TV(テレビ)ドラマ最新情報

10/16スタート『小児救命』 第1話 ネタバレ

ブログネタ
★注目のテレビドラマ!! に参加中!
新木曜テレビドラマ『小児救命』 #1
for our children, for their future
2008年10月16日(木)21:00〜テレビ朝日系でスタート

ストーリー

大病院である啓翠会総合病院に勤める青山宇宙(小西真奈美)は、子どもたちの命を救うため、なりふり構わず尽力する熱心な小児科医。

宇宙の夢は、父・冬悟(大杉漣)が半年以上前に閉院した医院を継ぎ、24時間診療の「青空こどもクリニック」を開業することだった。

5年以上入退院を繰り返している上に両親が離婚した孤独な少年・拓実(田中碧海)も、宇宙が重病を発見し、慕われている。

小児科医・柾陽介(陣内孝則)は無謀とも思えるプランに燃える宇宙を密かに心配するが、当の宇宙は救急・入院患者らの対応に東奔西走しながらも、開業に向けて着々と準備を進めていく。
そんな彼女を、恋人であり啓翠会総合病院の小児科医でもある狩矢俊介(塚本高史)は静かに見守っていた…。


そして、一ヶ月後。
開業を明後日に控え、「青空こどもクリニック」のスタッフとして集まったのは救急救命士の小暮賢斗(勝地涼)をはじめ、大ベテランの赤池小夜子(渡辺えり)や片桐弥生(笛木優子)ら小児科医5名と看護師3名。

が、弥生が毎日6時までしか働けないなど、この人数で24時間体制のクリニックを回していくには不安な部分も…。
さらには移送患者の受け入れ先をめぐってと啓翠会総合病院と揉めるなど、問題は山積みだった。
それでも前向きに頑張る宇宙。 

そんな時、大ケガをした男の子が友達に連れられて「青空こどもクリニック」に駆け込んできた!
応急処置をして大病院へ搬送しようとするクリニックのスタッフ。
ところがその瞬間、宇宙がいきなりクリニックの開業宣言をしてしまう


開業後、「青空こどもクリニック」には多くの患者が訪れた。
ぐったり疲れるスタッフだが、救急要請が入る。
電池を飲み込んだ子供、ショウ君が運ばれてきたのだ。
無事に電池は取り除けたが、宇宙は気になるやけどのあとを発見してしまう。
そして、母親は父親の虐待を疑っているという。
気になった宇宙は、啓翠会総合病院の俊介に聞いてみると、その子は以前に啓翠会総合病院でも意識混濁で診察を受けており、そのほかにも近隣の病院で怪我の治療を受けていたというのだ。
そして、母親がいなくなっているのに気づいた宇宙は、ショウ君の病室へ。
すると、母親はショウ君の点滴に手をかけていた。
今までの虐待も、すべて母親が行っていたものだった。


同じ頃、夜鳴きがひどいというあかちゃんを連れた母親がやってきていた。
それは、ただの夜鳴きではなくて、腸の病気だった。
母親は、他の病院で“たいしたことがないなら来るな”と言われ歩いていたら、、「青空こどもクリニック」のあかりが見えてつい来てみた。という。
それを聞いた宇宙は、24時間安心して入れるコンビニのような病院が作りたかったんだ。
と喜ぶ。

しかし、自分勝手に患者のことしか考えない宇宙に、スタッフ達は今後が心配になっていた。
が、そんな時、啓翠会総合病院から、拓実がいなくなった。と連絡が入る。
あわてて探しに出る宇宙。
拓実は父親の元に向かっていた。
が、アパートには何もなくなっていた。

                        つづく。


こにたんの一生懸命なところが、すっごく役に合ってるな〜



キャスト

青山 宇宙(あおやま そら) - 小西真奈美(こにしまなみ)
狩矢 俊介(かりや しゅんすけ) - 塚本高史 (つかもとたかし)
木暮 賢斗(きぐらし けんと) - 勝地涼(かじりょう)
樋口 流衣(ひぐち るい) - 山口紗弥加(やまぐちさやか)
片桐 弥生(かたぎり やよい) - 笛木優子(ふえきうたこ)
名波 大地(ななみ だいち) - 藤原一裕(ライセンス)
相馬 彰夫(あいば あきお) - 正名僕蔵 (まさなぼくぞう)
真柴 綾(ましば あや) - 田実陽子(たじつようこ)
青山 冬悟(あおやま とうご) - 大杉漣(おおすぎれん)
森崎 潤一郎(もりさき じゅんいちろう) - 名高達男 (なだかたつお)
赤池 小夜子(あかいけ さよこ) - 渡辺えり(わたなべえり)(特別出演)
柾 陽介(まさき ようすけ) - 陣内孝則(じんないたかのり)

主題歌はB’z(ビーズ)『いつかまたここで』【送料無料】(CD)B'z(ビーズ)/B'z The Best “ULTRA Treasure”(ウルトラトレジャー)【3CD】
【送料無料】(CD)B'z(ビーズ)/B'z The Best “ULTRA Treasure”(ウルトラトレジャー)【3CD】