部下を育てる幹部社員には、

いつも同じことをアドバイスしています。

 

具体的な行動目標を立て、その行動のチェックをすること。

出来たか、出来なかったか。

その理由が一番の修正点であり、伸びしろであり、

力を入れる点でもあるからです。

 

“褒める”行為も、“叱る”行為も、

より具体的な行動の事実が一番大事な所。

 

これは、今までにも何度も話していますから、

初めての訪問者以外の人には、毎度の復唱ですね。

 

当然、何度聞いても“正しい行動”は、変わりませんから、

やれてれば部下は行動を変え、成果を少しずつ出すでしょうし、

まだなのは、幹部が感情論に終始している証拠です。

 

心に対する働きかけは必要ですが、

具体性に欠ければ、

どうすれば良いかがわからない部下には、

有効とは言えません。

 

何度も同じ事の繰り返しで、恐縮ですが、

出来るまでは、幹部も部下も同じように、

何度でもチャレンジすることです。

 

諦めたら、そこで“終わり”です。

このセリフは一体何度目でしょう?()