みなさん、こんばんは。ゆーたです。

8月末権利月の株主優待が送付される季節になりました。
592478d12f053e6e588a1128ad515bdc_s
みなさん、株主優待はお好きですか?

ゆーた株主優待が大好きです。

今日は、その株主優待を、手数料千円以下のローリスクでゲットする方法をお伝えしますね!

1.普通に株主優待を獲得すると株価下落に耐えらえない

メジャーな株主優待の例でいきましょう。

9202ANAの株を権利付最終日に1,000株持っていると、株主優待券を1枚ゲットできます。

DSC_0581

ANAの株主優待券は、ヤフオクで4,000円くらいで売れます。

しかし、翌日は権利落ち日で、理論的には株価は下落してしまいます。株主優待で人気のある銘柄だとなおさら下落する可能性が高くなります。

そのときの株価が、たとえば300円だったものが290円になるだけで、1,000株持っていると、1万円の損が発生します。

2.ということで信用取引をやってみる

株主優待券の価格以上に株価が下落するとモトが取れません。ということで、「信用取引」を利用します。

つまり、(1)現物で株を買う と同時に、(2)信用で株を売るということを行い、株価の下落のリスクをヘッジします。

これなら、株価が300円か290円に下がっても、現物で買っている分は、マイナス1万円ですが、信用で売っている分は、プラス1万円になり、理論的には差し引きゼロになります。

ところが、ここには落とし穴があります。

普通に信用で売っていると、「逆日歩(ぎゃくひぶ)」という手数料を取られるのです。

信用で売るということは、証券会社から株を借りているということですが、権利付最終日は需給がひっ迫するので、特別な手数料がつくことが多いのです。

権利付最終日でなくても逆日歩がつくことも、もちろんあります。

1株あたり50銭とか、1円とかの単位でつきますが、最悪、4円とか8円とかつくこともあります。

さらにタチの悪いことに、逆日歩は、翌日にならないと何円になるのか分からないのです。

1,000株借りていると、4円なら4,000円、8円なら8,000円、逆日歩という形で払わなければならなくなり、

株主優待券が4,000円で売れても赤字になってしまいます。

3.特別な信用取引をやってみる

上で、「普通に信用で売る」、と書きましたが、信用取引には二種類あります。

一つは、普通の、どこの証券会社でもやっている、「制度信用取引」で、これには逆日歩がつきます。

一方、一部の証券会社しかやっていない、逆日歩のかからない一般信用取引というものが存在します。

これを利用すると、

(1)現物で株を買う手数料

(2)一般信用取引で株を売る手数料

(3)一般信用取引で株を借りる手数料(貸株料)

を支払えば、その会社の株主優待をゲットすることができるのです。

手数料があらかじめ計算できるというのが最大のメリットです。

この一般信用取引を扱っている会社は、

松井証券SBI証券カブドットコム証券の3社だけです。

追記1)2017年12月から、楽天証券でも一般信用取引が始まりました。詳しくは、「楽天証券でも株主優待をローリスクでゲットできる一般信用売が始まります」を参考にしてください。

4.一般信用取引のメリットとデメリット

(1)一般信用取引のメリット

・手数料があらかじめ計算できる。

・逆日歩がつかない。

(2)一般信用取引のデメリット

・貸株料が高めに設定されている。

・証券会社に在庫がないと信用売りができない。

5.一般信用取引をした場合のコスト

たとえば、30万円の株を手数料の安いSBI証券で購入した場合にかかる手数料は、ざっとこれぐらいです。

(1)現物で株を買う手数料…300円

(2)一般信用取引で株を売る手数料…200円

(3)一般信用取引で株を借りる手数料(貸株料)…100円

つまり、600円ぐらいで、ANAの株主優待券1枚を確実にゲットできるのです。
max16011528_TP_V
ゆーたは、ヤフオクの落札価格などをチェックしつつ、3月は9021JR西日本をメインに、6月と12月は、2702マクドナルドをメインに、この方法で株主優待券をゲットしていました。

SBI証券では、「つなぎ売り」として、この取引方法の具体的で詳細な手順を自社のサイトで説明しています。

動かす資金に比べて、得られる「お小遣い」はわずかですし、どの銘柄でもできるわけではない(取り扱いは各社それぞれ)ですが、リスクがほぼないので、よかったら参考にしてください!

追記2)SBI証券を使って、「いつ取引をすればいいのか」「手数料は合計でどれぐらいかかるのか」について、実際の取引事例で紹介した記事がこちらにありますので、参考にしてくれると嬉しいです。

ではまた~。

↓SBI証券のつなぎ売りを使えば、ローリスクで株主優待を獲得できます!

~~~~~最後までお読みくださり、ありがとうございます!~~~~~
参考になったよ!というときは、「ぽち」っと≪応援クリック≫してもらえると励みになるので嬉しいです!(バナーのクリックはそれぞれ1回ずつで大丈夫です!)

←こちらと、こちら→にほんブログ村 小遣いブログ お小遣い稼ぎで節約へ