TV(テレビ)ドラマ最新情報

テレビドラマ『チーム・バチスタの栄光』 第4話 ネタバレ

ブログネタ
人気テレビドラマの情報集 に参加中!

フジテレビドラマ


『チーム・バチスタの栄光(ちーむばちすたのえいこう)』
第四話 『望』 
2008年11月4日火曜日 22:00〜

ストーリー・感想

特命リスクマネージャーに任命された、田口公平(ぐっちー)(伊藤淳史(いとうあつし))に届いた怪文書の存在を知った厚生労働省の白鳥圭輔(仲村トオルなかむらとおる)は、チームバチスタのメンバーの中に殺人犯がいると確信する。

そして、チーム・バチスタのメンバーを集め、ケース29の症例だけ心筋の切除範囲が広いことを指摘する。

そこで、切除範囲を決定する病理医の鳴海 涼(宮川大輔 みやがわだいすけがビデオを盗んだのでは?と仮説を話すが、執刀医の桐生恭一(伊原剛志いはらつよし)は、切り取る大きさは症状によって違うからと否定される。

しかし、垣谷雄次( 鶴見辰吾つるみしんごは何かを知っていそうな雰囲気だった。。

 

一方、田口と同期で、第二助手を勤める酒井利樹(鈴木裕樹すずきひろきは、経験したことのない手術を自分に執刀させて欲しい。と垣谷に頼む。

酒井は、父が天才外科医の為、周りにいつも父の話をされ、父を追い越すのが小さい頃からの目標だった。

が、垣谷には機会を待て。と断られる。

 

鳴海に疑いを持った白鳥は、桐生と鳴海が以前一緒に働いていたという、アメリカのサザンクロス病院に問い合わせをする。すると、病院の秘書は桐生と鳴海が一緒に仕事をしていることを知り驚いていた。なぜなら、以前は鳴海も外科医で、オペ中の事故で外科生命が絶たれてしまったのだった。

白鳥は、そのことから鳴海が桐生に復讐しようとしてバチスタを失敗させているのではないか?

と思い、二人に問うが、桐生は、“鳴海は自分よりも腕がいい天才外科医だが、今は自分の目となってくれている”と否定した。

 

また、白鳥は、心臓血管外科教授の黒崎(榎木孝明えのきたかあきが桐生を妬み、黒崎の言うことを聞く柿谷に桐生の手術を失敗させ、柿谷が准教授になるのを狙っているのでは?と思い始める。

柿谷は白鳥に言い返せずにいるが、一緒にいた酒井はチームバチスタに間違いはない。と言い返す。フォローした酒井は、黒崎から柿谷がやるはずだったオペを執刀させてもらえることになった。

 

一方、田口はケース29について何かを知っていそうだった柿谷が気になり、話を聞きにいく。実は、ケース29のオペで、酒井は突然の出血に動揺してしまい失敗をしており、柿谷に助けられていたのだ。だから、テープを持ち去ったのは酒井ではないか。という。

田口は、酒井のもとを訪れ、ケース29のことをたずねる。

酒井は、もし自分の失敗が厚労省に知られれば、天才といわれた父を超えることはできない。と思いテープを盗んだと告白する。

酒井には天才医師を父に持つプレッシャーが強くあったのだ。

酒井が人一倍努力をしているのを知っている田口は、“天才だけが患者をすくうわけではない”と励ます。

 

そして、酒井のオペ当日。

失敗が頭をよぎり緊張する酒井をリラックスさせたのは、柿谷の言葉だった。

こうして無事手術は成功。

ケース29のテープも、白鳥が見落としていた。ということにして無事に戻された。

 

その夜、麻酔科医の氷室貢一郎(城田優しろたゆうと看護士の大友直美(釈由美子しゃくゆみこが二人で食事をしていた。

氷室は、大友に“僕が余計なことをしゃべらないか怖いですか?”と気になる言葉を・・・

 

                      第5話につづく。

 

 

あれー、やっぱり大友さんあやしいのか??

氷室と大友さんはいい人チームになったのかと思ったのに。。

そして、次回予告では、次なるバチスタ手術が行われることに

 

主題歌・・・青山テルマの「守りたいもの」
挿入歌・・・永崎翔「答えはそこだ」

 

チーム・バチスタの栄光(上)
チーム・バチスタの栄光(上) 

 

チーム・バチスタの栄光(下)
チーム・バチスタの栄光(下)

★超豪華2枚組!原作者海堂 尊インタビュー収録!(DVD)チーム・バチスタの栄光(2枚組:本編DISC+特典DISC)
★超豪華2枚組!原作者海堂 尊インタビュー収録!(DVD)チーム・バチスタの栄光(2枚組:本編DISC+特典DISC)