ブログネタ
仕事あれこれ に参加中!
年上の部下に困っている。
そんな幹部社員はいませんか?
私も勤め人の頃そんな経験がありました。

当方のお客さまの中にも今真っ最中という方が何人か居ます。
先日もミーティング後のザックバラン会で、そんな話が出たので、
当方の経験を話しました。

特に難しいテクニックが居るわけではありません。
担当職責と仕事の中身をしっかりと見ること、それだけです。
何をいつまでに、どのくらいやらないといけないか。
これが、年上の部下を見るために必要なことです。

職責は“やらないといけない”、
“何をいつまでに、どのくらい”が仕事の中身つまり実績です。
『できたのか、できなかったのか』、
いずれの場合も「それは何故か」を問う。
年上ですから、そこそこ仕事はできるはずです。
だから、あれこれこねて気を回す必要はありません。
しっかりと職責を果たすことの意味はわかっているでしょう。

年上の部下には、気は回さずに、気を配る。
気を配るとは、正論自ずからその言い方があるということです。
年上の方には丁寧に話しましょうね。