みなさん、こんばんは。ゆーたです。

JALのマイルANAのマイルか、どちらを貯めようか? どちらが貯めやすいのだろうか? どちらが使いやすいのだろうか? などなどと悩んでいる人は多いと思います。

「比較的貯めやすいANA」「比較的使いやすいJAL」などと言われることもありますが、実際のところどちらが国際線の特典航空券を取りやすいのか検証してみました(国内線での比較はこちら)。
dd5286b9f7a45012e6fafb7ecc1e47cf_s
(今回はANAさんに表紙を飾ってもらいます!)

なお、ANAのマイルのためやすいさについては「ソラチカルートに変更あり。2018年4月からはGポイント→LINEポイント→ソラチカへ」の記事を参考にしてみて下さい。

また、「JALvsANAマイルをためるならどっち?~国際線就航都市&アライアンス比較~」「JALvsANAマイルをためるならどっち?~国内線就航都市の違い~」も比較の参考にしてもらえればと思います。

ではさっそく参りましょう!

ちなみに、こういう「乗る予定もないのに空席照会」をするのは好きです(笑)。航空会社のシステムには負荷をかけることになってしまいますが、疑似的な旅の感覚が得られるからかもしれません。どうぞご容赦を!

■目次■

1.検索のための比較条件

まず条件ですが、ステータスは一般カード保有者としました。上位のステータスを持っている場合には別途空席が表示されるようですが、あくまで初心者向けということで、一般カード(JALカードやANAカード)の平会員を条件とします。

次に、自社便だけでなく、他社運航便で予約が取れる場合もそれで可としました。

実際のところ、JAL、ANAが自社便を飛ばしているところは少なく、ほとんどが共同運航便であり、他社便に乗るケースは相当多いと考えられます。従ってそれらでも予約が取れれば目的は達成したことにしました。

予約はネットでの検索のみとしています。これはJALには若干不利です。JALは、提携航空会社のうち一部の航空会社(アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、イベリア航空、カンタス航空、カタール航空、S7航空、スリランカ航空、エールフランス航空、バンコクエアウェイズ)のみネットで空席照会が可能となっており、すべてに対応しているANAとは検索・表示される数に制約があります。

なるべく公正を期するため、JALもネットで検索できる提携航空会社が路線を持っている地域を比較対象とするようにしています(そのため一番距離的に近い韓国は外しました)。

予約の日にちは2018年3月14日(水)、旅行の日程は2018年4月16日(月)東京出発としました。

以上が条件です。では早速みてみましょう。 

2.お気軽【台湾】旅行の場合

2018年4月16日(月)に東京(成田・羽田)ー台北(桃園・松山)の路線で空席が取れるかどうか確認してみました。月曜日なら空席は多いんじゃない?という感覚です。

(1)JAL

JALでの空席照会の結果は次の通りです。
20180314-11
はい。キャンセル待ち。空席はありません。翌日も空席なしです。

一応、ビジネスクラスで検索するとなんとか空席はありました。大阪経由便です(涙)。
20180314-12
JALには「空席カレンダー」という機能があり、便単位ではなく、日・月単位で空席の確認ができます。
20180314-13
それによると、4月18日という設定が悪かったようで、他の日であれば空席はあるようです。

さらに5月であればほぼほぼ空席があるというオドロキの結果が。
20180314-14
GW後半から空席ありという、これは予想しなかった展開です。

さらに必要マイル数は18,000マイルとディスカウントマイルでお安くなっています。

最終的に予約できた便も、羽田発松山行きと利便性が高く、出発時刻も8:50と最適です。
20180314-15
(2)ANA

では一方のANAを見てみます。

ANAも同じく4月16日(月)だと空席はありません(空席待ちです)。
20180314-1

翌日の日付で検索すると、空席が出ていました。
20180314-2

同じスターアライアンスメンバーのエバー航空の直行便です。こちらも羽田発松山行きと利便性はよいですね。ただ、帰路が香港経由便だったので、もう一日ずらして検索してみました。

すると、今度は往復ともに香港経由の便がヒットしました。
20180314-3
これはちょっと行程的にはしんどいかなと思います。ただ、見方を変えると、「香港も台湾もどっちも観光する」という弾丸トラベラーにとっては、23,000マイルで2都市滞在できるのでおトク感があるかもしれません。

ちなみに、ANAにも特典カレンダーという、便ごとではなく、日・月単位で空席があるかどうかを確認するツールがあります。

それを見てみると、4月も5月も「残席わずか・キャンセル待ち」の△マークしかありません。
20180314-5
20180314-6
実際に5月9日のところをクリックして、どんな便があるのか確認してみました。
20180314-7
往路はソウル経由、復路は福岡経由です。所要時間はなんとか許容範囲かなと思います。

(3)まとめ

JALのメリットは、直行便でそれなりに空席がある、必要マイル数も少ない、といったところでしょうか。

一方のANAのメリットとしては、直行便では空席がないけれども、提携航空会社の経由便などを使ってなんとか目的地にたどり着く座席を確保してくれる、といったところでしょうか。必要マイル数はJALより増えますが、弾丸トラベラーにとっては複数都市を滞在できるのでメリットもあるかも、です。 

3.JALもオンラインで予約できる【香港】では?

JALはすべての提携航空会社の特典航空券をオンラインで予約できないと紹介しました。

台湾だと、チャイナエアラインはJALと提携、エバー航空がANAと提携していますが、前者はオンラインで予約できないので少しJALに不利でした。

ということで、今度は香港で調べてみます。香港ならJALと提携しているキャセイパシフィック航空の便が多くあり、JALのサイトからオンラインで予約が可能です。

同じく4月16日(月)で見てみます。

(1)JAL

JALでは空席はありませんでした(キャンセル待ち)。
20180314-18
カレンダーで見てみると、そもそも4月に空席があるのは2日間だけです。
20180314-19

一方、提携航空会社であるキャセイパシフィック便が取れるかどうか確認してみました。

すると、経由便ですが、しっかりと予約できました。
20180314-20

というか、これ、台北経由便ですよね?ということは、先ほど検索した4月16日(月)の東京-台北便って、空席があるっていうことですよね? こちらについては(3)で紹介します。のちほど。

(2)ANA

ANAは直行便が取れました。さらに自社便です。
20180314-22
そもそも香港線は空席がそれなりにあるようです。〇印もちらほら見えます。
20180314-23
20180314-24
だいたいの日に直行便があり、さらに複数の便から選べることができる状態でした。
20180314-25
羽田発で、00:55発と、8:50発どちらでも選べるのはいいですね。

(3)キャセイパシフィック航空で4月16日(月)の台北線が取れた!

JALの提携会社としてキャセイ便が取れましたが、台北経由便でした。ということは、JALでもANAでも直行便が取れなかった、4月16日(月)の東京-台北線が、JALの提携航空会社であるキャセイパシフィック航空なら取れるハズです。

ということで検索してみると…。取れました!
20180314-16
発着は東京は成田、台北は桃園になりますが、直行便です。
20180314-17
直行便が取れたので大満足ですが、これだと「東京ー台北」を飛んでいるのはどの航空会社か?ということを調べて、それぞれの航空会社で検索をするという大変手間のかかる作業がJALでは必要だということになります。

せっかく座席を提供してくれたJALさんには悪いですが、サイトの使い勝手をより向上させてくれればありがたいです。

(4)まとめ


香港線では、台北線とまったく逆の結果が出ました。

つまり、JAL便は自社直行便の空席はないけれども、ANA便には自社直行便の空席がある。

そして、提携航空会社の方に空席があるのは、今度はANAではなくJAL。

なお、ANAの場合、もし直行便が取れなければ、ソウル経由や台北経由などスターアライアンス提携会社を駆使して何とかたどり着ける便を用意してくれるのではないかと思います。

必要マイル数から言うと、JAL、ANAとも20,000マイルです。提携航空会社を利用するとANAは23,000マイルになりますが、JALは20,000マイルのままです。 

4.ヨーロッパに行ってみた【ロンドン】

東京ーロンドン線で4月16日(月)に空席が取れるかどうかチェックしてみました。

(1)JAL

JALの直行便では空席がありません。カレンダーで確認すると、空席があるのは4月で三日間、5月は二日間だけです。人気なんですかね。
20180314-26
20180314-27
実際に予約が取れる5月10日で検索してみると、往復49,000マイルで行程は確保できるようです。
20180314-28
一応、提携航空会社も調べてみましたが、5月10日であれば、ブリティッシュエアウェイズも空席があるようです。
20180314-30
さらに、香港経由のキャセイパシフィック航空も空席があるようです。
20180314-29
(待ち時間少ないですが、やはり長時間です。ビジネスクラスで…お願いします!)

航空会社を指定して検索しなおさなければならないので、自社便の直行便がないのであれば、JMBに電話して確認した方が早いですね。

(2)ANA

ANA便も直行便はありませんでした。
20180314-31
空席カレンダーを見ても厳しそうです。
20180314-32
空席待ち扱いなら自社便の直行便があるようです。必要マイル数45,000マイルはJALより少ないですね。

ただここで疑問が湧きます。提携航空会社を使った乗継便でも、本当に空席はないのか? ANAで検索する限り、空席待ちの便が表示されると、提携航空会社の便は検索してくれないんです。

試しに、目的地をロンドンではなく、パリにしてみます。すると、フランクフルトまでの直行便なら空席があることが分かります。フランクフルトからロンドンまでなら、同じスターアライアンスのルフトハンザドイツ航空が頻繁に飛行機を飛ばしているハズですから、空席はありそうです。
20180314-33

ということで、条件を「東京-フランクフルトーロンドンー東京」にして再度検索してみると…。
20180314-34
(フランクフルトをもっと朝出る便もあると思うんですが…)

ありました。そりゃあ、ありますよね。フランクフルトまでなら空席があるんですから。追加でフランクフルトーロンドン間なら特典航空券も簡単に取れそうですもの。

ちなみに、こちらの行程だと必要マイルは60,000マイルになってしまいます。

ANAはなぜこの検索結果を先に見せないのか。

自社便の直行便がキャンセル待ちであるんだから、そちらを待て、ということでしょうか。

提携会社便を使うと、必要マイルが45,000マイルから60,000マイルになってしまうからという親切心からでしょうか。

どちらにせよ、ゼッタイロンドンに行きたい!という人にとっては、どちらの情報もあると嬉しいかなと思います。自社便なら直行便あるけどキャンセル待ちで必要マイルは45,000。提携会社便なら予約取れるけれども乗り継ぎが必要で必要マイルは60,000。

どちらも提示できるようなサイトにしてくれるとありがたいですね。

(3)まとめ

ざっくりとまとめると、JAL便は直行便が少なく、ANA便は直行便が多い。JAL便は提携航空会社便について検索が難しく、ANA便は自社便がキャンセル待ちだと他社便を表示してくれない…。

もう少し詳しく調べてみようかと思いましたが、色々とネットでの予約の限界を感じました。

空席があるかどうか、おおざっぱな感覚としてはネットで確認でよいと思いますが、「絶対にその日にその目的地に行きたい」という場合、自社便&直行便に拘る必要はあまり無いのではと思います。

そうであれば、JAL、ANAともにマイレージのコールセンターに電話して、スタッフと一緒に「よい案」「よい行程」を一緒に考えればよいのかなと思いました。

特にJALは、提携航空会社の便について、ネット上で検索するには限界があります。潔く電話しましょう(笑)。 

5.北米路線もチェック【ニューヨーク】

最後にオマケというワケではないのですが、北米路線を調べてみました。

行き先はニューヨーク。日にちは4月16日(月)です。

(1)JAL

ばっちり直行便で空席がありました。
20180314-52
むしろ空席のない日を探すのが大変なくらい。

ただ、空席のない4月8日を、試しに提携会社航空券(アメリカン航空)で検索しても空席は同じくありませんでした。

なぜなら、東京ーニューヨーク間は、JAL便しか飛んでおらず、アメリカン航空はJALとの共同運航便だけであり、JAL機材しか飛んでいないからだと思われます。
20180314-53
(flyteamのサイトより)

シカゴやロサンゼルスなどアメリカン航空便が飛んでいる区間だとまた別の検索結果になったかもしれません。
20180314-54
といか、そういう知識まで乗客に求めるのはナンセンスだと思いますので、やっぱりコールセンターに電話が一番だと思います。

(2)ANA

ANAでも自社便の直行便の空席がありました。
20180314-51
結論としては、JALもANAも北米線は結構空席がある季節だったのかも知れません。

必要マイルはJAL、ANAともに40,000マイル。なかなかお手頃だと思いました。 

6.まとめ

ロンドン線を検索していて思ったのですが、提携航空会社が複雑に絡み合う世界。路線に精通していないのなら、コールセンターに電話してみるのが一番かなと思いました。

一応、ざっくりとまとめっぽく表にするなら以下の通りです。

JALとANAの特典航空券の取りやすさ目安(国際線)
渡航先 JAL ANA
台北 ・直行便の空席が多い
・必要マイル数が少ない
・直行便の空席ない
・提携航空会社フル活用できる
香港 ・自社便で空席なし
・キャセイで経由便あり
・直行便の空席が多い
・自社便あれば提携航空会社提示されない
ロンドン ・自社便空席ほぼない
・提携会社の空席確認困難
・自社便空席あるときも
・提携会社空席あるが検索困難
ニューヨーク ・自社直行便あり ・自社直行便あり

空席の検索はなかなかテクニックが必要だと思いますので、繰り返しになりますが、コールセンターにお問い合わせされるのが一番かと思います。

また、JALかANAかどっちのマイルを貯めればいいの? ということであれば、行き先によって空席の有無がまったく違うこともあった(台北と香港)ため、もし可能なら「どちらのマイルもためる」のが正解かも知れません。

JALもANAもポイントサイトでためたポイントを移管させることで効率的にためることができます。

詳しくは、「ANAでムリなく年間21.6万マイル貯めるなら今始めるのがチャンス!」「ソラチカルートに変更あり。2018年4月からはGポイント→LINEポイント→ソラチカへ」その他マイレージのカテゴリの記事を参考にしてもらえれば幸いです。

みなさんのお役に少しでも立てればと思います。

ではまた~。
 
目次に戻る

マイルをためる王道はJALカードでもANAカードでもなく、「ポイントサイト」です!!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

~~~~~最後までお読みくださり、ありがとうございます!~~~~~
参考になったよ!というときは、「ぽち」っと≪応援クリック≫してもらえると励みになるので嬉しいです!(バナーのクリックはそれぞれ1回ずつで大丈夫です!)

←こちらと、こちら→にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ