2008年04月23日

ホリスティックコーチング

同居人がコーチングのセッションを
一般向けにはじめました。

やたら、
「ア・コース・イン・ミラクルズ」
の話が出てきますが、
人の内面の成長について書かれた
すんごい分厚い本で、
そこら中の内的成長を扱った本に引用されまくっています。

和訳がないので、
根性で英文を読むしかないという
試練の本です。

ちょっと借りてみましたが、
さっぱりだめでした。
(文章自体がすんごい難しい。。)

そして、すんごい分厚い本に、
すんごい壮大なワーク(365日かけてやる365個のワーク)
がついています。
いずれは、そんなワークもやるらしい。
(現在、研究中)

まぁ、まずはコーチングです☆
ご興味ある方は、ご一報してあげてください。
詳細&連絡先は下記にあります。

あっ、人格は保障します○(笑)

よろしくお願いしまーす。

--------------------------------------------------------

コーチ・カウンセラーとして、
クライアントの方がご自分の中にある答えをみつけ、
その答えに沿って行動をしていく
お手伝いをさせていただきます。

そして、日常生活を楽しみながら、
ご自分の輝きに気づき、広げていかれるよう
ホリスティック(全体的)なアプローチで
サポートさせていただきます。

ご一緒に、やすらぎと愛に満ちた人生、世界を築いていきませんか?

☆セッションの特徴:
私のセッションの特徴は、「ア・コース・イン・ミラクルズ(A Course in Miracles)」の理論を
用いて行うことです。

10代の頃から、「ア・コース・イン・ミラクルズ」とご縁があり、修士論文も
「ア・コース・イン・ミラクルズ」に関しての研究でした。

「ア・コース・イン・ミラクルズ」では、
問題(現象)の原因を、外の世界ではなく、
自分の内面にあると考えます。

問題を解決したり、
外の現象を変化させるためには、
まず内面を変化させること、
そして同時に行動もしていくことが大切です。

また、自分に今必要なものは、
全て与えられていて、自分の中にあると考えます。

●プログラム: コーチング又はカウンセリング

●期間: 基本的には3ヶ月〜

●費用: 1回 3000円(45分間のセッション) 
      (経験が浅いため、お値段を一般的な価格よりかなりお安く設定しております。
       お値段が安くても、最大限私のパワーを送らせていただきます!)

●方法: 主にパソコンを使ったスカイプ、または電話を通信手段とします。
(首都圏では対面セッションも可能ですが、別途料金を頂戴します。)

●詳細: 月に2回又は4回程度、約45分間のセッションを行います。

頻度や、どのように進めるかなどは、
最初のサンプルセッションでお話して
決めていきます。

●連絡先: ☆momo_interbeing☆yahoo.co.jp☆
        (☆を取って、真ん中の☆を@に変更してください)

●主に勉強したところ: 立命館大学大学院 応用人間科学研究科対人援助学領域修了。
(カウンセリング・コーチング・ファシリテーションなどを勉強。)

●趣味: アロマテラピー、マクロビオティックっぽい料理

ご縁を感じられた方、ご連絡お待ちしております♪

--------------------------------------------------------

いじょー。
どーぞよろしく☆


yuya_0312 at 21:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年10月22日

内発的動機づけについて

前回に続き、
テーマは「内発的動機づけ」。

前回の内容が参考です。
「内発的動機づけと達成動機-選択理論を学んでいる方へ-」
http://blog.livedoor.jp/yuya_0312/archives/51129681.html

せっかくなので、いくつか書籍を紹介します。

内発的動機づけについて学ぶには、
「人を伸ばす力」以外にも下の2つは分かりやすくてお勧めです。

「学習意欲の心理学―自ら学ぶ子どもを育てる」(桜井 茂男)


「自己形成の心理―自律的動機づけ」(速水 敏彦)


学問的な流れは、この二冊。
「達成動機の理論と展開―続・達成動機の心理学」


「動機づけ研究の最前線 」


上は在庫切れですね…。
下の本は、学生時代に読んだのですが、
だいぶ頭がすっきりしました。

著者はたしか目標理論が専門なので、
デシの内発的動機づけは専門ではないですが、
流れがざっくり分かるのがステキです。

流れはとても大事です。

そして、本当のおすすめは
「内発的動機づけ―実験社会心理学的アプローチ」
これです。
5年間探し続けて未だにめぐり合えません。

アマゾンで10000円で売ってた時に躊躇したのが失敗でした。
本を買うお金ぐらい自由になりたいです(泣)。

がんばって稼ごう!

大きな大学の図書館に行くとあるはずなので、
ぜひ一度手にとってみてください。

(売ってたら教えてください!! )

デシがそうした結論に至った思考の過程が手繰れます。

学問は
結論に至った過程を知ることが
大事だというのが持論です。

結論を取り上げることは簡単です。
が。それだけだととんでもない方向に行く可能性があります。

「有能感」「自己決定」「関係性」が3大要素ですが、
「関係性」は最後に加えられたテーマです。

そして、他の二つとは少し違った働きをします。

誉めるということの話も、
単に誉めることが悪とか善とかいう話ではなく、
誉めることの持つ意味を分解するという視点を
デシは考えています。

評価なのか、結果を伝えるフィードバックなのか
誉めた人と誉められた人の関係はどうなのか、
誉めた人の意図はどこにあるのか、
誉められた人はどう受け取ったのか。

単純の奥がとても味わい深いところです。

最近になって、ようやく分かってきました。
もちょっと早く気づいてたら、
ちゃんと勉強したのになぁ。

遅〜い!

でも、まだまだこれからです。
日々精進。

yuya_0312 at 18:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

内発的動機づけと達成動機-選択理論を学んでいる方へ-

今日は「内発的動機づけ」と「達成動機」について。

少し難しくて、
あまりおもしろく無い話ですが、
書きたい気分です。

心理学の理論の中に内発的動機づけという
考え方があります。
提唱したのは、エドワード・L・デシとリチャード・M・ライアン
です。

内発的動機とは、
それ自体が楽しみであり喜びとなるような行動の源泉です。
つまり、やりたくてやってる状態が
内発的に動機づけられた状態です。

デシの内発的動機づけには
簡単に言うと3つの考え方があります。

1、内側から沸き起こるようなやる気はどのような仕組みで起こるのか
2、外側から与えられる報酬は内発的動機にどのような影響を与えるか
3、他人軸で始まった行動が自分軸に移って行く過程はどのようなものか

1は、一番有名で、
「自己決定」と「有能感」「関係性」が重要だと
言われています。
その中でも、関係性は特殊な位置にあって、
自己決定と有能感を後押しするようなポジションにあります。
3つは同次元じゃないのがポイントです。

これは、2にからみます。

2は、外側から与えられる報酬は、
基本的に内発的動機を低くしちゃうということです。
(アンダーマイニング効果)

バイオリンが好きな少女が
始めは、楽しみだけで練習していたのに、
あるとき誉められることで、いつの間にか
誉められることが目的になっていく
そんな話です。

じゃあどうすればいいのか。
そこで出てくるのが関係性の話です。
良好な人間関係からの誉め言葉は、
純粋に喜びに変わります。
喜びは内発的動機につながるので、
内発的動機を低めません。

最後は、
内発-外発という考え方とは別の、
他律-自律という考え方です。
他律-自律は、外発の中に入るのですが(自律≠内発)
他人軸で始まった行動が徐々に自分軸になるという考え方です。
価値観の獲得のようなものともいえます。

ここまでが、
内発的動機づけの概要ですが(ながっ…)
内発的動機づけは外からの働きかけにとても有効な考え方を
示してくれます。

学習を促したり、行動を促すために
どういう働きかけをすればいいのか
を教えてくれる。
それが、内発的動機づけの素晴らしいところです。


それに対して、
達成動機の中でも特に原因帰属理論と呼ばれるものは、
個人の中のメカニズムを示してくれます。

原因帰属とは、ハイダーという人がまとめた考え方で、
簡単に言うと、
人はどのようにして物事の結果を何のせいにするか
についての枠組みです。

この考え方を、動機づけとくっつけたのが
ワイナーという人で、
物事がうまくいったとき、失敗したときに
それぞれ人はどういう風に理由を考えるかを
説明しています。

ワイナーの始めの理論は、
2×2の4つのカテゴリーに分けられました。
(その後、もう一つ軸が増えて8つのカテゴリーになってます)

4つとは、
自分の努力(不足or成果)
自分の能力(不足or充足)
課題を作った人が(難しくしすぎor簡単にしてくれた)
運(悪かったor良かった)

の4つです。

そして、成功したときにどこに原因を求めると
次の行動が起こるか、
また、失敗したときはどこに原因を求めると
次の行動に繋がるか、
を解説してくれます。

そこで、選択理論を学んでる方へ。

こんなことを考えてみました。
どうでしょう。

選択理論では、
内的コントロールという考え方がありますが、
自分の内と他人に対してという2つの対象に対して
同じ内的コントロールの考え方で考えてます。

そこで、ここまで見てきた2つの理論を
検討してみると、
他人に対する働きかけは、内発的動機づけ
自分に対する働きかけは、達成動機の原因帰属理論
という枠組みでで考えられるんじゃないでしょうか。

デシもワイナーも実証的な研究をベースにしているので、
とても広がりがあり、応用性が高いです。
選択理論はどちらかというと臨床畑出身なので、
(行動理論へのアンチテーゼという側面もありますが)
実証畑からの考え方と混ぜるとおもしろいかもー。

と、
そんなことを考えてみました。

なげぇ。しゅーりょー。





なんで、動機づけの本ってみんな絶版なんだろう…。
内発的動機づけももっといい本があるんですけど、
絶版、品切れです…。

選択理論も念のために。



yuya_0312 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月23日

自分から変わるということ

こんばんは☆ゆーやです♪

『幸せと成長の心理学−生き方の心理学講座− 』

にお越しいただきありがとうございます。

初めての方は、こちらからどうぞ
↓  ↓
目次ボタン

今日の心理学講座から読まれても大丈夫ですけど、
まずはこれまでの心理学講座から読んでいただいた方が、
7倍幸せに成長できます☆(なんで、7倍なんだ(笑))

まずはブログを
お気に入りボタンに追加してくださね(3秒で終わります☆)

さて、前回は「幸運」の話でした。
→『幸運を選択する

今日は「相手のせいにする」ことについて。

相手のせいにする。

いろんなところで、ちょっとしたことで
相手のせいにしちゃいますよね。

批判
文句


これに対して、
「まず自分が変わる」という考え方があります。

「いいですねー☆そういう考え方。
やっぱり自分からかわらないきゃ!」

なんていう単純な話ではありません(笑)。

“自分が変わる”というのは簡単なようで
めちゃくちゃ難しいんです。
今日は、そういう話です☆^^

例えば、人に何かを説明した、
という場面を思い浮かべてみてください。

どんな感じでしょう?

「こうこうこうで、こう。いい?」
 「ん?○○ってこと?」
「だーかーらー」

こんな感じの会話って多く無いですか?

実は、この会話の中に
「自分が変わる」の落とし穴があるんです。

なんでしょう?

コトバには全て意図があります。
同じ言葉でも状況によって意味が全く違うように
コトバの意味は、文字よりもむしろその裏にあります。

「だーかーらー」

というコトバ。

このコトバの後ろには何があると思いますか。

では、
「だーかーらー」の後ろの声を聞いてみましょう。

「だーかーらー(なんで分からないの!)」

そう!
「なんで分からないの!」
これが問題なんです。

「なんで分からないの!」は
誰に向けられたどんなコトバなんでしょう?

「なんで分からないの!」
=(あなたは)なんで私の言ったことが分からないの!

つまり、わからないことを「相手のせいにしている」んですね。

これをはじめの話に戻してみます。

“自分から変わる”

いいことです。
間違いないです☆^^

でも、この”自分から変わる”という考え方を
相手に伝えようとして、分かってもらえなかったとき、
「だーかーらー」が出てくることがあります。

相手に伝わらないのは相手のせいでしょうか?

本当の意味で“自分から変わる”ことが出来れば
きっと幸せに一歩近づくはずです♪

今日はここまで。
ではまた次回。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました☆

人気ブログランキングに参加しています
今、何位だと思いますか?
気になる方は、人気ブログランキング

yuya_0312 at 00:02|PermalinkComments(3)TrackBack(1)clip!

2007年01月21日

幸運を選択する

初めての方は、こちらからどうぞ
↓  ↓
目次ボタン

今日の心理学講座から読まれても大丈夫ですけど、
まずはこれまでの心理学講座から読んでいただいた方が、
7倍幸せに成長できます☆(なんで、7倍なんだ(笑))

よかったらこのブログを
お気に入りボタンに追加してください(3秒で終わります☆)

すでにこの心理学講座を読んだ方は、こちらをどうぞ
更新が遅くて申し訳ありませんm(_ _)m


さて、前回は「振り返り」の話でした。
→『人生を前進させる-目的-

今日は一冊の本を紹介します。
『Good Luck』
→本の詳細はこちら←

とてもよく売れた本なので、
ご存知の方も多いと思います。

最近、新しく続編が出てますね^^

遅ればせながら、紹介されて(というか、勝手に家に置いていかれた)
読んでみました♪

素敵ですね☆

3つ、特に心に残ったフレーズがありました。

 ・誰もが幸運を手にしたがるが、自ら追い求めるのはほんの一握り
 ・欲するばかりでは幸運は手に入らない
 ・幸運を作るというのは、チャンスに備えて下ごしらえをしておくこと。
チャンスはいつもそこにある。

僕は、「選択」という考え方が好きなので、
「選択」という枠組みで見ると

 ・幸運は、下ごしらえをするという行動によって
手に入れることを選択することが出来る。

と言えるかもしれません☆

幸運は、「直接」選択することが出来ませんが、
行動を選択することで、
結果として「幸運を選択することはできます」。

物語自体もとっても素敵な本なので、
よかったら手にとってみてください。
アマゾンの古本で1円です(笑)。

ではまた次回。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました☆

人気ブログランキングに参加しています
今、何位だと思いますか?
気になる方は、人気ブログランキング

yuya_0312 at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月15日

人生を前進させる-目的-

初めての方は、こちらからどうぞ
↓  ↓
目次ボタン

今日の心理学講座から読まれても大丈夫ですけど、
まずはこれまでの心理学講座から読んでいただいた方が、
7倍幸せに成長できます☆(なんで、7倍なんだ(笑))

よかったらこのブログを
お気に入りボタンに追加してください(3秒で終わります☆)

すでにこの心理学講座を読んだ方は、こちらをどうぞ
更新が遅くて申し訳ありませんm(_ _)m

師走とはよく言ったもので、
怒涛の月です。
弟子だって走ります。。

さて、前回は「目的と目標」の話でした。
→『人生を前進させる-目的と目標-

というわけで目的です☆

目的を作るには…

大切なのは「振り返り」です○

過去の自分を振り返って自己分析、なんて
そういう意味じゃありません^^

そうじゃなくて、
日々の出来事の意味をしっかり振り返る。
そういう意味での「振り返り」です。

今日やったことは何だろう。
その意味は何だろう。

そうやって、意味を振り返ることで
日々の出来事にに目的を持ってあたることが出来ます。

「振り返り」

大切なんですけど、
あまり重視されることがないように思います。

前を向いて目標を立てることももちろん大事です。

でも、振り返ることで、
舵を取ることもとても大切です。

どちらか一方ではなく
どちらも兼ね備えて、人生を進んでいければ
きっとハッピー♪

方向がしっかり定まるまでは、
舵取りも目的地に向かうための重要な取り組みです^^

ではまた次回。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました☆

人気ブログランキングに参加しています
今、何位だと思いますか?
気になる方は、人気ブログランキング

yuya_0312 at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月21日

人生を前進させる-目的と目標-

初めての方は、こちらからどうぞ
↓  ↓
目次ボタン

今日の心理学講座から読まれても大丈夫ですけど、
まずはこれまでの心理学講座から読んでいただいた方が、
7倍幸せに成長できます☆(なんで、7倍なんだ(笑))

よかったらこのブログを
お気に入りボタンに追加してください(3秒で終わります☆)

すでにこの心理学講座を読んだ方は、こちらをどうぞ
更新が遅くて申し訳ありませんm(_ _)m

さて、前回は「目標」の話でした。
→『人生を前進させる-目標-

目標。

目標ってどうやって立てますか?

「まず、目標を立てる」

当たり前って?(笑)
いやいや違うんです。

目標を立てるときに
まず最初にすることは

「目的を考える」

なんです。

私も、つい最近まで「今日の目標」を立てよう
とか
「今年の目標」
とか
「10年後の目標」
とか

色んな目標を立ててました。



最近気づいたのは、
目的がないと目標がばらばらになる。ということです☆

目的とは、
「何のためにするのか」
です。

つまり、目的とは「意味」ですね^^
そして、目標は「行動」です○

行動に意味がないと、
どこに向かうのか分からない、
ナビの壊れた車になってしまいます。

この状態は、どんなにいいエンジン(目標)があっても
すごい勢いでよく分からない方向に行ってしまう
危険性がありますね。

そこで、まずはナビ(目的)が必要になってくるのです。

では、目的はどうやって考えるのか。
それについてはまた次回。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました☆

人気ブログランキングに参加しています
今、何位だと思いますか?
気になる方は、人気ブログランキング

yuya_0312 at 00:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年10月31日

人生を前進させる-目標-

初めての方は、こちらからどうぞ
↓  ↓
目次ボタン

今日の心理学講座から読まれても大丈夫ですけど、
まずはこれまでの心理学講座から読んでいただいた方が、
7倍幸せに成長できます☆

よかったらこのブログを
お気に入りボタンに追加してください(3秒で終わります☆)

すでにこの心理学講座を読んだ方は、こちらをどうぞ
更新が遅くて申し訳ありませんm(_ _)m

さて、前回は「想像」の話でした。
→『人生を前進させる-想像の力-

前回の最後は、
「では、人生の前進における「想像」とは?」
という話でした。

というかその前に…

「もう分かった、という方は
一回飛ばして明後日にまた来てください☆」

と言っておきながら、
更新が1日休みでしたorz。

申し訳ありません。

よろしければ、
今日はこちらでもっと有益なブログをお探しくださいm(_ _)m。
おすすめは、ヨーコさんの「潜在意識を使ってHAPPY-LIFE!」です。

では、気を取り直して。

想像です。

創造が行動なのは前々回でお話しました。
では、想像は?

想像は、考えること・思い浮かべることです。
では、人生において考えることとはなんでしょう。

そう

それは、目標です。

それも目の前の目標というよりも
少し長期的な視野での目標になってきます。

創造なしに前進することはありませんが、
想像が無くても前進は起こりません。

今日は出かけよう!と思っても
行き先が思い浮かばなければ帰ってきますよね。
このことは、
進む先がないと前には進まないことを物語っています。

よく、夢手帳のようなものに
目標を書き込む場所がありますが、
これは前進のために目標が必要だからです。

そうは言っても、
目標を立てようにもどうしていいか分からない。
ということもあります。
というか、それは別に特別なことじゃありません。

周りにいる人に「あなたの目標は?」
と聞いてみてください。
きっとそんなにきちんとした答えがかえってくることは稀だと思います。

ではどうすればいいのか。

続きは次回。

目標を立てたくなったら
また覗いてみてください☆

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました☆

人気ブログランキングに参加しています
今、何位だと思いますか?
気になる方は、人気ブログランキング

人生を前進させる-目標-

初めての方は、こちらからどうぞ
↓  ↓
目次ボタン

今日の心理学講座から読まれても大丈夫ですけど、
まずはこれまでの心理学講座から読んでいただいた方が、
7倍幸せに成長できます☆

よかったらこのブログを
お気に入りボタンに追加してください(3秒で終わります☆)

すでにこの心理学講座を読んだ方は、こちらをどうぞ
更新が遅くて申し訳ありませんm(_ _)m

さて、前回は「想像」の話でした。
→『人生を前進させる-想像の力-

前回の最後は、
「では、人生の前進における「想像」とは?」
という話でした。

というかその前に…

「もう分かった、という方は
一回飛ばして明後日にまた来てください☆」

と言っておきながら、
更新が1日休みでしたorz。

申し訳ありません。

よろしければ、
今日はこちらでもっと有益なブログをお探しくださいm(_ _)m。
おすすめは、ヨーコさんの「潜在意識を使ってHAPPY-LIFE!」です。

では、気を取り直して。

想像です。

創造が行動なのは前々回でお話しました。
では、想像は?

想像は、考えること・思い浮かべることです。
では、人生において考えることとはなんでしょう。

そう

それは、目標です。

それも目の前の目標というよりも
少し長期的な視野での目標になってきます。

創造なしに前進することはありませんが、
想像が無くても前進は起こりません。

今日は出かけよう!と思っても
行き先が思い浮かばなければ帰ってきますよね。
このことは、
進む先がないと前には進まないことを物語っています。

よく、夢手帳のようなものに
目標を書き込む場所がありますが、
これは前進のために目標が必要だからです。

そうは言っても、
目標を立てようにもどうしていいか分からない。
ということもあります。
というか、それは別に特別なことじゃありません。

周りにいる人に「あなたの目標は?」
と聞いてみてください。
きっとそんなにきちんとした答えがかえってくることは稀だと思います。

ではどうすればいいのか。

続きは次回。

目標を立てたくなったら
また覗いてみてください☆

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました☆

人気ブログランキングに参加しています
今、何位だと思いますか?
気になる方は、人気ブログランキング

2006年10月30日

人生を前進させる-想像の力-5

初めての方は、こちらからどうぞ
↓  ↓
目次ボタン

今日の記事から読まれても大丈夫ですけど、
まずはこれまでの記事から読んでいただいた方が、
7倍幸せに成長できます☆

よかったらこのブログを
お気に入りボタンに追加してください(3秒で終わります☆)

ハッピー就活☆自己分析のやり方−就職活動生のための心理学講座−
(そろそろ分離しようかな…)

すでにこの記事を読んだ方は、こちらをどうぞ
更新が遅くて申し訳ありませんm(_ _)m

さて、前回は「5%のちがい」の話でした。
→『人生を前進させる-5%のちがい-

前回の最後に、
「次回は「じゃー、想像はだめなの?」という人に
「いやいや、想像もとっても大事なんです」というお話です♪」
という話をしました。

覚えてますか?

というわけで、想像の話です。

創造が前進を生むなら、
想像より創造の方がいいんじゃないの?
と思われる方。

その通りです。
「やってみる」がないと結局何もかわりません。



想像が無いと、
これもまた前進を弱めるのです。

打ち間違いじゃないですよ(笑)

では、想像の何が前進につながるのか。

たとえばあなたが何かを始めるときに、
いきなり動き出せますか?

夕食の食材を買いに行く、として
スーパーに向かう前に何かしませんか。

そう、
今日は何を作るか
それを作るとしたらどこに買いに行けばいいのか
駅前のスーパーなのか
スーパーにはない食材だから百貨店の食料品売り場に行かなければならないのか
もっと言えば、今日は家で作るのか外で食べるのか

まずはそんなことを考えるはずです。

当たり前だ!
バカにしてるのか!って?

いえいえ、当たり前です。

それくらい想像も前進に大切なのものなのです。
でも、当たり前すぎて逆に見えにくくなってたりもします。

では、人生の前進における「想像」とは?
続きは次回。

もう分かった、という方は
一回飛ばして明後日にまた来てください☆

では、また次回☆…ranking

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます☆

人気ブログランキングに参加しています
今、何位だと思いますか?
気になる方は、人気ブログランキング