3695811_7003695811_m













十勝の足寄町の温泉施設で、おととし、入浴中の男性が倒れて意識不明の重体となる事故があり、その後の調査で国の基準を大幅に上回る硫化水素が検出されたことがわかりました。

警察は、硫化水素中毒の可能性もあるとみて詳しく調べています。
警察や環境省によりますと、おととし10月、足寄町の温泉施設で、東京から訪れていた男性1人が入浴中に倒れ、意識不明の重体になったということです。
これについて環境省が去年9月に施設を調査したところ、浴槽の周辺で国が示している基準を大きく上回る濃度の硫化水素が検出されました。
国の基準では温泉を浴槽に入れる際には空気に触れさせて硫化水素の含有量を抑えることを求めていますが、この施設は、浴槽の底から温泉を入れる構造になっていたということです。
この温泉施設は事故の直後から休業しています。
警察は硫化水素中毒の可能性もあるとみて、業務上過失傷害の疑いで事故の原因を詳しく調べています。