後野分 (2)
 総武本線の八街駅から徒歩でおよそ40分。八街市朝日の農村部にポツンと切り開かれたミニ分譲地の売地。鬱蒼とした茂みに囲まれた静かな住宅地だが、鬱蒼としすぎているためかほとんどが空地で、大雑把に数えても20区画程度はあると思うが住宅は数戸しかない。空き地の前に立つ看板は草刈り業者のもので、千葉の限界ニュータウンの宅地の所有者は不在地主がほとんどで、日々の雑草の管理などは業者に依頼することが多い。あわせて、土地を手放したいと考える人は「売地」の看板を立てる訳だが、見ての通りこの売地の隣は空き家である。空き家というか、この家は火災で半焼したまま放置されている廃屋だ。写真には写っていないが、屋根にも穴が開いてもはやリフォームは不可能な有様だ。しかも反対側(東側)の隣家も雑草に埋もれ、おそらく空き家なのではと思われる状況であった。つまり両脇を空き家で固められた売地ということである。
後野分 (1)
 この廃屋の反対側も空き地となっており、こちらの土地も売りに出されている。


 坪1万~3万程度で取引されている北総の土地では、たとえ再利用が不可能なほど傷んだ廃屋でも、それを解体して更地として売りに出したところで、売値が解体費用を下回ってしまう危険性が高い。この家のように不幸にも建物が半焼して建て替えを迫られても、既にある住宅を取り壊して建て直すより、新たに更地を買った方が安上がりなため、廃墟の除却は一向に進まない。そのため空き家のまま放置されている家屋を見ることは珍しくないのだが、悲惨なのはそんな廃墟の隣の土地の所有者である。いつ崩れ落ちるかもわからない放置家屋の隣地を買い取りたいと申し出る聖人のような買主が現れない限り、売主は賽の河原の石積みの如く草刈りへの出費を迫られることになる。この辺りは日当たり良好な南向きの宅地でも坪3万くらいからあるが、大きなハンディを背負ったこの売地は一体いくらで売っているのだろうか。正直、僕はタダでも欲しくない。

 参考までに(何のだ)場所は以下の通り。八街駅から徒歩でおよそ40分。八街市ふれあいバス東コース「後野分」バス停のすぐ近く。

 八街は未線引き自治体で、長距離通勤に耐え忍べば何とか都内まで通勤は可能なことから、地価が高騰した70年代から90年代半ばにかけて開発許可が不要な小規模の分譲地に次々と建売住宅が建てられたものの、その後手放す人が続出し、一時は競売物件数が全国一位になるなど、北総でもスプロール化の激しい都市の一つである。市内全域にわたって、このような乱開発と言わざるを得ないミニ分譲地が散在している。

 ちなみに看板を出している「両総管理」、「ニチエイ建設」(日栄不動産)はともに千葉県で広く草刈りを請け負っている業者である。草刈り業務の傍ら、数多くの売地物件も扱っている。その他の草刈り業者として「千葉緑化管理」「ログ平」「大里綜合管理」などの会社がある。