20日朝早く、札幌市北区の市道で横断していた71歳の女性がタクシーにはねられ、搬送先の病院でまもなく死亡しました。
20日午前4時40分ごろ、札幌市北区の市道で道路を横断していた近くに住む鶴巻徇子さん(71歳)がタクシーにはねられ、全身を強く打って搬送先の病院でまもなく死亡しました。
警察はタクシーを運転していた石狩市花川の運転手、若井信雄容疑者(55歳)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。
現場は見通しのよい片側2車線の直線道路で、警察の調べに対し、若井容疑者は「朝方の早い時間で人が歩いていると思わず、直前まで女性に気づかなかった」と供述しているということです。
警察は、若井容疑者が前をよく見ていなかった疑いがあるとみて事故の詳しい状況を調べています。