お客さまのところで、社長さん、幹部さんと会議。

業績評価と課題の進捗。

毎月1回の定例ですが、

各セクションでは、毎週月曜日の朝一、

週末の夕方に短い打合せは実施しています。

 

最初からそうしていたわけではなく、

1回の会議では、結果判断しか見れないからと、

幹部達が自身で判断し、

経過重視に力を入れる意味で、取り入れたのです。

 

結果達成は、経過充実の果実だと、

当方も言い続けました。

このブログで、何度も書いています。

 

取り組みは、そのスタート時では、

まだ正しいかどうかは判定できません。

しかし、その経過監視によって、

その先が見えて来るわけです。

 

どういう取り組みでも、経過重視ができていれば、

必ず光明は見えて来ます。

 

そのために、進んで始めた打合せ。

修正や共有、確認と再確認。

すべては、細かく見ることで、

達成力は向上します。

 

会社のため、自分たちのセクションのため、

そして、自身のためです。

この流れを大事に、定着させるために、

2回の打合せは欠かせないと今は全社員が話せます。

 

目的意識を高めよう!!