うつな私の散歩日記

毎日の状況記録といいましょうか 鬱病もちの 再就職探し日記を

最後に書いたのは、昨年末でした。
その後何も、リアクションできず、申し訳ございません

これまでについてでございます

昨年末12月も終わりに近づきあと数日のところから、
住み込みバイトで、産業廃棄物、主に飲食店から回収した生ごみや、不燃物などを
処理する工場で2か月働いておりました。周りを見ると、みんな生活にひっ迫している人ばかり
住民票がない、家族と最後の連絡が30年以上前等、すごい現場でした。
ただ手取りはよく、日給2万2千円 3食付いて 寮費もかかりません。
ただ、テレビは大部屋に一台、電波は悪く携帯が入りません。もちろんパソコンなど持っていたら
盗まれてしまいます。住み込み中は、着替えのみでした。給料は、日払い毎日銀行にすぐ入れていました。
平気で人のもの盗んでそのままいなくなるとか、日常茶飯事。そんな中、2か月もいたもので、
工場では、一番の古株になっていました。毎日、新しい人が入ってきます。1日でやめる人もいれば、
年齢の高い人は、入っても仕事覚えられず、更には肉体労働、普通ならやめるところですが、
そう言う人ほど何もしない状態でも残ろうとするので、動ける人間が疲弊していきます。
さすがに、自分も2か月が限界でした。それでも一時的に収入が安定したのは助かりました。少しばかりではありますが、日給が良かったので、家族の生活費と、子供の学費が何とか払えました。

2月の下旬に家に帰って気ました。身体の臭いが大変になっていました。自分も最初は臭いと思っていましたが、2か月も住み込むとそれが当たり前になってしまっており、帰りの会社のバスの中や、家に入った瞬間等、自分の臭いで気持ち悪くなりました。結局臭いが取れるまで1週間はかかりました。
2か月ぶりに、古いスマホの電源を入れました、家でパソコンにも電源入れました、どちらもすぐには立ち上がらず、パソコンに至っては、1時間近くかかってやっと動き始め通常に戻るまで、何度も、更新を行い、一日係でした。

この時期からはっきりと、世間でウイルス問題が表面化し始めて、急激に仕事の情報が減り始めました。接客業や、営業職のようなものは、もちろんできません。

いまだに、うつ病と付き合っています。ずっと人気のない向上にこもっていたので、外に出ることが完全に怖くなっていました。2か月間異常な世界にいたことが、自分自身にも大きくダメージを与えていたようです。病院でも、先生から少し物事をとらえることができなくなっているといわれ、すっかり体を崩してしましました。

約1か月たった3月下旬から、漬物工場の夜勤を始めました。人と話す機会の少ない業務なので助かります。しかし現在の状況、生産量も減っているようで、週3ッ日程度のシフトになっています。追加で運送会社の夜勤で、大型荷物の主分けをしております。

現在こんな感じで働きながら暮らしております。今日も夜勤明けです。

女房の仕事がしっかり正社員になり仕事ができるようになったので、生活が少し安定してきました。
もちろん、お金が足りているわけではないのですが、少なくとも、子供たちも学校が休みでも、3食食べられるようになっております。上の子はもう働いて、家にお金を入れてくれております。下の子は、高校生でバイト頑張ってます。何とか大学に行かせたいです。今年お金をためられればと思い、少し無理をしてきつい仕事を行いましたが、逆に、体壊し現在ぼろぼろです。これでは、貯金など夢のまた夢。隙間風の入る築46年のアパート、生活に問題なのですが、、建て替えの話が出てきました。もし建て替えなら、家賃も上がります。また負担が上がります。
身体を少しでも、戻して何とか正社員になれるようにしたいと考えております。
かなりハードル高いですが何かしらできるのではないか頑張らないと。

この半年、全く更新をせず 誠に申し訳ございませんでした。
精神的に全くやる気がなくなっております。精神力を戻さないと外に出れるようにならないと。

多くの皆様にコメントを頂きながらお答えできていませんでしたことお詫び申し上げます

毎日、夜勤で最小限の人だけと接して、世間とできる限り接点を持たないようにしている自分が、情けないです。

世間は、ウイルス問題で、お店をやめてしまったり、今後再開ができないお店が多いようですが、バイトを探す人が増えるのでしょうか。大学生がバイトできないため、引っ越し屋さんや、宅配便の種分けなどに流れてきていて、あふれている状態で、シフトに入れないと言っていました。それでも夜勤をする大学生はいないのですね。

自分にできることは何があるのでしょうか、今は1日を生きることだけが目標になっています。
その先を見た目標が欲しいです。頭も悪いし、何も資格もないし、ハローワークの職業訓練を今年受けたかったのですが、ウイルス問題でやっていないので、困っています。何か資格でも取って正社員になりたかったです。

ながくなってしまいました

続きは、近日中に書きます。

では。

前回 期間工の仕事から帰ってきて
運よく、次の仕事にすぐ着くことができました

電機メーカーの期間工でした。

洗濯機のモーター部分の製造をやっておりました

そのため、体一つで 約一か月半 単身赴任

このたびは、連続で期間工につくことができました。

食事は、すべて会社の食堂で済ますので、給与からの天引き

一食 150円 ご飯お替りOK

大変に助かります。地方での仕事なので

その地方ならではのおかずがかなり出ます。

ちょっとだけですがうれしい内容です。

今回は、年明けまでの予定の仕事でしたが、

やっぱり増税は、景気悪化を招いているのか、

販売予定数が大幅に下回り、今回製造ストップになりました。

そんな時まず着られるのが、派遣、アルバイト、パート

私もそうですが、学生さんや、主婦の方も一斉に今回は解雇です。

社員さんも、週休3日 ボーナスカット厳しいですね

年末に向けて仕事がありません。 

とりあえず、日雇いでも何でもと思い

今日必死に応募をしておりました

子供にパソコンを買ってやりたいのですが、

お金がありません。

携帯電話も旧型

子供だけでも新しいものを買ってやりたいのですが

まともに仕事ができないので  

情けないです。

鬱になって、10年が過ぎました。もっとかなぁ

いまだに、コミュニケーションは全く取れません。

仕事の登録会に行く際など、いつも会場でトイレにこもり

上から下から大騒ぎです。

今年も、年末は、日雇いバイトの生活になりそうです。

警備の仕事とかって、やっぱりコミュニケーションがないと難しいでしょうか

自分にできそうな仕事

アドバイスいただけると助かります

それではまた

ご無沙汰しております

5月以来の投稿です

6月の初めから
先週まで、自動車部品の期間工として働いておりました

月の収入も、比較的よく
食事も、1食あたり150円で会社の食堂で食べられます。しかもご飯お替り自由
光熱費は、20000円と決まっており、エアコンつけ放題
3交代の仕事ですから、夜勤明けなど夏場はとんでもなく熱い状態ですが
部屋の中は快適です。
その他、生活に飛鳥な消耗品はすべて自分持ちですが、
かなり節約できました。
約4か月半 家族と離れて、一人暮らしでした。

仕事中はもちろん、休みの日も、誰とも話さず
すっと、一人きりの生活です。

かなり精神的にはきつい状態でした。
一人ぼっちの状態で、家族と話もできずに、誰にも頼れない
唯一、一か月に一回だけ、病院にいく為、帰宅するのですが、
シフトが合わないと、家には誰もおらず会えないこともあり、
さみしい4か月半でした。

やっぱり、家族がいないと精神的に不安定が続き決して状態は良くならないですね

病院でも、無理をしすぎているといわれました。薬も増えましたし

といっても、一時的に収入が安定したことは助かりました。
期間満了なので、一時金も出ましたので、子供の学費を準備できたのはうれしかったです。

しかし、この後の仕事がありません。
当初、派遣会社も、今回の仕事が終わったら、新しい期間工の紹介をするといっていたのですが、
自動車業界の減産のため、話がなくなりました。

また失業です。 期間工で寮に一人暮らししているときは
パソコンがないため、新しい仕事の準備ができなくて、改めて探し直しです。

今は、自宅なので、少しだけ気持ちが楽ですが、やっぱりお金のことを考えると心配です。

しばらく 頑張って毎日日記書いていくようにいたします

ではまた

仕事無くなりGW 真っ最中です

やっとこ、単発で、便利屋さんの求人に引っかかって
今日からバイトに行きます。

ペットの餌やり、ペットの散歩

臨時保育所の清掃員、病院の清掃員

介護施設の送迎代行

タピオカとパンケーキの行列並び

色んなのがあります

緊急の
求人なので、時給はかなり高いです

キチンと仕事してGW明けも
仕事もらえる様にしたいです

ペット関連の仕事が異常に多く
爬虫類の世話がやたらとシフトにありました

今日は23時迄仕事が入りました

6日までパンパンになりそうなので、

期待してます

接客業とか
営業マンなど出来れば再就職の道もあったかも知れないけど

病気になって一人仕事しか出来ないので
この様な仕事はありがたいです

今は目先のお金しか見えません

金さえあれば、ゆっくり療養出来るのに



仕事が無くなりました
突然の解雇です

派遣切り

金曜日で終了

夜勤で、時給も良かったので

ショックでした

理由は、仕事量の減少と
新入社員が入った為です

世の中、人手不足は間違いなく
求人も比較的以前に比べて増えている様な気がします

しかし、大半が
運送関係、販売関係が中心で

あとは、建築関係で、経験のある人だけが

多いように感じてます

どうしても、人の沢山いる職場では、対応出来ないので
夜勤などで
工場作業の様なものでないと!


困りました

いきなりだったので、ショック大きくて
流石に寝込みました
金曜日は帰りの電車の中で人の目が怖くて
ずっとおびえて
それから何も出来なくなって
一日中泣いてやっと今日になり
何かしないとと思い
派遣会社サイトに載っている
出来そうな仕事探しから始めてます
場所の事や、病気にあった仕事となると
かなり幅が狭くなるので
中々見つかりません。
面接もあると、それだけでも
耐えられないので

早く見つけないと
お金が無くなり
借金が返せなくなります

上の子が入れてくれている
お金を頼りにするわけにもいかないので

ダメな人間です
どうしたらいいか
涙が止まりません

お久しぶりです

近況です
子供の進学があり、年末から金策に走っておりました
といっても、頼れる人もおらず
何とか、地元の銀行で、借金ができました
制服、鞄、教科書類、とにかくお金がかかります。
いろいろな積立金。細かな出費
厳しい状態です。


仕事は、日中は、ジュース補充の横のりをして
夜間は、食品工場で、ラインに入っています

夜働くと、どうしても、日中がきついので、
比較的作業量の少ない駐禁対策の横のりで
帰ってから2~3時間休んで、夜勤に
夜勤が終わったらそのまま、また横のり

不動産の営業職とか、金融業とか
頭を使う仕事、人と接しての仕事などは
とてもできません。

通勤も、ほとんど人と会わずに済む、深夜早朝
精神的に続けられる、仕事ととなると
通勤なども大事な条件です。


生活保護を申請しようと、役所に相談しました
身上調査をっしてくれました。
親戚に、援助ができるか、実際に、親族関係はあるかなど
実際に、調べてもらいました。

結局のところ、
今時点で、かみさんが働けること、自身も、何とか働いている事
さらには、遠い親戚に、それなりのお金持ちがいることがわかり

生活保護要件までひどい状態ではないと、判断され
ダメでした。
しかし、収入が低い分、市民税の免除、年金免除など
いくつか、行えることもあったので少しでもプラスになることは
行っていこうと、日々頑張っております。

一日中働いているので、熱い寒いは、あまり関係なく、
この冬は、雨も少なかったので、外仕事も比較的楽ですし、
夜勤は、空調ばっちりなので、助かります。
あと、夜食が無料は何よりも助かります。
食品工場のため、持ち帰ったりは、さすがにできないので
家族の分までは無理ですが、かなり大きな負担減です。

今日は、昼間の派遣先の会社が休みのため(車の一斉点検とか)
久しぶりに休みです。
基本、昼か、夜か、どちらかは必ず仕事があるので
夜までの休憩です。

うつ病から抜け出せて、普通の仕事が、普通の生活ができる人って
いるのでしょうか。
昔は、直して、必ず若いころのように、バリバリの営業マンに戻るぞ と
思っていました。
(これでも、20代から30代は、結構稼いでいたのですよ、今では、その日暮すお金がありません)

自分よりもっと、苦しんでいる方も多くおられるとおもいます
自分はまだまだ ましなほうだと思い、頑張らないと。

週休2日、週末は家族でお出かけ、お買い物、お食事
夢は広がりますが、全く見たこともない情景です。

つらいですね。

ずっと夜勤の生活
世間から離れておりました


実は4カ月前に仕事が変わりました

人員整理になり職を失いました

それから、精神的にまいってしまい

寝たきりの生活になっています

近頃、短期記憶が薄れて

病院で相談しました

今までで一番の刺激があったようです

やっと1カ月前ぐらいか

前向きになり

今仕事探しを始めてます

上の子が   今年から社会人になって働いてくれてます

生活費まで入れてくれ

申し訳無いです

今、何も答えが出せません

苦しいです

ご無沙汰してます。


極貧生活は、相変わらず

年初めにパソコンが起動しなくなり

修理を考えましたが、

修理費が高い、パソコンが古い

諦めました


この度
派遣先の物流センターの社員の方が
パソコンを買い替えるので
古くて良ければ?

そう言って頂き
譲っていただきました。

古いと言っても、今迄の自分の物より
はるかに、新しい物です。

普通の生活している方は
まだまだ使える状態の物でも、
買い替えの時期なのですね。

一応、私も
iPhoneを使っております。
数年前に機種変更してから、何年たっているか?
電池の減りが早いです
子供達にも、新しい物に
変更してやりたいと思い
格安スマホを考えております
出費は対して変わらない様なので

今は、毎日21時から7時迄
週6の夜勤

人と殆ど会わず、作業も大半が
一人で行っているので
かなり良い環境です

通勤も誰にも会わず
その為か、
病状はやや安定してきました。

それでも、休みに買い物などに付き合うと
動悸、目眩、吐き気などが襲って来ます。
そこは、変わらずです。

とりあえず、収入は低いですが
生活しています。

ただ、来年はついに
子供の進学を考えなければなりません。
お金がかかります。

今は、収入が低い為、市民税など
免除になっております。

学費が払えるか、心配です

とりあえず、久しぶりの
ご報告になります

パソコンが戻ってきたので、
出来るだけ日記を書く様に
したいと思います

また!

ご無沙汰しております。

今年も
まともな定職に就けず、レギュラーの仕事が終了しました。

明日から
また、日雇いのバイト生活になります。

相変わらず、対人恐怖症と申しますか
酷い鬱と申しますか

まともな人間関係の構築が出来ません。

明日から仕事が無いのに
やる気は全く出ません。

布団の中で亀になりたいです。
なりそうです。

お金がないです。

学費が払えなく
免除の申請をしております。

市民税とか税金も払っていません。
免除の申請しております。

生活保護は全く働かない訳ではないのと
かみさんが、パートでの収入がある為
認めてもらえませんでした。
一応10万円だけですが
絶対に使わないで、
どうしようもなくなった為の定期預金が
あるのですが、子供たちの為にも今まだ使えません
これも、生活保護の壁になりました。

年越しできるかなぁ

まともに仕事して
普通の人と
同じぐらいのことしたいなぁ

この前仕事場の近くにあるスーパーで
おにぎり、55円で売っていました。
凄く助かり、毎日同じおにぎりで生活してました

仕事が無くなったので
買いに行けません

明日から更なる節約生活

この先
子供たちの進学など
真っ暗闇です。

子供たちだけでも、まともな生活をしてもらいたいです。

ある投稿を読み
すごいな!
そう感じたので

自分なんか
やっぱり、ダメ男だと
悲しくなりました



《 あずさからのメッセージ 》

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、
多数の子から殴ったり蹴られたりして、
亡くなるという痛ましい事件が起きました。
それを知った時、私は障がい児を持った親として、
また一人の教員として、
伝えていかなくてはならないことがあると強く感じました。

そして平成十四年に、
担任する小学五年生の学級で、
初めて行ったのが「あずさからのメッセージ」という授業です。

梓は私の第三子でダウン症児として生まれました。
梓が大きくなっていくまでの過程を、
子供たちへの質問も交えながら話していったところ、
ぜひ自分たちにも見せてほしいと、
保護者から授業参観の要望がありました。
以降、他の学級や学校などにもどんどん広まっていき、
現在までに福岡市内六十校以上で、
出前授業や講演会をする機会をいただきました。
梓が生まれたのは平成八年のことです。
私たち夫婦はもともと障がい児施設で、
ボランティアをしていたことから、
我が子がダウン症であるという現実も、
割に早く受け止めることができました。

迷ったのは上の二人の子たちに、
どう知らせるかということです。

私は梓と息子、娘と四人でお風呂に入りながら、
「梓はダウン症で、これから先もずっと自分の名前も書けないかもしれない」
と伝えました。
息子は黙って梓の顔を見つめていましたが、
しばらくしてこんなことを言いました。

「さあ、なんと言ったでしょう?」
という私の質問に、
子供たちは、
「僕が代わりに書いてあげる」
「私が教えてあげるから大丈夫」
と口々に答えます。

この問いかけによって、一人ひとりの持つ優しさが、
グッと引き出されるように感じます。

実際に息子が言ったのは次の言葉でした。

「こんなに可愛いっちゃもん。
いてくれるだけでいいやん。なんもできんでいい」

この言葉を紹介した瞬間、
子供たちの障がいに対する認識が、
少し変化するように思います。

自分が何かをしてあげなくちゃ、
と考えていたのが、
いやここにいてくれるだけでいいのだと、
価値観が揺さぶられるのでしょう。

さて次は上の娘の話です。
彼女が、
「将来はたくさんの子供が欲しい。
もしかすると私も障がいのある子を産むかもしれないね」
と言ってきたことがありました。
私は、「もしそうだとしたらどうする?」
と尋ねました。

ここで再び子供たちに質問です。
「さて娘はなんと答えたでしょう?」
「どうしよう……私に育てられるかなぁ。お母さん助けてね」
子供たちの不安はどれも深刻です。
しかし当の娘が言ったのは、
思いも掛けない言葉でした。

「そうだとしたら面白いね。
だっていろいろな子がいたほうが楽しいから」

子供たちは一瞬「えっ?」と、
息を呑むような表情を見せます。
そうか、障がい児って面白いんだ――。

いままでマイナスにばかり捉えていたものを、
プラスの存在として見られるようになるのです。
逆に私自身が子供たちから、
教わることもたくさんあります。
授業の中で、梓が成長していくことに伴う、
「親としての喜びと不安」には、
どんなものがあるかを挙げてもらうくだりがあります。

黒板を上下半分に分けて横線を引き、
上半分に喜びを、
下半分に不安に思われることを書き出していきます。

・中学生になれば勉強が分からなくなって困るのではないか。
・やんちゃな子たちからいじめられるのではないか……。

将来に対する不安が次々と挙げられる中、
こんなことを口にした子がいました。

「先生、真ん中の線はいらないんじゃない?」

理由を尋ねると、
「だって勉強が分からなくても周りの人に教えてもらい、
分かるようになればそれが喜びになる。
意地悪をされても、その人の優しい面に触れれば喜びに変わるから」

これまで二つの感情を分けて考えていたことは、
果たしてよかったのだろうかと、
自分自身の教育観を大きく揺さぶられた出来事でした。

子供たちのほうでも授業を通して、
それぞれに何かを感じてくれているようです。

「もし将来僕に障がいのある子が生まれたら、
きょうの授業を思い出してしっかり育てていきます」
と言った子。
「町で障がいのある人に出会ったら、
自分にできることはないか考えてみたい」
と言う子。

「私の妹は実は障がい児学級に通っています。
凄くわがままな妹で、喧嘩ばかりしていました。
でもきょう家に帰ったら一緒に遊ぼうと思います」
と打ち明けてくれた子。

その日の晩、ご家族の方から学校へ電話がありました。
「 “ お母さん、なんでこの子を産んだの?” と
私はいつも責められてばかりでした。でもきょう、
“ 梓ちゃんの授業を聞いて気持ちが変わったけん、
ちょっとは優しくできるかもしれんよ ” と、
あの子が言ってくれたんです……」

涙ながらに話してくださるお母さんの声を聞きながら、
私も思わず胸がいっぱいになりました。

授業の最後に、私は決まって次の自作の詩を朗読します。

「あなたの息子は
あなたの娘は、
あなたの子どもになりたくて生まれてきました。
生意気な僕を
しっかり叱ってくれるから
無視した私を
諭してくれるから
泣いている僕を
じっと待っていてくれるから
怒っている私の話を
最後まで聞いてくれるから
失敗したって
平気、平気と笑ってくれるから
そして一緒に泣いてくれるから
一緒に笑ってくれるから
おかあさん
ぼくのおかあさんになる準備をしてくれていたんだね
私のおかあさんになることがきまっていたんだね
だから、ぼくは、私は、
あなたの子どもになりたくて生まれてきました。」
上の娘から夫との馴初めを尋ねられ、
お互いに学生時代、障がい児施設でボランティアをしていたからと答えたところ、

「あぁ、お母さんはずっと梓のお母さんになる準備をしていたんだね」

と言ってくれたことがきっかけで生まれた詩でした。
昨年より私は特別支援学級の担任となりましたが、
梓を育ててくる中で得た多くの学びが、
いままさにここで生かされているように思います。

「お母さん、準備をしていたんだね」

という娘の言葉が、より深く私の心に響いてきます。

ー 是松いづみ(福岡市立百道浜小学校特別支援学級教諭)
『致知』2013年2月号「致知随想」より ー

↑このページのトップヘ


にほんブログ村