ゆうのblog

心に写る すべてに  あなたが僕を捜す時 瞳をとじて ごらんほら いつでもそばにいるはずさ 愛しているさ いつだって 生きている それだけで 人は皆 幸せさ あなたが涙を流す時 腹を立てたり 笑ったり たとえ自分を投げ出しても 愛しているさ いつだって 生きている それだけで 人は皆 幸せさ 風のささやき聞こえますか そそぐ陽差しが 感じますか あなたの道が見えますか 愛しているさ いつだって 生きている それだけで 人は皆 幸せさ 生きている それだけで 人は皆 幸せさ 君の笑顔が好き 君の笑顔を見たいから 笑顔でいたい 今私は癌とともに生きてます 毎日不安定な気持ちにおかされますが 音楽を通じて 涙することもありますが 助けられること多いのです。 癌とともに見つめ合い 言葉を交わしながら一歩々前を見つめて生きていきます 今日も笑顔で^^よろしく!

自然が好き 空を眺めながら言葉を発する 自然が好き 花を眺めながら交わすキス 自然が好き 風景を眺めながら流れる音楽

2015年07月

erica - 「運命を信じます」

苫小牧港の沖合50km 余りの海上でフェリー火災

images (1)







苫小牧海上保安署によると、北海道の苫小牧港の沖合50km 余りの海上でフェリー火災が起きたという救難信号が出され、現在確認が行われている。

東京都港区の商船三井フェリーによると、火災が起きたのは「 さんふらわあ だいせつ 」というフェリーで、乗員乗客 94 人が乗っており、うち 71 人が乗客とみられるという。

 現在までに、けが人の有無や火災の規模や状況などの詳しい情報は入っておらず、現在、近くを航行しているフェリーが救助に向かっているという。

Twitter には当該とみられる航行図の画像や社品などが投稿されている。このフェリー火災についての詳細が分かり次第、随時更新します。

 商船三井フェリーによると、火災が起きたのは「 さんふらわあ だいせつ 」というフェリーで、乗員乗客 94 人が乗っており、うち、71 人が乗客とみられるという。現在までに、けが人の情報は入っていないという。

現在、近くを航行しているフェリーが救助に向かっているという。商船三井によると、31 日 17 時 32 分頃にフェリーから本社に連絡があったという。トラックを載せている甲板の中央付近で出火したという。

乗員による消火活動が出来なかった為、乗客全員の避難を決定したという。このフェリーは 31 日 01 時 45 分に茨城県の大洗港を出港、北海道の苫小牧港に 19 時 45 分に到着予定だったという。



 

小さな恋のうた 大山百合香

小学校教諭 住居侵入未遂で逮捕

240















根室市の小学校に勤務する24歳の男性教諭が、元交際相手の自宅に侵入しようとしたとして、31日、警察に逮捕されました。


教諭は、容疑を一部否認しているということです。

逮捕されたのは、根室市立成央小学校の教諭、阿部元樹容疑者(24歳)で、ことし5月25日夜、根室市内に住む元交際相手の20代の女性のアパートに侵入しようとした住居侵入未遂の疑いが持たれています。

調べに対し、「ドアノブには触ったが、部屋に入ろうとしたわけではない」と容疑を一部否認しているということです。

女性は、去年5月に阿部教諭と別れたあと、自宅が荒らされたり、勤務先を見張られたりするなどの被害を受けていたと警察に相談していて、警察はストーカー行為の可能性についても調べることにしています。



 

神谷千尋  美童しまうた

神谷千尋   空よ海よ花よ太陽よ

比屋定篤子  うつらうつら

やなぎらん

31









花言葉

集中する、焦点



 
別名ファイアー・ウイード(火の野草)。

北極に近い地域に自生し、

一面に咲き誇っている姿はまるで野火のように見えるといいます。



 
今日生まれのあなたは・・・

モラリストで生活態度はいたってまじめ。

草花を育てたり、野山を歩いて自然に接することに心の安らぎを得ます。

信仰に生きがいを見いだす人も多いようです。





 

比屋定篤子 まわれまわれ

北海道・旭川の愛護センター、9月で開設3年

ダウンロード





【旭川】飼い主のいない動物を保護する旭川市動物愛護センター「あにまある」(7の10)が9月、開設3年を迎える。多い時で130匹以上いた猫も、譲渡先探しや避妊去勢手術が奏功し、6月末には4分の1以下になった。あにまあるは「地域のルールを守りながら市民と動物が共存できる社会に」と期待する。

 あにまあるは2012年9月にオープン。保護した動物の譲渡先探しに力を入れており、1日10~15人ほどが見学に訪れる。今年6月末までに保護した犬388匹、猫1398匹のうち、犬195匹、猫955匹を譲渡。殺処分は犬はゼロ、保護時点で病気を持っていることの多い猫は276匹で、特別な理由が無い限り殺処分を避けてきた。

 「何匹も生まれ困っている」「家のガレージにすみ着いた」など、犬や猫が持ち込まれた理由はさまざまだ。しかし、数は徐々に減り、活動の手応えを感じられるようになってきた。大きな要因は飼い主がおらず、住民がえさを与えている「地域猫」への避妊去勢手術だ。

 13年の開始から今年3月末までに手術を受けた猫は雄125匹、雌153匹の計278匹。一方で保護した野良猫は13年度の227匹から14年度は80匹に減っており、避妊去勢手術が地域猫の減少につながった。あにまあるは「不幸な命が生まれないようにという取り組みの成果が出た」と喜ぶ。

 21日には、市議会民生常任委員会があにまあるを視察した。この日、あにまあるには犬が7匹、猫が14匹が保護されており、市議らは飼育環境を確認しながら犬や猫とふれ合っていた。


 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ういきょう
  • コトネアスター(べにしたん)
  • あけび
  • みせばや
  • むらさきしきぶ
  • 石狩の自動車解体工場で火事
  • 歌志内にも雲海が出現
  • 千歳で観光バスなど玉突き…6人軽傷
  • 道内は20日夜から平野部で積雪も
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最新コメント
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Subscribe with Live Dwango Reader
  • ライブドアブログ