みなさん、こんばんは。ゆーたです。

NYダウに釣られて日経平均の下落も著しいですね。

米中の2超大国が経済戦争を始めるかもしれないという中なのでしょうがないですが。

1か月前の株の下落の原因は金利の上昇でしたが、改めて株式というのがしっかり世相?を反映するものだと実感しますね。

さて。そんな株式相場の調整局面で威力を発揮するのが株主優待のクロス取引です。

2018年3月末のクロス取引のセットが以下のように完了致しました。

合計15銘柄です。今回はそちらをご報告したいと思います。

■目次■

1.カブドットコム証券の13銘柄

カブドットコム証券でクロスしたのは以下の13銘柄です。
20180326-1
せっかちですので2月末からクロスセットを開始していますが、今でも十分在庫があるものもありますね。

ただ、確実に取りたいものは、在庫が少なくなって19時からの抽選という状態になると、ほぼほぼ当選しません(倍率100倍とかありますよ!)。ともと「確実性」を求めるのが株主優待のクロス取引なので、確実に優待を獲得するのなら、2月末からでもOKとしています。

また、現物株は手数料の安いGMOクリック証券で購入して移管するという方法を取っています。そのためには移管にかかる日にちも考慮して早めのセッティングが必要になってきます。

さらに、GMOクリック証券での売買手数料がキャッシュバックされる9449GMOインターネットと3788GMOクラウドを現物で保有しているので、早めのクロスでも実質的な手数料は比較的安く済ませているつもりです。

GMOクリック証券の手数料キャッシュバックについては、「クロス取引で手数料を節約する方法~GMOクリック証券で現物購入して移管~」を参考にしてみて下さい。 

2.SBI証券の2銘柄

一般信用売りできる銘柄が最も多いのはカブドットコム証券ですが、SBI証券もなかなかの品ぞろえです。

ただ、こちらは貸株料が高いという最大のデメリットがありますので、あまり早めにクロスしてしまうと手数料負けしてしまいます。

また、競争倍率が高いものは、抽選ではなく、「クリック早押し大会方式」のシステムとなっているので、夜の19時にパソコンの前に陣取れる人限定となってしまいます。

SBI証券で売り建てているのは以下の銘柄です。
20180326-2
JR西日本は「もうカブドットコムの抽選にも当たらないし、19時の早押し大会もやってらんないので、これでいーや」と決めてしまいました。そのワリキリの理由は後述します。 

3.もらえる株主優待まとめ

ここで、一応もらえるもの=株主優待の内容を確認しておきましょう。

・3099三越伊勢丹HD:買物優待カード限度額30万円(100株)

・6412平和:ゴルフ場優待券3,500円分×8枚(400株)

・9041近鉄GHD:全線乗車券4枚(100株)

・9887松屋フーズ:食事券10枚(100株)

・4681リゾートトラスト:30%割引券1枚(100株)

・9201JAL:50%割引券1枚(100株)

・2730エディオン:500円優待券20枚(500株)

・3254プレザンスコーポレーション:JTBナイスギフト2,000円(100株)

・3395サンマルクHD:20%割引株主カード(100株)

・8425興銀リース:図書カード3,000円(100株)

・3258ユニゾHD:UCギフトカード3,000円(100株)

・8566リコーリース:クオカード3,000円(100株)

・9202ANA:50%割引券4枚(400株)

・7840フランスベッドHD:10,000円相当優待券(200株)

・9021JR西日本:自社路線50%割引券3枚(300株)

眺めるたびにうっとりしますし、届くのが楽しみです。株主優待にどっぷりハマっているのですが、快感です♪ 

4.反省点など

制度信用でクロスする予定はないので(確実性しか求めません)、「逆日歩があまりつかなかったので制度信用にしておけばよかった」的な反省はありません。

(1)JALとANAと近鉄GHD全部SBI証券で前日にクロスしておけばよかった


結果論ではありますが、JALもANAもどちらも現在でもSBI証券で在庫があります。優待券の価格も下がっている(クロス取引をする人が多くなったのか、上級会員になるための修行をする人が少なくなったのか?)ため、人気もそれほど高くないのでしょう。

一般的に運輸系の株主優待は在庫が多いことが多く、カブドットコム証券で事前にクロスするより、直前にSBI証券でクロスでよかったかなと思います。

ただ一方でこちらも安パイだと思っていたJR西日本は現在在庫はありません。そう考えると、やはり取りたいものはしっかり余裕を持って取っておく、ということが大切だと思います。それでもJALは早過ぎたかなと思います…。

(2)事務手続きミス

2664カワチ薬品の権利日が3月15日であることを忘れ、権利確定日後に「おお!在庫がある!」と言ってクロスしてしまいました(はやとちり)

本業でやっている訳ではないので、きちんと把握することが難しい…などと言い訳することはせず、ちゃんと権利日が違うぞと分かるような独自のエクセルシートを作って管理したいと思います。
20180326-3
上記のようなものを作っていたのですが(といっても今回の3月末に向けて大急ぎで作ってみたものです)、どうもカラフル過ぎて権利日が3月15日というセルを塗りつぶししただけでは、注意喚起できていませんでした。また、権利日順→利回り順というソートの順序もちゃんと徹底できていませんでした(赤色の矢印のところです)。南無阿弥陀仏。

クロスできる銘柄は15ぐらいがミスなくできる範囲なのかなと思います。ですので、ある程度セットできれば、カブコムの抽選やSBIの早押し競争に参加するのではなく、利回りがある程度低い銘柄であっても、残りの資金はどーんとそこに投入して、早く「ラクになる」ことを選択するのが自衛策かなと思います。

(3)手数料勘違い

JR西日本の現物買いですが、SBIで信用買い→現引きの方が安いのに、そのまま現物買いをしてしまっていました。「50万円以上なら手数料は同じ」は、信用取引の場合だけで、現物の場合は違う(取引額に応じてまだまだ手数料は上昇する)のに、すっかり勘違いしてしまいました。

手数料を自動計算できるようにエクセルを組んでいたので安心していましたが、元データが間違っていました。まあ、今回初めて自動計算できるようにしてみたので、仕方ないかなとも思います。

また、今後もミスはやっちゃうのかなと思いますが、①ちゃんとしたシートを作って管理すること、②銘柄数をあまり欲張らないこと、③証券会社数もあまり分散させないこと、あたりを肝に銘じて、間違いなく確実に優待を取っていきたいと思います。

カブコム松井証券楽天証券SBI証券さらにGMOクリック証券と5社を駆使して取引されている方には本当に頭が下がります。

今回のご報告は以上です。

みなさんの教訓になれば幸いです。

あ、そもそもクロス取引ってナニ?と言う方は「株主優待を手数料千円以下のローリスクでゲットする」をご覧ください。

ではまた~。 

目次に戻る

GMOクリック証券。株主優待で手数料キャッシュバック。詳しくはこちら
 

~~~~~最後までお読みくださり、ありがとうございます!~~~~~
参考になったよ!というときは、「ぽち」っと≪応援クリック≫してもらえると励みになるので嬉しいです!(バナーのクリックはそれぞれ1回ずつで大丈夫です!)

←こちらと、こちら→にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ