良い仕事の流れになっている。

追い風が自分に吹いている。

このペースを崩さず、少し用心深く、

周りの動きに目をやる。

 

ここまで慎重に業務が進められたら、

あなたの幹部としての第一歩は中々ではありませんか。

 

現実はいつも厳しい。

口で言うより体験済ですね。

信頼して、やらせたのだから、

少々の失敗で、頭に来るようでは、上司は務まりません。

 

やらせて、失敗するから部下も伸びる。

失敗しない部下なら、その資質よりも、

与えている仕事内容に問題があるのかもしれません。

 

常に、少し頑張らないとこなせない仕事。

量と質を考慮し、適切に与えること。

そして、等距離での監視(サポートとフォロー)

 

上手く行っていない時は、集中力は高まりますが、

上手く行っている時には、散漫になりがちです。

それが油断です。

ピンチとチャンスの関係性をいつも頭の中に。

 

さて、あなたの仕事のペース配分はいかがでしょう?