3666961_7003666961_m














寒冷前線を伴った低気圧の影響で、道内は20日昼過ぎにかけて日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になり雨や風が強まるほか、午後からは気温も下がって、夜には平野部でも雪が積もるところがあります。

気象台は竜巻などの激しい突風などに注意を呼びかけています。
札幌管区気象台によりますと、寒冷前線を伴った低気圧が通過する影響で、道内は大気の状態が非常に不安定になっていて、日本海側を中心に雨や風が強まっています。
午前6時前には、滝川市で24.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。
21日にかけて予想される最大瞬間風速は、太平洋側とオホーツク海側の陸上と海上でいずれも35メートル、日本海側の陸上と海上でいずれも30メートル、波の高さは、太平洋側東部とオホーツク海側で7メートルと予想されています。
また、午後からは冬型の気圧配置も強まって気温が下がり、20日夜から21日朝にかけては、日本海側を中心に雪が降る見込みで、平野部でも数センチの雪が積もるところがあります。
気象台は、竜巻などの激しい突風や落雷、それに急な強い雨などに注意するとともに、夜には積雪や路面の凍結による交通への影響にも注意を呼びかけています。