新郎側は女友達を、新婦側は男友達を

結婚式に呼んではいけないことは

知っていましたが、

披露宴の席割りが

新郎側の友人と新婦側の友人が

ごちゃ混ぜに1つのテーブルで一緒だったことに

ビックリしました。










3



川野の奥さんマジ可愛かったです!!!





披露宴では、

3万円分ガッツリ飲んで食わしてもらい、

りょーじのカラオケで盛り上がったり、

ビデオレターで笑ったり、

新婦さんの親への手紙で感動したり、

川野が歌いながら泣いた時はヤバかった。



おまけに、

最後エンドロールでスクリーンに

結婚式の出席者全員の名前が流れた時に

俺の名前だけがないという

おいしい思いもさせてもらいましたヽ(=´▽`=)ノ















はい、2次会へGO!!










4



川野の奥さんと中学メンバーで記念撮影。










2次会でも引き続き飲んで食って、

ビンゴゲーム!!!





見事に豪華商品のマルコメ君(味噌)

当たりました♪



タイに帰っても使い道がねーけん、親にやった。










5



披露宴に来れんかった人達も来て、

2次会メンバー全員集合!!!





これまた2次会も楽しかった!















はい、3次会へGO!!!










3次会はカラオケへと移り、

ここら辺からぞくぞくと人が減っていき

疲れてダウンして途中で寝たり帰る人もチラホラ










俺はツカと途中抜け出して、

ラーメン食いに行ってきました。



やはり飲み行ってラーメンという順序は

博多の王道パターン( ・`д・)b





    12



博多名物とんこつラーメンは、

日本に帰国した際には絶対に食べておきたい

ナンバー1です( ・`д・)b



飲んだ後にはたまらんです!

ウコンより効くばい!!!










カラオケもそろそろお開きで、

時間はすでに日付が変わって2時過ぎを

回っています。



人もかな〜り減りました・・・



さぁ〜どうしよう?















はい、4次会へGO!!!!










6



場所は居酒屋へと移り、

メンバーもこんだけになりました(´・д・')










優しい店員さん(タイによく行くらしいw)から

結婚祝いとして日本酒をただで頂きました☆





これを全部飲みきるまで、

ジャン負けでショットグラス一杯をグイッっと

一気飲みするゲームをしました(o ̄∀ ̄)ノ旦










全部飲み終え、店も閉まりそうなので

お開きの時間がやってきました。





7



途中で来た中学時代の友人も加わって

最後に記念撮影をして、

これで本当に解散となりました。





川野夫妻は2日後から

ハワイに新婚旅行に行くそうで^^

羨ましかね〜!

てかなんでタイじゃねーとかね〜!川野!!















テストや飛行機の疲れも重なり、

そしてほぼ睡眠を取っていなかったので

疲れがピークに・・・





朝6時、

家に帰宅して布団にソッコーで潜り込みました。










しかし眠りにつこうとしたその時、

携帯が鳴ります。










着信はワタルからです。










「おい!きさん!

今から公園で2人で語ろうぜ!」










死ね!クソヤロー!!!

ふぁっきゅ━━━━━う(゚Д゚)凸




















7月25日(日)





短期間の一時帰国なので

寝る時間がもったいないので、

昼の12時には起きて

この日は祖父・祖母の家に行ってきました。





26日が丑の日やけん、

うなぎ食うみたいなことで、

福岡はうなぎで有名な柳川に行って

うなぎのせいろ蒸しを平らげてきました。





     13



ちかっぱうめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

うなぎはビールに合いますよ。えぇ。




















7月26日(日)





早いもので、日本帰国もいよいよ最終日です。





8



あんまり集まらんかったけど、

わたるが地元のプチ同窓会を開いてくれました。



子供に萌え〜



来てくれた方、そして電話で話してくれた方

ありがとうございましたヾ(*o′ω`)ノ










同窓会の後は、わたると公園に行き、

バイトが終ったりょーじと合流。



てかこいつホント公園好きやね〜!!!





14



左:いずれこいつの歌声が

  全国に響き渡る日が来るであろう

  地元期待の星りょーじ



右:説明不要の最低の下衆野郎わたる










公園で結構な時間までしゃべくり、

家に帰宅したのは深夜の3時でした。





それからタイに帰る準備をし、

ほぼ一睡もせず空港へ行き、無事タイへ戻って

次の日テストでした(´ー`)┌










この鬼のハードスケジュール、

こりゃ〜ドMにはたまらんでしょうな。




















なにはともあれ、






9



感動あり、






    10



笑いありの






素敵な結婚式でした!!!










これは主役である川野夫妻はもちろんのこと、

(企画などの)指揮をとった

下地とヨシキのおかげでもあるでしょう!

お疲れ様!そしてありがとう!!!










結婚式がこんなに良いもんとは思わんかった〜

結婚っていいね^w^










改めて、





11



川野祐太郎君・亜美ちゃん!

ご結婚おめでとうございます!!

幸せになれよ〜!!!

(ノ^^)ノ――――☆★congratulations!★☆





さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 07:02Comments(3)TrackBack(0)clip!

2010年04月28日

タイから


ちかっぱお久しぶりです。





皆さんお元気ですか?





俺は普通です♪










2月12日に書いた

ネパール日記〜8日目(前編)〜から

まさかの2ヶ月以上のブログ放置及びサボり。





言い訳の理由は学校やら何やらかんやらで

バタバタし忙しい毎日を送っていた。

ということにしときましょう。










とりあえず!!!

ネパール日記をサボり過ぎたせいで、

気づけばネパールに行ってから

半年以上が経ってしまいました(笑)



時の流れというのは本当に早いと痛感。。。










しかしネパール日記は

引き続き今日もお休みさせて頂きますが、

何があろうと1年かかってでも

ネパール日記は意地でも終らせます。










今日はとりあえず

無事に生きているという報告を兼ねて、

サボっていた間の出来事と今後の予定を

順番はバラバラですが思い出せる限り

箇条書きで書いていきたいと思っとります。










どうも、ざっちゃんです。




















2月12日からの出来事










☆3月17日、
 
 タイ留学5年目突入を迎え、
 
 晴れて大学5年生となる♪



 卒業はいつかって?そんなもん知らん!!!










☆4月6日、

 生誕25周年記念を迎える。



 これで華の20代前半を

 タイで過ごしたこととなり、

 嬉しいような悲しいような複雑な気持ち。



 四捨五入で30歳。

 ビバ!アラサーヽ(=´▽`=)ノ



 誕生日お祝いメール数1ケタという結果になり

 ショックを受ける・・・

 しかし素敵な夜を過ごせたことは

 最高の思い出。










☆2月28日、

 人生は何が起きるかホント分からん!

 と痛感した不思議な出会いが訪れる。




 これを機に今までの環境がゴロッと変わり、

 日本人の輪(人脈)が急激に広がる。










☆日本がバンクーバー冬季五輪で

 盛り上がっていた2月、

 さっぽろ雪まつり国際雪像コンクールで

 冬と雪に縁がないはずのタイチームが優勝

 したという情報が入る。



 ( ?ノェ?)しかもまさかの3連覇(゚ロ゚ノ)ノ





        これがその時の優勝作品

        タイ

              タイ

           「クライトーン」





 タイ人やるやん!!!( 」´0`)」おめでとう〜










☆3月上旬、

 日本から後輩4人がタイに遊び来て

 短期間でいろんな所案内して

 ちかっぱ感謝される。

 とんでもない。とんでもない。



 後輩達を

 ニューハーフショーに連れて行った時、

 細身のまぁまぁ綺麗なオカマから

 何故か俺がステージ上に引っ張り上げられ、

 そこで待機しとったオカマ達から

 大勢いる観客の前で

 チ○ビから始まりチ○コまでを触られまくり

 恥ずかしい思いをするヾ(*o′ω`)ノ










☆3月中旬、

 北九州の虎ことYUSUKE

 タイ古式マッサージのライセンス取得のため

 3回目の来タイ。



 今度はユースケを

 ニューハーフショーに連れて行った時、

 ちかっぱでっけーオカマから

 ステージ上に引っ張り上げられ、

 キスを2発喰らいチ○ポをがっつり握られ

 恐怖に怯える(((´Д`;)))カタカタ…



 ゆーすけは

 嵐のようにやって来て

 嵐のように去って行きました。










☆3月下旬、

 Clubで

 バリーーーーーーーーーーーーーーが生まれ

 バリーーーーーーーーーーーーーーが流行る










☆3月上旬、

 人生初TOEICを受ける。

 結果は未だに知らず・・・










☆3月上旬、

 手足を縛られた巨人と言われている

 軍事大国日本の自衛隊
の動画を

 You Tubeで見て、あまりのカッコ良さ

 そして凄さと強さに衝撃を受け、

 自衛隊に本気で入りたいと思った。



 気づけば知らないうちに

 2時間も動画を見とったり・・・(ノ∀`*)ペチ



 大日本帝国万歳!天皇陛下万歳!










☆3月中旬、

 ラオスへ2泊3日の旅に。

 ラオスはよかとこでしたばい( ・`д・)b










☆3月下旬、

 突然日本の携帯電話が鳴る。



 「今専門学校の時のみんなで飲みようばい!

 オマエ以外ほとんど集まっとうばい〜」

 という友達の第一声に一瞬殺意が湧く。



 どうやら俺抜きの同窓会みたいだが、

 電話をくれただけでもありがたい。



 久しぶりにみんなと話して元気も貰ったし。










☆4月上旬、

 2個下の妹が就職し、

 母親が25歳の時には

 すでに俺が生まれており育てていたという話、

 そして専門学校の同級生(男)の子供が1歳、
 
 中学の同級生(男)が結婚という話を聞き、

 未だに親のスネをかじっている俺は焦る。



 でも、まぁ〜人生何とかなるっしょ。と開き直る

 しかない。(゚Д゚)カァー≡゚д゚)、ペッ!!










☆4月上旬、

 反独裁民主戦線、タクシン派の赤服軍団が

 デモやら爆弾やらなんやならかんやらで

 タイの治安悪化。



 死傷者多数発生、

 うち日本人カメラマンが犠牲に。

 ご冥福をお祈りいたします。



 未だにデモやら事件やら続いており、

 交通機関が止まったり

 大型デパートが閉店したりなど、

 我々の行動範囲及び遊ぶ範囲が狭められ

 心の底からふぁっきゅ━━━━━(゚Д゚)凸










☆4月13日〜4月15日、

 ソンクラン水掛け祭りに参加。

 

 この3日間はタイでは旧正月らしく、

 一歩外へ出ると、前後左右から容赦なく

 バケツや水鉄砲を使って

 水を(頭から)ぶっ掛けられたり

 白い粉を顔面に塗りたくられる迷惑な祭り



 この日ばかりは、大の大人が水鉄砲持って

 ギャーギャー騒ぎながら水遊びして

 いい日でございます。(屮゚Д゚)屮 カモーン



 俺はClubを中心に水遊びしてきました。

 しかしタイの水はちかっぱ汚いため、

 その後肌荒れが酷く未だに完治しとりません。










☆4月下旬、

 学校でインド人に間違えられる…lllll(-_-;)lllll










☆4月下旬、

 薬指に無理矢理はめた指輪

 どんな手段を使っても全く取れなくなり焦る。



 そうこうしとう内に薬指はどんどん腫れ上がり

 痛みと共に色が変色しまくり焦りまくる。



 夜中だったが、

 耐えれず急遽タクシーで緊急病院へ向かい

 医者4人がかりで2時間掛けて

 ようやく指輪を外すことに成功。



 指切断とかならんで良かったとホッとしたが

 その代償として、

 3万円するクロムハーツの指輪がオジャンに。



 まだ使えるみたいだが、

 ペンチで指輪の一部を破壊して

 幅を広げたので無残な姿に・・・ごめんよ。。。



 タイに留学して

 3年ぶり2回目の病院に行った理由が

 「指輪が取れない」

 なんともお恥ずかしい( p_q)





 
 医療費合計:1500バーツ(約5000円)なり。



 指輪を取るために

 病院に行った事があるという経験と

 指輪をハメる恐怖心:プライスレス。















   これからの予定 










☆4月下旬〜5月上旬、

 しゃとししゃん来タイ!!!約2年ぶり?










☆5月中旬、

 約1年ぶりに大日本帝国へ一時帰国!!!

 スンベが来るかも?










☆5月下旬、

 ボクシングインターハイ・国体チャンピオンの

 頭デッケー日高が

 (ピザ)修行先のイタリアからタイに遊び来る!










☆5月下旬〜6月中旬、

 斉藤渉(う○こ)巡査が来タイ!!!

 初の海外旅行だそうです。

 タイを選ぶとはなかなかのセンスです。










☆6月中旬、

 今度はカンボジア?










さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 03:12Comments(6)TrackBack(0)clip!

2010年02月12日

ネパール日記〜8日目(前編)〜


世界がチョコレート会社の陰謀に踊らされる日、



Valentine's Day



いよいよ明後日にやってきます!!!





その陰謀にまんまと引っかかって、

義理でも本命でも何でも良いので

たくさんチョコレート買って下さい。










ナマステ。ざっちゃんです。






























今日は、ネパール日記の8日目です。





前回の日記を見ていない方はこちらから(↓)



ネパール日記〜7日目(後編)〜




















10月23日(金)



6:00起床。



スミットのおじさんの家は大変落ち着いて

ぐっすり眠ることが出来ました♪










昨夜の(シカ・マフィアさん達に対しての)不満が

未だに残っていますが、

真のベストメンバー(スミット・たけし・俺)に

おかげで戻れたので、思いっきり

今日は楽しんで旅をしたいと思います。










今日行く場所は、仏陀の生誕地と言われている

世界遺産のルンビニ





ここチットワンから目的地のルンビニへは

約3時間、さっそく身支度を済ませ、

ルンビニへ向かいます。










204



早朝のチットワン。



昨日の夜にチットワンに着いたので、

まともに街並みを見るのはこれが初めてです。



てか早朝はちかっぱ寒かーーー!!!










205



チットワンの中心街を抜けると、

いよいよ恒例の山道に突入です!!!



今日もこれから

スミット一押しのベテランドライバーさんの

腕の見せ所です!










206



やはり早朝の山道は霧が凄いです・・・



それにしてもネパール人の朝は早い!










207



正面から象がノシノシと歩いてきています。



ネパールで見る象は初めてですが、

タイでしょっちゅう象は見ているので

「あ〜これがネパールの象(インド象)か」と

さほど興奮もなく・・・笑










チットワンを抜け、山道に入ってから約2時間弱





208



町が見えてきました。










それからさらに1時間・・・





到着です!!!










209



 LUMBINI(ルンビニ)


ネパール南部に位置するここルンビニは、

今から約2500年前に

仏教の開祖・釈迦牟尼仏陀(仏陀)

が生まれた町として言い伝えられ、

世界遺産にも登録されています。



またルンビニは

仏教における重要な8つの聖地、仏教八大聖地

のうちの仏陀生誕の地としてその1つであり、

さらに

仏教における最も重要な4つの聖地、

仏教四大聖地のうちの仏陀生誕所としても

大変有名であり仏教の聖地でもあります。



*しかしインド人のみこれを全否定。

 インド人は仏陀の生誕地をネパールではなく

 インドだと言い張ります。










ネパールの印象は?と質問したら、

ほとんどの日本人が、

エベレスト(ヒマラヤ山脈)と

仏陀が生まれた所(ルンビニ)と答えました。





しかし俺は恥ずかしながら

ネパールに来るまでは、仏陀が生まれた地が

ネパールだとは知りませんでした(笑)



ごめんよ。。。スミット。。。許しておくれ。。。















さて、この写真はまだルンビニに入った所なので

これから仏陀が生まれた地と言われる

聖なる地へと向かいます。










210





ルンビニの街並み





211





ここルンビニはインドとの国境付近なので、

人種はインド系ばかりで、インドに来た感じがし

町は全くと言っていいほど栄えていません。



ネパール人とインド人に会ったことない人は、

インドもネパールも顔一緒やろ!と

思うかもしれませんが、

見分け方は顔が黒くてちかっぱ濃いのが

インド人と思って頂ければよろしいかと。










212



ルンビニに住む人達の住居。



けしてお世辞でも住んでみたいとは思えません。










スミット曰く、

国境付近は全く栄えていないので

ほとんどの住民はかなりの貧乏らしく、

教育をまともに受けていないので

かなり危険だそうです。





いや、車の中から見てて俺思っていたんですよ。

ここマジで怖いな〜って。





だって普通にスッポンポンで

路上歩いている女の人とか、

そこらへんで野糞している人(男女)とか、

一人で笑いながら

俺たちの車に正面から向かってくる人とか、

変わった人がいっぱいいるんですよ。。。





こんなの見たら

車から出れないのはもちろんのこと、

窓を開けることさえビビッて、

カメラもなるべく足元に隠していました。





スッポンポンに野糞・・・



ちかっぱ怖ぇ〜〜〜(((´Д`;)))カタカタ…










こうやって神秘な光景を

目の辺りにしているうちに

我々は着々と目的地に近づき、

いよいよ仏陀が生まれた地へお邪魔します。





                          つづく





さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 05:16Comments(2)TrackBack(0)clip!

2010年02月02日

ネパール日記〜7日目(後編)〜


順調にいっていたネパール日記。





一週間もサボってしまいましたorz





でもゴールはもう目の前なので、

慌てずに、全力でお届けしたいと思います。










ナマステ。ざっちゃんです。






























今日は前回の日記の続きで

7日目の後編です。





7日目の前編(前回の日記)を見ていない方は

こちらから(↓)



ネパール日記〜7日目(前編)〜




















マフィアさん達の勝手な指令というより、

命令で我々はポカラを後にして次の目的地

チットワン
を目指します。





マフィアさん達はもうすでにポカラを出ており、

チットワンへ行く道(山)の中間地点にある

お店で俺達を待つために休憩しているらしく、

シカが急いで行かないかん!と勝手な判断で

俺達を急かすために、

ベグナス湖でのボート乗りを断念せざるを

終えなかった俺とタケシは不満だらけです。



スミットはどう思っとうとかいな???










190



自然豊かな都市ポカラよ・・・さらば。。。



また会える日まで。




















ポカラの最後は

後味悪い感じになってしまいましたが、

まだまだ楽しみは残っているので

気を取り直して旅を満喫したいと思います。










自然に恵まれたネパールの山は、

空気がちかっぱキレイなので車の窓は全開で

風を楽しみます。










191



助手席からミラー越しにスミットを撮影。





車の席順は、

ネパール初体験の俺はVIP扱いで

強制的に助手席に座り、後ろはスミット・シカ、

そして寝てばかりいるタケシがローテーションで

右・真ん中(一番人気のない席)・左と

交代で座っていきます。





ちなみに俺が持っているこの本格的なカメラは

タケシが持ってきた物なんですが、

こんな立派なカメラを持っているのに

タケシが全く撮らないので、

ほとんどカメラは俺が所持して

ネパールの景色・建物・人などを

楽しく撮影させてもらっています。















ポカラを離れて1時間。





ようやくマフィアさん達がいる

中間地点にあるお店に着きました。










いよいよマフィアさん一味を公開です。










192



右から、

Mountain 8848のボーカル(赤いバンダナ)

Mountain 8848のギター(グラサン)

そして最後に、

Mountain 8848のマネージャーであり

ネパールの黒社会ではちょいと有名な

シカの従兄である、う・わ・さのマフィアさん。



諸事情によりマスクにヘルメットという

完全装備で顔が分かりません(笑)










マフィアさん達は俺達を待っている間

ここで何をしていたかというと、

真昼間からウィスキーを飲んでいたそうです。





よく見たらギターの方、顔が赤いもん・・・笑










そしてさらに

大量のビールを追加で買い(マジっすか・・・)、

次の場所に移動します。










ガンダウケ!!!俺のバイクの後ろに乗るか?





とマフィアさんが俺に言ってきます。





*GHAN TAUKE(ガンダウケ)
 
 スミットが付けてくれた

 俺のネパール語のあだ名。意味は頭デカイ。










彼らは事故が多発する山の険しい道で

飲酒運転にノーヘルでバイクという

天国に一番近いベストコンディション。










問答無用!

即答で

全力で拒否らせて頂きました。











ということで、マフィアさんのバイクの後ろには

従兄のシカが乗ることになり、次へ向かいます。










193



着いて来い!!!



と言わんばかりに

先頭はマフィアさんシカコンビ、

次にMountain 8848コンビ、

そして最後は大量のビールを積まされた

俺達の安全・平和主義車。















次の目的地とはチットワンではなく、ここです。





194




山から落ちてくる滝とそれを受け止める川が

一つになった不思議な場所です。





ここには一足早く着いたマフィアさん御一行と、

青いパンツ一丁で足を拭いている者、

そしてこれまた青いパンツ一丁で

服を洗濯している者がおり、

マフィアさんの指示で俺達は

先ほど買った大量のビールを車から積み下ろし

みんながいる川に行きます。










とりあえずカンパ〜〜〜イ!!!





ということで、










195



マフィアさんの指示で滝の前でビールを一気。





昼飯のネパール料理が食えなかったので、

すきっ腹の状態でのネパールビールの一気は

死ねます。。。





でも自然の中でこうやってビールを飲むのも

なかなか良いもんです♪





下痢上等!!!















でも、

さすがにこの寒さの中で裸になって泳ぐのは

無理なので拒否らせて頂き、マフィアさんには

残りのビールは車の中で好きなだけ

飲んでいいよ♪と言われ(あ、もう結構です^^;)

再度ビールを車に積んで

いよいよ次はチットワンへ向かいます。





やっとチットワン行ける・・・















196



ポカラからチットワンへも

山と川の大自然に囲まれたこの中を

ひたすら車で走っていきます。





引き続きシカはマフィアさんのバイクの後ろに

乗って死と隣り合わせの旅です。










急カーブが多く、カードレールがない

危険な山道なので事故が多発しています。





197



タイヤがありえない方向に曲がって、

トラックが傾いています。。。





山道にはこのように事故った車が

たくさん放置されています。










そんなのを目のあたりにしても、

飲酒運転ノーヘル2ケツ上等!!!

で行くマフィアさん一味は恐ろしかです。















スミット一押しの我々のベテランドライバーは

この難関の山道を楽勝でクリアし

約2時間ほどで山道を降りると、

小さな町に出てきました。





198



日も暮れ始めた頃の町は、ちょっと不気味。





町が見えるとゴールはもう目の前です!!!










そして1時間後、ついに着きました!!!





約5時間弱費やしてやって来たこの都市は、

スミットの母親と従姉のウシャの故郷であり、

タイで仲の良いもう一人のネパール人

クシャル(スミットの同居人)の故郷でもある





199



CHITWAN(チットワン)



ここチットワンはネパール第7の都市であり、

我々の目的でもある世界遺産の

チットワン国立公園(サファリ)が有名です。










とりあえず

一足先に着いたマフィアさん達と合流して

これからどこに行くか話し合います。





周りが話し合っている間、

タケシと散歩がてら近くを流れている川へ

行きました。





200



 NARAYANI RIVER(ナラヤニ川)



チットワンを流れるこのナラヤニ川は、

ポカラに行く時に見たトリスリ川、

そしてやはり最終的にはインドのガンジス河へと

繋がっています。















さて、話し合いは終ったようで、

とりあえず飯食おうぜ!

ということでやって来たのは





201



 JAL KAPOOR RESTAURANT



という魚料理屋さん。





でもほとんどネパール料理で

魚のフライとご飯しか食べれませんでした・・・

orz orz orz orz orz orz orz orz orz















タイ料理

ちかっぱ食いてぇ〜!






タイでは常に

日本料理が恋しかったていうのがありますが、

タイに住んで4年目にして

初めてタイ料理が心の底から恋しくなりました。



家の下にあるタイ料理が食べとうて食べとうて

仕方なかです!!!



ネパール料理に慣れているはずのタケシも

タイ料理が食べたい食べたいと嘆いています。





同士よ・・・あと4日の辛抱だ・・・頑張ろう!!!















そんな中、何やらネパール人の間では

話し合いが行われています。(ネパール語)





よく見るとマフィアさん一味とシカが

ずっとスミットに話すというか

何かアドバイスをしているようにも見えます。










ここで覚えたネパール語は、



ケレケレ=何?

ハッス=はい

ナイ=いいえ



これで7日目にしてやっと聞き返すことが出来、

返事も出来るようになりました。















さて話は戻って、

ネパール語が少しだけ分かるタケシ曰く

彼らは何を話しているのかというと、

明日の予定だそうです。










とりあえず一回これを見てください。





ネパールの地図(位置関係)



             ●ポカラ

                      ☆カトマンズ
ルンビニ
                ●チットワン










こういう位置関係のため当初の予定では、

カトマンズ→ポカラ→ルンビニ→チットワン→

カトマンズ
でした。



しかしマフィアさん達が

ポカラの次はチットワンに行けと言ったので

今日チットワンに急遽変更し、やって来ました。





ということは俺達(スミット・タケシ・俺)の中では、

これからスミットのおじさんの家に泊まって

明日チットワン国立公園に行って、

そしてその夜ルンビニに行って泊まって

次の朝からルンビニを観光してカトマンズに帰る

という風になっています。





チットワン→ルンビニ→カトマンズ

の順番です。てかその方法しかありえません。




















がしか〜〜〜しです!!!





マフィアさん達はスミットにこう言いました。





明日はルンビニに行け。

そして泊まらずに夜チットワンへ戻って来い。






つまりこういうことです。





チットワン→ルンビニ→チットワン→

カトマンズ
















はぁ〜???





小学生でも分かるくらい効率が悪すぎです。

これ時間の無駄ですよ。。。ボス。。。





今日チットワンに変更してせっかく来たのに

明日ルンビニに行って

チットワンに戻って来いって・・・





だったら今日ルンビニに行って

明日の夜チットワンで良かったやんかーーー!















こうする理由はもう皆さんお分かりの通り、

ルンビニには酒場がないからです。





だけんもう酒はいいって・・・















しかもマフィアさん達はルンビニには行かないで

チットワンにこのまま滞在するつもりです。



さらに一緒に俺達と旅をするために来たはずの

シカまでもがルンビニには行かず、

マフィアさん達と共にチットワンに滞在です。















だったらもうここで解散した方がマシです。





シカをそっちにやって、

俺・タケシ・スミットで旅を続けたほうが楽しいし、

効率も良いですから。





てかネパール旅行自体

元々はこのメンツ(俺・タケシ・スミット)ですから。





これ以上振り回されるのはごめんです。マジで。















なので俺とタケシは

ネパール語が話せないので

通訳として間に入っているスミットに言いました。





「俺達がこれは嫌やけん、

もう別々で行動しようって言って。

ポカラ楽しかったし

良い思い出作らせてもらったけん、

後は自分達で行動しますって

俺とタケシが言いようって言って」と。















それでも言えないのがスミットです。





間に入っているスミットが

一番辛いのはよ〜く分かります。





先輩に対して断れない気持ちも

痛いほど凄く分かります。ましてやマフィアさん。










でも

スミット本人もこの案には不満だらけだし、

旅行者として来ている俺とタケシの事を思って

少しでも反論する意思を示してほしかったな。。。





だって話し合いの時、スミット

「ハッス(はい)」しか言ってなかったもん・・・










これを機に俺とタケシは、

俺達の意見が尊重されないので

もうスミットを頼れなくなりました。てか無理。





俺とタケシが直接マフィアさん達に言っても、

流されるだけだったし、

彼らはドライバーさんにも直接こうしろと

指示出していたので

結局はもうマフィアさん達の言う通りにしか

動けなくなったとさ。はぁ・・・




















ということで、明日はルンビニに行くことになり

その日の夜にチットワンに戻ってくることに

なりました。










この旅の最終的な計画はこうなりました。



カトマンズ→ポカラ→チットワン→

ルンビニ→チットワン→カトマンズ






嫌味臭く、

これがいかに効率悪いか最後にもう一回

ネパールの地図を載せます。





ネパールの地図(位置関係)



             ●ポカラ

                      ☆カトマンズ
ルンビニ
                ●チットワン




















そして今日は、

スミットのおじさんの家に

泊まらせて頂くことになっているので、

俺・タケシ・スミット、そしてドライバーさんの

真のベストメンバー4人で向かいました。





202



右の方がスミットのおじさん(スミット母の兄)で

左の方が奥さんです。





笑顔で俺達を迎え入れ、

優しく気さくに話し掛けて下さったため

ネパールの話や日本の話で盛り上がり

とても楽しい一時を過ごし安らぎました。















明日は6:00起床で、

仏陀の生誕地と言われているルンビニへ

行きます!





「ゆっくり休んで寝なさいね」と

敷いて頂いた布団に俺達は潜り込み

明日に備え深い眠りにつきました。





                     8日目につづく





さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 06:08Comments(2)TrackBack(0)clip!

2010年01月26日

ネパール日記〜7日目(前編)〜


ネパール日記も今日でいよいよ7日目。





折り返した所でようやくゴールが見えてきた

感じです。





更新頻度は相変わらずクソですが、

最後まで楽しく読んで頂けたら幸いです。










ナマステ。ざっちゃんです。






























今日は、ネパール日記の7日目です。





前回の日記を見ていない方はこちらから(↓)



ネパール日記〜6日目(後編)〜




















10月22日(木)



4:00起床!!!










のはずが案の定、予定よりも3時間半遅れの

7:30起床。。。










今日は朝から山に登って日の出を

見るはずだったんですが、

2日目同様、見事に見逃しました・・・





これで結局、

高地にあるネパールという自然に恵まれた国で

山に登ってキレイな日の出(ご来光)を

見ることはなくタイへ戻ってくるのです。



残念・・・無念・・・















とりあえず、

今日中にポカラを出ないといけないので

残りのポカラ観光を急いで終らせて

次に向かわないといけません。










ちょっとこちらをご覧下さい。










ネパールの地図(位置関係)



             ●ポカラ

                      ☆カトマンズ
ルンビニ
                ●チットワン










カトマンズ・ポカラ・チットワン・ルンビニの

位置関係は地図上こうなっているんです。





なので我々の計画は効率良く

カトマンズ→ポカラ→ルンビニ→

チットワン→カトマンズ
(スミット案)

という風になっています。





ということは次の目的地はルンビニです!!










急いでロス(寝坊)した分を取り戻して、

ルンビニまでは距離があるので、

出来るだけ早くポカラを飛び出し

夜までには目的地のルンビニに着かないと!!




















がしかし、ここでシカ及びマフィアさん達が

口を挟んできてスミットに言います。





「今日はルンビニじゃなくてチットワンへ行け」





理由は簡単。



ルンビニには酒場がないからです。










酒は昨日だけで十分楽しめたので

もう酒を飲む気はさらっさらないんですけど・・・



おまけに腹の調子が余計悪くなったし。。。










しかも、ポカラだけの予定だったはずなのに

マフィアさん達もチットワンに着いて来る

とのこと。



え・・・何か嫌な予感・・・てか勝手に??















計画を変えられえ、かなり不満そうな顔をした

スミットも、結局はシカ&マフィアさん達の意見に

反論出来ず、素直にこの案を呑むことに。。。










実はチットワンには

スミットの叔父さん(スミット母の兄)の家
があり

そこに泊まらせてもらう予定だったので、

計画が狂いいきなり今日泊まるということを

伝えなければいけず、迷惑かけてしまうので

スミットは不満なんです。





じゃ〜もっと強く断ればいいのに・・・

と俺とタケシは、

計画を勝手に変えるシカ&マフィアさん達は

当然ですが、賛成じゃないのに

断る意思を全く見せないスミットにも

不満があります。










でもこの時、俺とタケシは

「ただルンビニとチットワンの順番が

入れ替わっただけと思えばいいか。

スミットの叔父さんの家に泊まるけん

酒は断れるし。」

と軽〜い気持ちで特に深くは考えず

スミットに任せました。




















ということで、急遽チットワンへ行くために、

ポカラ観光を急いで終らせます。















そこでまずは、

日の出を逃しても絶対に行くべきということで

早朝に行く予定だった山を目指します。





その場所の名前は、





SARANGKOT(サランコット)










今日は雲ひとつない青空で

天気がちかっぱ良いので、

車の中から見える山の景色は素晴らしいです。





175



手前の緑色の山と見事に重なり合い、後ろには

雪で覆われた白いヒマラヤ山脈の一部が

綺麗に見えます。










1時間ほどかけて山をどんどん登って行くと

酸素が薄くなり呼吸はきつくなりますが、

そんなことも忘れさせてくれるほど

山から見る景色は最高です。










176



霧でボヤけてますが

山からは昨日のフェワ湖とLAKE SIDE、

そしてポカラの町が見渡せます。















それからさらに15分後目的地に到着し、

ここからは車を置いて歩きで登っていくので

ひとまず4人で到着した記念撮影です。





177



スミット!よそ見するな!!!



注)マフィアさん達はすでにチットワンを目指して

  出発しています。





落ち着きのない方が約一名いますが、

それは気にせずに

写真の右端に見える白く尖っている山を

見てください。





これはさっき車の中から見えた山と

全く同じ山で、

これこそがポカラから見えるヒマラヤ山脈の中で

ひときわ目を引く三角形のピークを持つ、

標高6993mで「魚のしっぽ」という意味



 MACHAPUCHARE

  (マチャプチャレ)





写真では全く分かりませんが、

別の角度から見ると

このピークは2つに分かれていて、

魚のしっぽのように見えるそうです。





マチャプチャレは6993mと

周りの8000m級の山々と比べると低いですが

一番目立っています。










さらに歩いて上へ登って、

ポカラからヒマラヤの峰々を見るには

最高の場所と言われる

サランコットの頂上にある丘へ行き、

素晴らしい景色を堪能します。















178



ポカラの町、トリスリ川、そしてその後ろには

世界に誇れるヒマラヤの峰々が

間近で堂々とそびえ立っています。



そして雲の上に浮いているように見える

白いマチャプチャレを始め8000m級の峰々は

別世界のようにも見えます。





これがポカラで最高の景色と呼ばれる

ここサランコットの丘から眺めるヒマラヤ山脈で、

別名アンナプルナ連峰





自然が作り出した神秘はまさに絶景!!!





これを見たときは

ネパールに来て良かった〜!と心から思い、

雲が多かったせいもあるかもしれませんが

2日目に見たエベレストよりも感動が大きく、

ネパール旅行一番の思い出です。



何よりも24年の人生の中で、

こんなに素晴らしい景色は見たことないと

はっきり言えます。これはぜひ生で見てほしい。





ここで日の出(ご来光)を見ると

もっともっと感動するっちゃろうなぁ〜



早起き出来なかったのがちかっぱ悔しい!










179



ネパール旅行ベストメンバー(タケシ、スミット)で

マチャプチャレと一緒に。



これこそ美!!!










180



スミット&シカの黄金コンビで

マチャプチャレと一緒に2



手に届きそうなくらい間近にマチャプチャレが

あります。















サランコットでアンナプルナ連峰の絶景を

堪能した俺達は次に、

フェワ湖を挟んでこの山の真向かい側にある

もう一つの山へ移動します。





この山の頂上には日本のお寺があるそうで、

俺達はそれを目指します。





ネパールに日本のお寺?



あまりピンと来ないですがとりあえず登っていき

サランコットの山とは全然景色も雰囲気も違う

この山には動物が多くおり、住民もちらほら。










まずはヤギと遭遇。





ヤギか・・・





生ヤギを見るのは、俺が通っていた小学校が

飼育していた「トシオ」以来です。





食用のヤギらしいですが、

記念に抱っこして写真撮ろうよと

スミットとシカに言われましたが、

なかなか見慣れない動物は苦手です^^;










181



見た目は可愛い小ヤギですが、

このヤギさんが後に食われると思うと、

ブルーになり結局抱っこも出来ず

触るだけでも顔が引きつってしまいました(笑)










しかし真のヒンドゥー教徒で、

目の前で殺されたヤギの肉を

20年以上も平気で食い続けている

スミットにとってはヤギなんてヘッチャラで、

写真の撮り方も独特でした。










182



ヒンドゥー教徒だからかは知りませんが

このように頭と頭で合わせて

撮るのがいいみたいです。





ネパールに来て

動物にビビリまくっていたスミットしか

見たことがない俺にとっては、

この時ばかりは一段とスミットが格好良く、

いや男らしく見えました。





だけどこの裏には

この写真を撮るために何度も何度も取り直した

俺の努力があるんですよ〜



ヤギってスミットがキレるくらい

落ち着きないんですよ(笑)















ヤギの次にニワトリの大群を見て犬の集団。



そして最後は牛です。





来ましたね〜。





スミットの天敵、牛!!!










183



このようにシカと牛のポーズして撮ったんですが

スミットに

「おまえ服が赤いけん襲ってくるばい!」と

案の定怒鳴り散らされました(笑)





ヤギと牛の前では

性格が180度変わるスミットでした。















動物もいいですが、

やはりここの山から見える景色も良いです。










184



山が整列をしているように綺麗に並んでいます。



これも自然が作り出した不思議な景色ですね。















美しい景色に見取られているうちに

疲れも感じさせないほど時間は

あっという間に過ぎ目的地に到着です。





185



日本山妙法寺(日蓮宗)





さらにこの正門から

険しい階段を修行増のように登って行きます。










そして頂上に辿り着くと、

そこには大きくて白い仏舎利塔があります。










187



  SHANTI(PEACE) STUPA



日本寺、または平和(仏舎利)塔

と呼ばれています。



大きな青空の下にそびえ立つ白い塔と

その造りは、天国ってこんな感じなのかなと

想像をさせる力があるほど魅力的です。










てかスミット!チ○コ触るなー!!










こんな神聖なる場所でチ○ポを

ガッツリ握っている失礼なスミットは無視して

この日本寺を説明します。





この仏舎利(平和)塔は

世界各地で平和運動を展開している日蓮宗の

日本山妙法寺大僧伽という宗教団体が

1980年代にここポカラに建立したと

言われています。



しかし一方では、

日本政府が税金処理のために建立したとか

色んな憶測も飛び交い、謎が多いようです。










それでもここはポカラの観光名所の一つとして

観光客がたくさん訪れています。










188



せっかくここまで来たのでのここは少し欲張って

旅の成功祈願と体調の回復祈願の2つを

仏様にしました。










最後に、





186



日本寺から見渡す、フェワ湖とLAKE SIDE、

そしてポカラの町。



フェワ湖挟んで見える真向かいの山が、

先ほど登ったサランコットです。















もう時間がヤバイということで山を急いで降り、

ポカラ最後の観光地へと向かいます。










189



  BEGNAS LAKE

   (ベグナス湖)





昨日のフェワ湖に次いで

ポカラでは2番目に大きい湖です。



名前はこっちの方がカッケー!!





この湖は

自然に完全に囲まれたポカラの奥にあり、

周辺には魚の養殖場があるなど、

観光地化としたフェワ湖と違って人が少なく

のどかな雰囲気で落ち着く場所です。





フェワ湖と同様、ボートも貸し出しているので

この湖上で静かに一時を過ごすのは

気持ちが良いと

何故か水恐怖症のスミットがそう言い、

フェワ湖よりもオススメだそうです。










さて乗ろうか!!!










と俺とタケシが意気込んだ矢先、シカが

ごめん!マフィアさん達が

道の途中の飯屋で俺達が来るのを待っとうけん

ボートは諦めてもう行こう!

と、わけの分からないことを言ってきます。










はぁ?

いやいやマフィアさん達が勝手にしようことやし、

俺達には関係ない!

せっかくここに来たけん乗る!

チットワンに先行かせればいいやん!!!



とタケシと反論しますが、

唯一の救いであるスミットも

もう行った方がいいと言うので結局ここは

見るだけで終わらないといけないことに。。。










何じゃそりゃーーー!!!(怒)





じゃ〜連れてくるなよ・・・期待だけさせとって・・・










納得がいかない俺とタケシは

スミットの車がなかったら何も出来ないので

仕方なく車に乗り込み、

満足しないままポカラを出て

チットワンを目指します。





                          つづく





さて何位? 

めざせ!25位以内!!!

クリック☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ☆クリック

++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング!!!ポチッとな〜〜!!!

  

Posted by yuusukeshime at 06:57Comments(4)TrackBack(0)clip!